QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

壮絶な死闘 

 今日も薩摩藩の続きを。
 1862年、島津久光は幕政を改革せよとの命令を朝廷から引き出し、自分がそれをもって江戸に乗り込もうとします。千余の兵を率いての上京にあたり、西郷隆盛を呼び出し、先発して下関で待機するように命じましたが、西郷は上方にむかってしまいました。久光は激怒し、西郷を沖永良部島に幽閉します。

 4月23日、久光は有馬新七ら尊攘派が京都伏見の寺田屋に集結したとの情報を得、直ちに鎮撫するための者を寺田屋におくりました。そこで同藩の者同士が斬りあう壮絶な死闘が繰り広げられました。有馬は、討手との斬りあいのなかで剣を折られ、その折れた剣で相手を壁に押さえつけ、自分ごと突き刺せと叫び、仲間が串刺しにし、絶命したそうです。

 有馬の若い仲間たちには、鎮撫に行った者たちが必死の説得をし、西郷従道、三島通庸、大山巌らが鹿児島に送還されました。すごい顔ぶれです。

 久光はこののち勅使大原重徳に従い江戸へくだり、幕府との交渉を開始します。幕府に対し、朝廷から改革の指示が下るという事態に幕府内は混乱しますが、結局その大部分を受け入れざるを得ませんでした。一橋慶喜を将軍後見職に、越前藩前藩主松平慶永(春嶽)を政事総裁職に、そして尊攘過激派の台頭により悪化した京の治安の取り締まりのため、京都守護職を新設し、会津藩主松平容保を任命しました。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

[edit]

刀を携えた時点で血で血を洗うような出来事が
あちこちで起きることはわかっていた、と思います
さまざまな改革を断行した徳川家康の開府時に
帯刀を廃止させていれば、と思うことがあります

ジュラルミンケースの中から私が包丁群を取り出すと
たいていの方が畏怖を感じるようで、
刃物は恐ろしいもの、という認識を捨てたくありません

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2014/04/11 06:20 * edit *

薩摩藩の動き ~開国派VS攘夷派

おはようございます。

薩摩藩は、全体として割と「開国派」であり、後に「公武合体」を進めていくようです(特に上層部)。しかし、寺田屋事件の有馬新七たちのような尊攘派の人物も少なくはなかったのでしょうね。

薩摩藩が長州藩ほど尊王攘夷運動へ進まなかったのは、なぜなのかよく分かりません。勉強不足です。
「生麦事件」の結果として「薩英戦争」があり、それで攘夷は不可能ということを、下級武士たちも理解したということもあるでしょう。

この久光のやった「率兵上京」…幕藩体制のルールではやってはいけないことと思いますが、これは前藩主の島津斉彬の「御遺志」としての“場の空気”みたいなもので進んだような感じです。
勅使を奉じて、幕政改革を飲ませるというのは、後で「玉(天皇)」の取り合いのスタートになったのではないかと思われます。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/04/11 06:34 * edit *

YUMIさん

壮絶な……歴史の流れが変わるとき
どれほどの軋轢があるか。
その圧力に押しつぶされまいとして
命を落としたものの悲しみを感じます。


戦った者たちの信念の強さに敬服します。
命をもって、なにごとかをなす心。
意見が大きく分かれるところですが、
それが日本人の強みなのではないかと思います。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2014/04/11 10:01 * edit *

血なまぐさい争いのなか、全てを灰にしなければ
新しい世はつくれなかったのでしょうね。
応援PP

みどり #RQDaRuwI | URL | 2014/04/11 11:53 * edit *

ちは(*´∀`*)
京都伏見の寺田屋は、中にはワンコNGなので、入らなかったのですが、見に行った事があります(^-^)
坂本龍馬もゆかりの場所。。人も多かったです。確か龍馬伝の後だったので、余計だったかも??ですね。
そっかぁ。。寺田屋事件ってのは、この壮絶な死闘の事ですものねぇ。
でも。。有馬新七の壮絶な最期は知らなかったです。
今も、そのときの刀傷が残っていると聞いた事があります。。
それが偽物・・て騒ぎもあったかな?
寺田屋の表側の景色を思い出しました(^-^)
いつもありがとうございますYUMIさん(*´∀`*)v
今日は、娘達のお散歩で八重の桜を発見して嬉しかったですよぉ~~良好です。

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2014/04/11 12:55 * edit *

FREUDEさんへ

e-343FREUDEさん、こんばんは。
そうですね、江戸時代、刀は必要なかったですものね。
徳川家康の時代に廃刀令、考えられなくはないですね。

友人に日本刀を欲しがっている人がいます。
でもその人に日本刀をもたせるのはこわいです(笑)

YUMI #- | URL | 2014/04/11 18:40 * edit *

そうか、薩摩藩の目で見ていくと、こういうふうになるのですね。
ぼくは幕末から明治維新にかけての小説をあまり読んでいないので、とくに思い入れはありません。
いろいろな方向からこの時代の歴史を眺めてみたい、と思うので、興味深く読ませていただいております。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/04/11 18:46 * edit *

鹿児島のタクさんへ

e-343鹿児島のタクさん、こんばんは。
薩英戦争は大きかったでしょうね。
攘夷なんて全く無視だと悟ったのですから。
長州は藩内の対立等もあり、攘夷になりましたかね。
吉田松陰の問題もあるし。

「勅使を奉じて」なんていうのは、少し前の時代ではありえませんね、

YUMI #- | URL | 2014/04/11 18:56 * edit *

takae hさんへ

e-343takae hさん、こんばんは。
歴史の流れが変わるとき、どの時代でもそうですが、多くの命が失われています。
考え方は色々であっても、国のあり方に命をかけられる彼らに、たしかに敬服ですね。
命をかけてなにごとかをなすなんて、今の日本ではありえないだろうな。
それは自分も含めて。

YUMI #- | URL | 2014/04/11 19:00 * edit *

YUMIさんこんばんは~~♪
島津久光ははたして島津斉彬の意志を継いだりでしょうかねー。
小松帯刀はともかく、大久保を重用したのは間違いだったのじゃないかななんて想像してます。
人を見る目はあまりなかったように感じますね(笑)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/04/11 19:02 * edit *

みどりさんへ

e-343みどりさん、こんばんは。
新しい時代を作るには、犠牲も仕方がないのかな…
でも、これからは命の犠牲なく、新しい時代を作りたいですね。

YUMI #- | URL | 2014/04/11 19:03 * edit *

TOMOママさんへ

e-343TOMOママさん、こんばんは。
京都伏見の寺田屋は、私も以前行きました。
観光客多いですよね。
有馬新七の最期はすごいですね。
伏見はいいところですね。
TOMOママさん、関西にお住まいで、いいなー。

YUMI #- | URL | 2014/04/11 19:05 * edit *

ディックさんへ

e-343ディックさん、こんばんは。
私は高校時代、幕末の小説はずいぶんたくさん読みましたよ。
まあ、だからと言って、どちらかの勢力に肩入れするわけではありませんので。

YUMI #- | URL | 2014/04/11 19:15 * edit *

まり姫さんへ

e-343まり姫さん、こんばんは。
久光は人を見る目がなかった、まあ西郷のことを考えればそうでしょうね。
意見される人は、概していやですからね。

YUMI #- | URL | 2014/04/11 19:17 * edit *

寺田屋には
たびたび訪れたことがあるのですが
「龍馬伝」を放映している時の
寺田屋の混雑ぶりは異常でした(@_@;)

今は落ち着いていますよ(^^)

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/04/11 19:51 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/11 21:18 * edit *

よっちんさんへ

e-343よっちさん、おはようございます。
「龍馬伝」福山龍馬でしたからね、そりゃ人気もすごかったでしょうね。
また行きたいな。

YUMI #- | URL | 2014/04/12 07:26 * edit *

鍵コメhさんへ

e-343鍵コメhさん、おはようございます。
楽しみ〜(*^^*)
お気を付けて。

YUMI #- | URL | 2014/04/12 07:27 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。