QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

馬関 

 孝明天皇の強い要望により、将軍徳川家茂は、1863年年5月10日をもっての攘夷実行を約束しました。

 幕府が攘夷決行を約束したその日、馬関海峡(今の関門海峡)で長州の庚申丸の砲口が火を噴きました。馬関海峡を通過する外国船への砲撃を実施したのです。幕命にしたがって攘夷を実行したというわけです。米英仏蘭船に砲撃をしかけました。長州藩の砲手の手練は列強を驚かせたそうです。高杉晋作が呼び出され、武士と民衆混成の奇兵隊が下関に結成されました。

 翌1864年8月、米英仏蘭の4か国は、報復として、軍艦17隻、砲288門、兵5014人の大連合艦隊で下関攻撃に向かいました。結果艦隊の炸裂弾は長州の砲台を沈黙させ、すべての大砲が破壊ないし接収されました。しかし、奇兵隊などがよく戦ったということは事実です。

 兵員、武器ともに圧倒的に勝る連合軍は、長州藩とほぼ同数の死傷者70余名を出しました。

 イギリスの書記官アーネスト・サトウは、『一外交官の見た明治維新』において、「長州人を破ってからは、われわれは長州人が好きになっていたのだ。また長州人を尊敬する念も起こってきていたが、大君の家臣たちは弱い上に、行為に表裏がある…(長州人と薩摩人は)引き続いて生じた擾乱と革命の幾年月の間、常に、われわれの最も親しい盟友であった」と記しています。

 長州藩は、これ以後列強に対する武力での攘夷を放棄し、海外から新しい知識や技術を積極的に導入し、軍備軍制を近代化してゆくことに積極的になります。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
 
スポンサーサイト

[edit]

短気で喧嘩っ早いくせに、平和を望みます
自分が死にたくないからでしょうし、
大切な人々を失いたくない身勝手さからでしょう

歳を重ね、宮沢賢治の雨ニモマケズを口にすることが増えました
北に喧嘩や訴訟があればくだらないからやめろといい…

日々、方向が変わった幕末期ですね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2014/05/02 05:52 * edit *

まさに、興味深いお話です。
アーネスト・サトウ著の「一外交官の見た明治維新」を
探してみますね。大学の図書館にあるでしょう。
応援PP

みどり #RQDaRuwI | URL | 2014/05/02 10:12 * edit *

小さな戦争での失敗経験が、その後の改革に生きる、ということはありますね。
交通事故でも、一度危ない目にあって無事で済むと、危険な運転は避けるようになります。
これって、結局は「運の強さ」が必要ってことでしょうか。
生きている、ということ自体、運の良さがずっと続いているから…、と言うような気もします。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/05/02 12:43 * edit *

こんにちは^^

イギリスの書記官アーネスト・サトウの
残した言葉は、興味深い物があります
最終的に、長州藩のとった行動は
正しかったのでしょうね

k-24 #LkZag.iM | URL | 2014/05/02 15:05 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
奇兵隊は確かによく戦ったと思います。
でもその後の歴史を振り返ると、軍事優先の明治政府の中心に長州藩出身者が就いたことからもわかるように、政治的には日本にとってマイナス要素の方が大きかったのではと思いますね(*^^)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/05/02 17:53 * edit *

攘夷から開国へ…

そう習いましたねぇ(*^_^*)
関門海峡を初めて訪れたとき
想像以上に対岸の門司が近いので
ビックリした記憶があります。

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/05/02 20:14 * edit *

「大君の家臣たちは弱い上に、行為に表裏がある」
すごい観察眼ですね!
連合軍の兵力と長州の兵力の差は、大人と子供くらいでしょうか。
いや、ジャイアント馬場(古い笑)とおやゆび姫くらいかも。
よく戦いましたね。

砂希 #- | URL | 2014/05/02 21:31 * edit *

高杉晋作

今日は。

高杉晋作。懐かしい名です。

長州藩。「海外から新しい知識や技術を積極的に導入する。」

その経緯理解しました。
一つ勉強をしました。

有り難うございます。

ijin #7ozVZe.w | URL | 2014/05/02 21:32 * edit *

井の中の蛙は、籠っていたと同じ時間の準備期間が必要だったろうに…と、なんとなく思います。

神社でほっこりするのは現実逃避かもしれません。

そんな事言いながら、今日も一日平和に過ぎてよかったなあ…と思うのです。祖母は、今日も無事に朝を迎える事ができました、皆様ありがとう…と申しておりました。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2014/05/02 21:33 * edit *

FREUDEさんへ

e-343FREUDEさん、おはようございます。
戦争はいやですね。
ホント大切な人々を失いたくないです。
でもこの時代、多くの血が流されているのですよね。
そして、今がある…

YUMI #- | URL | 2014/05/03 05:56 * edit *

みどりさんへ

e-343みどりさん、おはようございます。
アーネスト・サトウ著の「一外交官の見た明治維新」は面白いですよね。
視点が違いますからね。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 05:57 * edit *

ディックさんへ

e-343ディックさん、おはようございます。
小さな戦争での失敗経験が、その後の改革に生きる、これはまさにそういう例ですね。
薩摩も長州も、ここで諸外国と戦わなければ、また違う明治になっていたかもしれません。
生きることは運の良さがずっと続いているから…、はい、私もそう思います。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:07 * edit *

k-24さんへ

e-343k-24さん、おはようございます。
アーネスト・サトウの言葉は本当にその通りだと思います。
しかし幕府をこき下ろし…
面白いですよね。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:09 * edit *

まり姫さんへ

e-343まり姫さん、おはようございます。
まり姫さんは長州出身者お嫌いですものね。
まあ、幕末を生き残った長州藩の人間は、2流3流ですからね。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:11 * edit *

よっちんさんへ

e-343よっちんさん、おはようございます。
私も関門海峡を初めて見たときは、対岸の門司が近いのでびっくりしましたよ。
ここは歴史上面白い場所ですからね。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:13 * edit *

砂希さんへ

e-343砂希さん、おはようございます。
「大君の家臣たちは弱い上に、行為に表裏がある」、たしかにその通りだと思いますよ。
でも、幕府側にもそれなりの人物はいますが、幕府は彼らをうまくいかせていないから…

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:15 * edit *

ijinさんへ

e-343ijinさん、おはようございます。
高杉晋作、早くに亡くなり残念な人です。
海外から新しい知識や技術を積極的に導入することができた藩が、結局勝ち残ったのですよね。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:17 * edit *

つねまるさんへ

e-343つねまるさん、おはようございます。
ご訪問、コメントありがとうございます。
「井の中の蛙は、籠っていたと同じ時間の準備期間が必要だったろうに…」と考えると、準備期間はとてつもなく短すぎますね。

YUMI #- | URL | 2014/05/03 06:20 * edit *

長州…無謀とも思えるが…しかし!

薩英戦争の時には、英国人は上陸していません。

しかし、この長州と四カ国連合艦隊との戦いでは、確か敵が上陸していますよね。高校の日本史の教科書に、上陸後、長州の砲台が占拠され、英国人がその国旗“ユニオンジャック”を翻えさせている写真があったような記憶があります。

アーネスト・サトウ著の「一外交官の見た明治維新」…これは図書館にもあるし、簡単に手に入るから読みたい本だなあ。彼は、鹿児島にも来ているし、自分の名前を「薩道(さとう)」と“ちゃめっけ?”から書いていることもあります。

それにしても、14代将軍家茂は辛かったことでしょう。彼はまだ若く、幕府はもうかなり弱体化…。できっこない攘夷を天皇の取り巻き連中から約束させられ…歯は痛むし…。彼は自分の歯痛とも戦っていたとの資料があるみたいですよ。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/05/03 10:46 * edit *

鹿児島のタクさんへ

e-343鹿児島のタクさん、おはようございます。
そうですね、 薩英戦争では上陸はしていませんよね。
高校の日本史の教科書にイギリス人がユニオンジャックを翻えさせている写真ありました?
すごい記憶力ですね。
アーネスト・サトウの「一外交官の見た明治維新」はホント面白いと思いますよ。
家茂も、いろいろあって将軍になっていますが、何も自分はなりたくなかった…というところですかね。

YUMI #- | URL | 2014/05/04 04:14 * edit *

私は下関出身ですが
子供の頃の社会科授業でも
全く触れないんです
明治維新の事には。
中学から茨城ですが
それでも詳しくは教育されず
大人になって自分で調べて
少しだけ知ったくらいの出来事。
下関の住民も全く話を語らないので
忘れたい史実なのかな?

せいパパ #- | URL | 2014/05/05 06:18 * edit *

せいパパさんへ

e-343せいパパさん、おはようございます。
せいパパさんは下関でしたか。
でも、山口でもくわしく教えないのですか?
下関の方にとって忘れたい歴史とは思えないのですが…

YUMI #2Qwf./yA | URL | 2014/05/05 08:32 * edit *

茨城県でも中学、高校でも
安政の大獄、天狗党に関しては
授業でも教えてもらえないです
社会人になって初めての歴史に触れました。
知らないことが幸せなのかな?

せいパパ #- | URL | 2014/05/05 23:46 * edit *

せいパパさんへ

e-343せいパパさん、おはようございます。
天狗党はやらないかもしれないけど、 安政の大獄もですか。
そういうことをやらないのだったら、歴史をやる意味がないじゃないですか…

YUMI #- | URL | 2014/05/06 06:19 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。