QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

恨めしや 

 さて、今日から何回かは、化政文化をお届けしたいと思います。ここはスライドがありませんので、ご容赦を。

 化政文化を代表するものとして十返舎一九の「東海道中膝栗毛」と鶴屋南北の「東海道四谷怪談」があります。今日はまず「東海道四谷怪談」のお話を。四谷怪談は皆さんご存じだとは思いますが、まずはあらすじから。

 塩冶家浪人民谷伊右衛門(たみやいえもん)は、妻お岩の父四谷左門をだまし討ちにしたうえ、その事実を隠してお岩に敵討ちの助太刀の約束をします。お岩の妹お袖に横恋慕している直助権兵衛は、お袖の夫佐藤与茂七と誤って、自分の旧主の子庄三郎を殺しました。雑司ヶ谷四谷町に浪宅をかまえた伊右衛門は、隣家の高家重臣伊藤喜兵衛の孫お梅を妻として貧乏ぐらしから脱出しようと考え、邪魔になる妻お岩に姦通の罪をかぶせて追い出そうとします。伊藤喜兵衛も孫かわいさから、面体のくずれる毒薬をいつわってお岩に飲ませました。恨み死にしたお岩と無実の罪をきせて惨殺した下男小仏小平を、戸板の表裏に釘づけにしたうえで、伊右衛門はその戸板を川へ流しました。お岩と小平の怨霊は、そののち伊右衛門に激しく祟ります。十万坪陰亡堀で釣りをしている伊右衛門の前に戸板が流れより、引き上げるとお岩の怨霊が出現し、裏返すと小平の無念の形相に変わります。一方、夫与茂七が人手にかかって死んだと信じているお袖は、助太刀を条件に直助と同衾しますが、その直後に与茂七が訪れてき、自分の過ちに気がついたお袖は死にます。直助もまた、お袖が実の妹であると知り自殺します。お岩と小平の怨霊に追い詰められた伊右衛門は、しだいに錯乱状態になっていきました。蛇山庵室で仏の力に頼って苦しみから逃れようとした伊右衛門ですが、夢の中にお岩の死霊があらわれ、半狂乱のうちに佐藤与茂七に討たれて死にます。

 南北の作品には多くの亡霊が出現します。かれら他界の住人が、現世の人間の親しい隣人として、気軽にこの世にあらわれます。両界の交流は自由自在なようです。

 
 爛熟といわれる化政期ですが、既成の秩序は崩れつつあり、でもまだ新しい秩序は生まれていない、そんな方向性を欠いたなかで、大鍋のなかのように泡立っている、その中から多様なものが生まれる、そんな化政文化です。

 四谷怪談の一つの面白味は伊右衛門のような出世願望型人間があらわれたことです。出世のためにどんな悪も辞さない伊右衛門のような人間は、近代に呼応しているともいえるようです。

 四谷怪談は歌舞伎でおなじみです。お岩小平の戸板の場面、見てみたいですね。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

[edit]

おはようございます
子供のころ・・四谷怪談は、お盆の映画の定番、よく見ました。戸板の映像を思
い出して、夜が怖くて仕方がなかったのを思い出しました。悪いことをして利を
得ても、何時か破綻するものだ・・そんな教訓のような感じもしました。

出世願望型人間の出現・・・確かに社会が豊かになると欲望が無限に膨らみ、利に走る・・
成熟した社会への警鐘のような気もします。

jsk #gk2i27Ik | URL | 2014/01/27 08:41 * edit *

ちは(*´∀`*)
最近でこそ、放送、舞台共に少なくなりましたが、
四谷怪談は、昔よく見ましたよねぇ。
怪談物がたくさんある中で。。一番怖かった。。記憶があります。
四谷怪談のお岩さんの祟りも現世まで続いているという
噂で。。撮影をすると、様々な事が起こるとか。。
モデルのお話があると聞きました。
それほどの怨念って本当怖いですよね。。。

出世願望型の人間。。本当に現在では。。さらに増えているのかも??ですね。
その為に手段を選ばない事が横行しているならば。。
今こそ、四谷怪談をもっとして欲しい気もします(*´∀`*)
☆☆~☆☆

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2014/01/27 11:34 * edit *

こんにちは

四谷怪談は、小さい頃の夏の定番
TVや本で、何度も見ましたよねぇ
昔は、こうやって怖い話をすることが
教えの一つだったのでかね・・・
見たいけど、見たら怖くって
母の布団に潜り込んだのを思い出します(笑)

出世のために・・・
今でもそうですね!邪魔になると、すぐに惨殺する現代人と
同じですね。

HANAMIZUママ #OGPSQbQg | URL | 2014/01/27 12:15 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
東海道四谷怪談は四代目鶴屋南北が書いたものですが、五代目南北が脚色したものをたぶん上演しているものと思います。
町人文化爛熟期の傑作のひとつでしょうね(*^^)
与太代目鶴屋南北はたくさん怪談物を書いていますけど、もっと怖いのがありますよ(笑)
観たら正直怖いです(^^;

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/01/27 17:28 * edit *

jskさんへ

e-69jskさん、こんばんは。
四谷怪談、私映像の記憶あまりないのですよ。
だからぜひ戸板の場面は見てみたいと思います。

出世願望型人間、現代にも多いでしょうね。
そのために何をするかはこの時代とは違うでしょうが。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 19:00 * edit *

TOMOママさんへ

e-69TOMOママさん、こんばんは。
お菊さんよりお岩さんの方が怖いですよね(笑)

お岩さんの祟りの話はよく聞きますね。
歌舞伎役者さんとかもやる前に必ずお詣りするそうですから。

出世願望型の人間が増えている一方で、仕事ではなく趣味や家庭に生きがいを見出す人も多いようで。
でも、仕事は仕事でやはり生きがいにしてほしいな。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 19:04 * edit *

HANAMIZUママさんへ

e-69HANAMIZUママさん、こんばんは。
私ね、あまり四谷怪談見た記憶がないのですよ。
なんでだろう?
怖い話、きらいなわけじゃないのですが…

出世のためだけじゃなく、邪魔になると、すぐに殺す現代人。
あー、いやだいやだ。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 19:06 * edit *

まり姫さんへ

e-69まり姫さん、こんばんは。
ホント文化爛熟期の傑作のひとつですよ〜。
もっと怖いの?
観てみたい!(^^)!

YUMI #- | URL | 2014/01/27 19:07 * edit *

こんばんは!
これは有名なお話ですよね~
やっぱり、人の情の上に成り立つ裏切りは無い、
ってことでしょうか。
いつも何かで伊右衛門がだんだん狂気と化す姿を見るたびに、
自業自得、と思うのは私だけかな・・

Harvest Moon #- | URL | 2014/01/27 19:20 * edit *

子供の頃に
テレビでか映画館でか忘れましたが
四谷怪談の映画を見た記憶があります。

怖くて怖くて…
今でもお岩さんの顔を覚えていますよ(+o+)

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/01/27 19:54 * edit *

上昇志向の人間は、これ以前にいなかったのでしょうか。
社会の制度が整っていくと、その中で上に行こうとする者が現れるということなのかしら。
それにしても、人を踏み台にしすぎです。
祟られて当然。
サントリーの伊右衛門は、こんなネーミングでヒット商品になりました。
なぜ??

砂希 #- | URL | 2014/01/27 20:03 * edit *

ayaさんへ

e-69ayaさん、こんばんは。
こんな裏切りは絶対許せません!
私も伊右衛門は自業自得だと思いますよ。
女心を弄び、出世の道具にしようなんて最低です。
これが現代の話だとしても…

YUMI #- | URL | 2014/01/27 20:15 * edit *

よっちんさんへ

e-69よっちんさん、こんばんは。
お岩さんは、本で読むより、映像にした方が怖いですね。
薬で顔が崩れていくなんて、本人の気持ちはどんなだろう…
って、まあ話ですが。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 20:17 * edit *

砂希さんへ

e-69砂希さん、こんばんは。
上昇志向の人間はこれ以前にもいましたけどね。
この頃から、時代としてもそれが顕著になってきたのではないかな。
私だって、こんな目にあったら祟ってやる〜(笑)

サントリーの伊右衛門は、なぜでしょうね?
民谷伊右衛門だったらダメだったでしょうね。
最近、特伊右衛門飲んでます。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 20:21 * edit *

YUMIさん

文化が爛熟し、そこに末世観が加わると
人間の手には負えないものたちが活動を始めるようです(笑)。

四谷怪談の表現がここまで過激とは知りませんでした。

恨み死に、これはしたくないですねぇ。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2014/01/27 20:55 * edit *

ふうむ、あらすじだけではどうもあとひとつ雰囲気がよくわかりません。
なんらかのかたちで、じっくりと見てみたいものです。

ディック #- | URL | 2014/01/27 21:10 * edit *

takae hさんへ

e-69takae hさん、こんばんは。
四谷怪談、知っているつもりでもけっこう知らなかった…
恨み死にはしたくないし、ここまで人をうらみたくないよ。
でも文化としてみると、やはりこの時代の文化はおもしろいですね。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 22:15 * edit *

ディックさんへ

e-69ディックさん、こんばんは。
私も映像見てみたいのですよ。
映画でも歌舞伎でもいいわー。

YUMI #- | URL | 2014/01/27 22:16 * edit *

恐いですね。

四谷怪談は、夏の怪談モノの一つでしたね。
歌舞伎では見ていませんが、映画や
YVなどで見ています。

古い昔の女優さんで、このお岩さんが、18番な人もいたと
聞きます。
悪い事をすると、必ず、自分に返ってくる・・・という教訓を、
分かり易く、といているのだと思います。

梅サクラ #zwRScLrQ | URL | 2014/01/27 22:25 * edit *

こんばんはーー!

もう忘れはしないです。
四谷怪談..ホントに怖かったし、今でも
怖いと..そう思います。人の思いってすごいな...と。
YUMIさん、実はですね
私 怖い話 すごく好きなんです 笑

でも、定番というより..このお話は
本当によく出来た名作だと 思います。

えむ #- | URL | 2014/01/27 22:27 * edit *

梅サクラさんへ

e-69梅サクラさん、おはようございます。
お岩さんを演じるのは命がけですかね(笑)
祟りがあるとか?
でもお岩さんを18番とする女優さんは、そんなことはないですね。
悪い事をすると、必ず自分に返ってくる、その通りですね。

YUMI #- | URL | 2014/01/28 09:39 * edit *

えむさんへ

e-69えむさん、おはようございます。
えむさん、怖い話お好きなの?
じつは私も。
では、稲川淳二さんとかお好きですか?(笑)
でも怪談話には、ちょっと寒いですね。

YUMI #- | URL | 2014/01/28 09:42 * edit *

十返舎一九が東北のことを書いたものの中に
大根蕎麦の記述があり、
福島県矢吹町の蕎麦店「古宿」のご主人が
当時の再現を作ってくださいました

細く糸のように切った大根と蕎麦を絡めていただき、
それはおいしかった記憶があります

番町皿屋敷は播州姫路に事実、起きた話だそうですね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2014/01/28 14:20 * edit *

FREUDEさんへ

e-69FREUDEさん、こんばんは。
大根蕎麦想像しただけでも美味しそうですね。
当時はそれが御馳走だったのでしょうね。
お岩さんも怖いですが、お菊さんも怖いです。
そんな恨みは持ちたくないな。

YUMI #- | URL | 2014/01/28 19:34 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。