QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

お由羅騒動 

 今日は薩摩藩の話を少し。1858年島津斉彬(なりあきら)が急逝しました。斉彬は一橋慶喜を将軍に擁立しようとする中心人物でしたから、一橋派にとっては大打撃でした。このあと安政の大獄の嵐が吹き荒れるわけです。

 薩摩藩では、斉彬の腹心の西郷隆盛は奄美大島に流されます。藩主島津忠義の父島津久光が動きはじめます。久光は島津斉興とその側室お由羅の方との間に生まれました。斉興の後継の地位をめぐり、斉彬と久光の兄弟それぞれを擁立する派閥が対立して、お由羅騒動とよばれるお家騒動に発展しました。1851年に斉興が隠退、斉彬が薩摩藩主となります。久光と斉彬は島津氏家督の座を争ったわけですが、久光は反斉彬派に担がれたのであって、斉彬との関係は悪くなかったのではないかとも言われていますが。

 1858年、斉彬が死去すると、遺言により久光の子忠義が藩主となります。久光は藩主の実父として藩内における政治的影響力が増大します。1861年、「国父」の礼をもって遇されることになり、藩政の実権を掌握するようになります。小松帯刀(たてわき)や大久保利通を登用しますが、どうも西郷隆盛とはそりがあわなかったようです。

 薩摩藩の話、まだ続きます。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

島津斉興が長く粘り過ぎたような気がします
それなりに懸命だったのでしょうが
幕末の日本にとって島津斉彬や伊達宗城は
必要な人物だったように認識しております

福島県にほど近い茨城県北部で迎えた朝は、
燦々と輝く太陽が嬉しいです

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2014/04/07 07:17 * edit *

鹿児島では、今でも斉彬派の方がよく言われております。

奄美大島からもどっていた西郷は、久光が斉彬の“遺志”をついで(¡?)「率兵上京」をしようとした時、「斉彬公にはできるが久光公にはジゴロだからできない。(ジゴロとは、田舎者の意)」というようなことを国父久光にに面と向かって言っているようです。そのため、後に、西郷は2度目の遠島(徳之島⇒沖永良部島)となります。

久光は、実際に率兵上京(通常の参勤交代とは違う)をやっていますが、これは幕藩体制を揺るがすものになり、幕府の力を奪う方向に歴史は流れていくようです。

ちなみに、この時江戸からの帰り道、東海道の現在の横浜市(?)鶴見区の生麦村で生麦事件が起きます。後の薩英戦争の原因です。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/04/07 09:34 * edit *

おはようございます

国元と江戸の二重生活の歪でしょうか。
異母後継者が対立するのも無理はないような気がします。
お由羅騒動、すさまじい後継者争いですね。
このあたりの事情はよく知りませんが
薩摩も維新に大きく貢献できたのは大きいと思います。


jsk #gk2i27Ik | URL | 2014/04/07 10:10 * edit *

細かな人間関係は、この時代を大きく変えたのでしょう。
歴史も変わったかもしれませんね。キャスティングが変われば。
次回も楽しみにしています。応援PP

みどり #RQDaRuwI | URL | 2014/04/07 10:12 * edit *

小松帯刀(たてわき)、大久保利通、西郷隆盛は、仲良しだったと思っていました。

akakage #- | URL | 2014/04/07 12:48 * edit *

FREUDEさんへ

v-298FREUDEさん、こんにちは。
島津斉彬がはやく亡くなったのは、薩摩藩にも日本にも大きな痛手だったのでしょうね。

茨城にお出かけですね。
お忙しそうですね、相変わらず。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 14:04 * edit *

鹿児島のタクさんへ

v-298鹿児島のタクさん、こんにちは。
今回は薩摩の話なので、いろいろ補足を書いていただけるだろうと思っていました。
「久光公にはジゴロだからできない」というのはすごいですね。
ジゴロってそちらの言葉では田舎者なのですね。
そりゃ、田舎者と言われればおこるよね。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 14:06 * edit *

jskさんへ

v-298jskさん、こんにちは。
国元と江戸の二重生活の歪もあるでしょうね。
異母後継者の対立は、江戸時代、どの藩でも多数あったでしょうね。
その中でもお由羅騒動は有名ですからね。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 14:10 * edit *

みどりさんへ

v-298みどりさん、こんにちは。
西郷と久光がそりがあわなかったなどということも面白いと思いますよ。
薩摩はまだまだ興味深い動きをしてくれます。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 14:11 * edit *

akakageさんへ

v-298akakageさん、こんにちは。
多分3人は仲が良かったんだと思いますよ、少なくとも幕末は。
ただ、西郷だけは久光とはダメだったみたい。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 14:13 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
このあたりになるとドラマなどでもとり上げられるので興味を持っている人も多いでしょうね(*^^)
西郷さんにとっては島津久光は困った存在だったでしょうね(笑)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/04/07 17:41 * edit *

島津久光ってかなり有名ですが、藩主にはなっていないのか…。
島津家の歴史というのも、おもしろいですね。
島津義弘なんていうすごい人もいました…。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/04/07 18:21 * edit *

まり姫さんへ

v-298まり姫さん、こんばんは。
篤姫、けっこうみなさん見たでしょうね(*^^*)
西郷さんにとっても島津久光は困った存在だっただろうい、また逆もそうだったんでしょうね。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 18:49 * edit *

ディックさんへ

v-298ディックさん、こんばんは。
そうなんですよ、島津久光はこの時代歴史の表舞台で活躍しますから藩主のイメージですが、藩主にはなっていないのですね。

YUMI #- | URL | 2014/04/07 18:51 * edit *

薩摩藩のお家騒動…!

久光は、鹿児島生まれで、鹿児島から出たことがなかった。側室(江戸の町娘)…の子。

それに対して斉彬は名門出身の正室の長男。江戸で育ち、長崎等にもよく行っている。斉彬への襲封が事情があって遅くなり、薩摩藩内でも斉彬派VS久光派で、御家騒動…多くの血が流れています。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/04/07 19:54 * edit *

母親の親戚が鹿児島にいましたので
小さな時に遊びに行ったことがありました。

その時におばさんやオジサンの言葉が全く理解できず
「ここは日本か?」と思いました。

薩摩と長州の会話は大変だったそうですね。

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/04/07 20:19 * edit *

鹿児島のタクさんへ

v-298鹿児島のタクさん、おはようございます。
お由羅騒動の詳しい話、ありがとうございます<(_ _)>

YUMI #- | URL | 2014/04/08 07:13 * edit *

よっちんさんへ

v-298よっちんさ、おはようございます。
鹿児島の言葉はわからないかもしれませんね。
私も津軽に行ったときはわかりませんでした。
でもそういう方言も薄れてきて、便利とはいえ、淋しいですね。

YUMI #- | URL | 2014/04/08 07:15 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。