QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

航海遠略策 

 今日は歴史授業、長州藩の動きを。長州と言えば尊攘過激派の先頭に立つ藩というイメージです。その長州藩が幕末の政局に登場するのは、1861年「航海遠略策」によるそうです。長井雅楽(うた)の起草によるもので、「航海の術を用いて世界に横行し、貢を日本に捧げさせるという構想」のもので、いたずらに攘夷決行を主張するよりも、積極的に航海をひらき、さらにこれを朝廷から幕府に命じる形をとれば、国内の統一も図れるというものです。

 1860年に長州藩の縦帆船丙辰丸が高杉晋作らを乗せて萩〜江戸間の航海を成功させました。さらに庚申丸を2万両で建造。横浜では12万ドルの蒸気船壬戌丸と2万ドルの癸亥丸を、江戸藩邸の床下に隠してきた貯蔵金で買い入れました。桂小五郎は外国貿易の情報を指導者周布政之助に送っていました。周布、長井、高杉、桂らは開明派の武士だったわけです。

 しかし、長州藩内には尊攘派も多いわけです。その対立も激化します。そんななか島津久光の動きで勢いを得た朝廷は、長州藩の開国策を良く思わなくなります。長井は失脚、自害。長州藩は攘夷決行へとかわっていきます。

 高杉晋作ですが、彼は1862年には上海に渡航し、太平天国の乱とイギリス鎮圧軍の戦乱英仏の属地となった上海を目撃しました。そして帰国後尊攘運動に身を投じます。異人斬りに象徴される単純な外国人排斥や、幕府が外国と締結した不平等条約を破棄させるという攘夷とはひと味ちがうようです。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

差別につながるため公言を避けますが
支払に対する考え方が根本的に異なる人種がいます

幕末、莫大な金銭が動いたと思うのですが
支払事故が起きなかったのだろうか、と思います
当時の日本は、何でも飛びついたようですね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2014/04/20 07:52 * edit *

うちの床下にも、貯蔵金が隠れていないかしら(笑)
「航海遠略策」には相当額の資金が必要ですが、技術革新へかなり貢献したのではないでしょうか。
私はこういうものの考え方が好きです。
思うとおりにいかなかったようで残念。
高杉晋作は、異国での歴史的事件に遭遇し、何を思ったのか…。
すごい経験ですよね。

砂希 #- | URL | 2014/04/20 09:22 * edit *

「英仏の属地となった上海を目撃」これ、
その後の日本国建設のバックボーンとなった
ようですね。この時代の日本史は、見逃せません。
興味深いです。PP

みどり #eq.5iUkQ | URL | 2014/04/20 11:20 * edit *

学生時代に
萩の街を旅したことがあります。

あの頃は今ほど歴史に興味がなかったので
幕末史にゆかりの場所も
見逃していました。

もう一度訪ねたい町です。

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/04/20 12:16 * edit *

FREUDEさんへ

e-343FREUDEさん、こんにちは。
そうですよね、軍艦とか武器とか大きなお金の動きがありましたものね。
支払事故もあったかもしれませんね。

YUMI #- | URL | 2014/04/20 17:02 * edit *

砂希さんへ

e-343砂希さん、こんにちは。
私も欲しいですよ貯蔵金(笑)
「航海遠略策」面白いと思いますよ。
長州がこちらの方向に進んでいたら、歴史もまた変わったでしょうね。
高杉晋作は、異国を見てきました。
他の幕末の志士とはちょっと違いますよね。
早世が残念。

YUMI #- | URL | 2014/04/20 17:05 * edit *

みどりさんへ

e-343みどりさん、こんにちは。
高杉晋作はここで上海に渡ったことが大きかったでしょうね。
大学の授業でも、何かの授業でこの話がでたのを思い出しました。

YUMI #- | URL | 2014/04/20 17:18 * edit *

よっちんさんへ

e-343よっちんさん、こんにちは。
萩はぜひ再訪してくださいよ。
萩の街は歴史を知ってて歩くのとそうでないのでは全然違うと思いますから。

YUMI #- | URL | 2014/04/20 17:20 * edit *

YUMIさんこんにちは~♪
長州藩と出ると私はダメですね(;^_^A アセアセ
つい明治新政府につなげてしまいます(笑)

萩はお城もいいし、松下村塾や武家屋敷も訪ねましたが、印象に残っているのは萩焼の美しさです^^
津和野ならもう一度訪ねたいと思うけど・・・・・

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/04/20 17:55 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/20 19:58 * edit *

今回の記事で触れられているあたり、あまり勉強してきていないので、とてもおもしろく読みました。
開国と尊皇攘夷の綱引き、長州藩内でもいろいろとあったのですね。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/04/20 21:32 * edit *

YUMIさん

個性豊かな志士がいた長州藩。
気候温暖な土地柄からは、そんな歴史があったとは
想像がつきませんね。

列強を前にしても、たじろぎもせず
己の主張を通した志士に、学ぶべきことは多いようです。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2014/04/21 01:07 * edit *

こんばんは!
周布政之助や長井雅楽など、知らない人物を検索しながら読ませて頂いてます♪(^^)

●白雲 (はくうん) #2evNVSRQ | URL | 2014/04/21 01:38 * edit *

YUMIさん、オハヨウございます。
ちょっと、早めの応援ですが~
夕方は難しいのでポチポチさせていただきますね。

みどり #RQDaRuwI | URL | 2014/04/21 02:56 * edit *

高杉晋作が上海に行った事は知っていました。
この時、坂本竜馬は行ったのでしょうか?
上海でのっとられた状態を見た時は
危機感を覚えたでしょうね!

akakage #- | URL | 2014/04/21 04:38 * edit *

まり姫さんへ

e-343まり姫さん、おはようございます。
長州も多くのものは幕末の動乱の中で死に、結局残ったのは…

萩も津和野おちついたいい街ですね。
私もまたいっていたいです。

YUMI #- | URL | 2014/04/21 05:48 * edit *

鍵コメkさんへ

e-343鍵コメkさん、おはようございます。
そうか山口の話ですものね。
そう、維新後も、存命は桂だけ。
長州はやはり幕末の動乱で多くの者を亡くしすぎましたね。
航海遠略策はあまり知られていないけど、これが取り上げられていたら長州の運命も日本も違っていたかもしれませんね。
高杉は好きですよ、私。

YUMI #- | URL | 2014/04/21 05:58 * edit *

ディックさんへ

e-343ディックさん、おはようございます。
今日のところは授業で触れるようなところではないのですが、長州のこういう面も知っておいた方が面白いかと思いまして。

YUMI #- | URL | 2014/04/21 06:02 * edit *

takae hさんへ

e-343takae hさん、おはようございます。
そうですね、たしかに今の萩を旅すると、ここからあの志士たちが出たとは思えないくらい温暖な落ち着いた街ですものね。

彼らに学ぶべきものは多いですよ、たしかに。
草莽の志士をまつですかね、今も。

YUMI #- | URL | 2014/04/21 06:04 * edit *

白雲さんへ

e-343白雲さん、おはようございます。
周布政之助や長井雅楽などはあまり一般的に出てくる名前ではないですからね。
でも、このへんの長州の歴史も面白いかと思いまして。

YUMI #- | URL | 2014/04/21 06:06 * edit *

みどりさんへ

e-343みどりさん、おはようございます。
わざわざすみません<(_ _)>

YUMI #- | URL | 2014/04/21 06:07 * edit *

akakageさんへ

e-343akakageさん、おはようございます。
この時、坂本竜馬は一緒ではないですね。
上海の様子を見て、高杉の考えもかわったのではないでしょうか。

YUMI #- | URL | 2014/04/21 06:10 * edit *

長州藩のすごさ!

永井雅樂の「航海遠略策」はスケールも大きいですね。
しかし、政策が「もし」よくても残念な最期を遂げる…。

長州藩は、藩論がくるくる変わる…。(開国派的VS尊攘派的)
長州藩は、家臣の中でだれが政権を取るかで…。

最後の長州藩主の毛利敬親公は「そうせい公」とまで言われるくらい“象徴的”な存在で、長州藩はある種…後年の「内閣制度」のようなものを取り入れているみたいに感じます。(君臨すれども統治せず。)

後年、明治もだいぶ経った頃、毛利敬親は、「そうせい」とでも言わねば、自分は殺されたいただろうと言ったとか…。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/04/22 14:54 * edit *

鹿児島のタクさんへ

e-343鹿児島のタクさん、こんばんは。
長州藩は、たしかに藩論がくるくる変わるんですよ。
だれが政権をにぎるか…
結果的によかったのかどうかですね。

YUMI #- | URL | 2014/04/22 20:36 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。