QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

またまた花山法皇が 

今日も摂関政治のお話を。道長と伊周の対立のあたりから。

摂関政治のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

藤原伊周が叔父道長よりも出世していたことは前回にも述べましたが、まわりはそれを良くは思っていなかったようで、皇太后詮子の関与かと思われますが、「関白は兄弟順に」という先例を作って道兼の次に道長を関白にしようとします。実際には道長がなったのは「内覧」といって、関白に準ずるような地位なのですが、ともあれ、実質的に藤原氏トップの座に王手をかけたのは藤原道長です。
藤原伊周は、悔しかったのでしょうね。996年、弟である藤原隆家と共に威嚇のつもりで夜道を歩く花山法皇に矢を放ったのです。花山法皇が、自分の好きな女の所に通って会っていると思ったわけです。花山法皇は天皇時代にも藤原氏とおもしろい関係にあった人だということは前回もお話ししました。
矢はなんと法皇の服の袖を貫通しました。威嚇どころではありません。また、法皇が通っていた女と、伊周が通っていた女は実は別人だったのです。
これを長徳の変といい、伊周は大宰権帥へ、隆家は出雲権守へ左遷されました。

こうして、道長は藤原氏の頂点に立つ氏の長者となりました。そして道長は、外戚として権力を掌握しようとします。道長には4人の娘がいます。一条天皇には既に定子(兄・道隆の娘)が中宮としていたのにもかかわらず、自分の娘である彰子を中宮としました。この彰子に仕えたのが源氏物語の作者紫式部です。
三条天皇には妍子を、後一条天皇には威子を嫁し、また嬉子は後朱雀天皇東宮時代の妃とします。(嬉子はその後早世します)
この世の春ですよね。こうした道長の栄華は、藤原実資の日記小右記に見える道長の歌、「此世をば我世とぞ思ふ望月のかけたることも無しと思へば」に象徴されています。

そんな中、道長は62歳で亡くなりますが、道長は晩年、急性で激痛のある化膿性炎症をわずらっていました。腫れ物ができ、死の直前、背中の腫れが乳房ほどとなり、医師が腫れた部分に針をさしたが、血膿が少し出ただけで、苦しみもがき、息を引き取ったとも言われています。

道長のあとを継いだのは、息子の頼通です。彼は後一条・後朱雀・後冷泉の3代の天皇の叔父として、摂政・関白 として52年間勢いをふるい、道長とともに藤原氏の全盛期をきずきました。しかし、彼の不運は娘の寛子が天皇の皇子を生むことがなかったことです。彼は有名な平等院の造営を行っていますが、この後藤原氏は衰退していきます。そこで後三条天皇の登場となるわけです。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

興味を惹かれながら

今日も、興味を惹かれながら・・・
辛い別れです。時間がありません。

また伺います。(応援)

ijin #7ozVZe.w | URL | 2011/12/26 13:04 * edit *

ijinさんへ

ijinさん、こんにちは。
いつもご訪問、コメントそして応援ありがとうございます。
お時間がある時にゆっくりご覧下さい。

YUMI #- | URL | 2011/12/26 14:29 * edit *

YUMIさんこんにちは~(*^^)
いつもありがとうございますσ(゚ー^*)
藤原氏の絶頂期ですね~
本題とはずれますけど、清少納言と紫式部は非常に仲が悪かったと聞かされた記憶がありますが、実際のところはどうだったのでしょうね~(笑)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2011/12/26 16:05 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
> 本題とはずれますけど、清少納言と紫式部は非常に仲が悪かったと聞かされた記憶がありますが、実際のところはどうだったのでしょうね~(笑)
私も原文で確認したわけではないのですが、紫式部は清少納言の才気をひけらかす態度を嫌っていたと書いていたようですね。

YUMI #- | URL | 2011/12/26 20:36 * edit *

法王に矢を射掛けるとは、思い切ったことをしたものですね。
やはり藤原氏は和を尊ぶ日本のしきたりに収まらない風がありますね。

桃源児 #- | URL | 2011/12/26 22:56 * edit *

桃源児さんへ

桃源児さん、おはようございます。
いくら女性を巡る争いといっても、威嚇のためとはいえ、矢をいかけるのはいけませんよね。それも誤解だったとは…
藤原氏もここで終わり。
和ではおさまらない、武士の時代に入っていきます。

YUMI #- | URL | 2011/12/27 06:42 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/89-3057fb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。