QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

負債は踏み倒す 

文化・文政時代

 今日は文化・文政時代のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。


 今日はまずは土佐藩の改革についてです。藩主の座に就いた山内豊信(容堂)は門閥・旧臣による藩政を嫌い、革新派グループ「新おこぜ組」の中心人物吉田東洋を起用しました。1853年、東洋を新たに設けた仕置役(参政職)に任じ、家老を押しのけて藩政改革を断行しました。翌1854年、東洋は山内家姻戚に当たる旗本松下嘉兵衛との間にいさかいをおこし失脚、謹慎の身となりました。しかし3年後の1857年、東洋を再び起用し、東洋は後に藩の参政となる後藤象二郎や福岡孝弟らを起用しました。豊信は福井藩主松平春嶽、宇和島藩主伊達宗城、薩摩藩主島津斉彬らとも交流を持ち、幕末の四賢侯と称されました。彼らは幕政にも積極的に口を挟み、老中阿部正弘に幕政改革を訴えました。

 しかし東洋の改革は門閥打破・殖産興業・軍制改革・開国貿易等、富国強兵を目的とした革新的な改革でしたので、保守層やまた尊皇攘夷を唱える土佐勤王党とのあいだに政治的対立を生み、1862年土佐勤王党によって暗殺されました。

 次に薩摩藩。薩摩藩は1820年代には500万両という天文学的な数字の借財がありました。調所広郷(ずしょひろさと)は「負債は踏み倒す、新たに国産品を開発して増収を図る」という方針で改革に着手しました。前者に対しては債権者が大騒ぎをし、裁判沙汰にもなりましたが、調所は「私を殺すなりなんなりとしてくれ」と開き直り、また裏で幕閣に手をまわし、結局は承知させたそうです。

 国産品はなんといっても奄美の黒糖です。黒糖の専売制が実施されました。調所はこの他琉球を隠れ蓑とする密貿易にも手を染めっていたとか。



本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

こんにちは。
吉田東洋は、波瀾万丈な人生を送ったんですね。
細く長くではなく、太く短い生涯だったようです。
薩摩藩の借金には仰天しました。
調所が詐欺師に見えます(笑)
もし踏み倒せなかったら、歴史が変わっていたのでしょうか。

砂希 #- | URL | 2014/01/25 15:57 * edit *

今日は急な仕事が入り
多忙なので訪問だけで失礼します。

明日はゆっくり訪ねさせていただきます。

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/01/25 16:28 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
土佐藩は長宗我部氏の家臣出身者を冷遇してたこともあって、吉田東洋は土佐勤王党に殺されることになりましたね。
身分制度がこれほど厳しい藩は土佐藩だけだったようですね。
有能な人材がなかなか育たなかったのも上士と下士の差別がはっきりしていたからではないでしょうか。
薩摩藩にも同じようなことが言えますが^^
調所広郷は藩財政を立て直した人だということは知っていますが、領民への厳しい年貢徴収や11代藩主島津斉彬の足を引っ張ることもしてますね。
いわゆる「お由良騒動」もその一端ではないでしょうか。
父親の斉興と組んで斉彬になかなか家督相続をさせなかったようで(笑)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/01/25 18:14 * edit *

砂希さんへ

e-69砂希さん、こんばんは。
ホント吉田東洋は、波瀾万丈ですね。
土佐はこの後坂本龍馬を生みますが、身分制度がなかなか難しかったようで、

薩摩藩の借金はすごいです。
でも、これが薩摩だけではないところがまたすごい。

もし踏み倒せなかったら?
歴史かわったかもしれませんね(*^^*)

YUMI #- | URL | 2014/01/25 18:27 * edit *

よっちんさんへ

e-69よっちんさん、こんばんは。
お仕事でお忙しいところ、わざわざすみません。

YUMI #- | URL | 2014/01/25 18:28 * edit *

まり姫さんへ

e-69まり姫さん、こんばんは。
土佐藩はたしかに身分制度大変ですよね。
上士だ下士だと言っていたのでは、何かをなしとげることはできませんよね。
薩摩藩にしても長州にしても、そういうところをよく乗り切ったものだと思います。

YUMI #- | URL | 2014/01/25 18:31 * edit *

へぇぇ、幕末は土佐藩も、島津藩まで、経済的にはたいへんだったのですね。
政治としての明治維新には、こうした財政問題も裏にあったのかも知れない、なんていう気がしてきました。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/01/25 22:05 * edit *

土佐藩の郷士は
大変な生活を送っていたようですね

初代以降、悪政を代々繰り返した宇和島藩ですが
ようやく養子の宗城で名君が誕生したように思います
天嶬鼻砲台跡を見に行ったことがあります

FREUDE #LKD/1TcI | URL | 2014/01/25 22:19 * edit *

「金」が天下を動かした…。

YUMIさん。

こんばんは。「密貿易」についても、薩摩藩の財政を支えてた一つです。その中継地点になったが琉球です。琉球王朝は1609年、薩摩藩に武力でもって事実上の支配を受けることになります。(これは、江戸幕府の了解を取って行われています。琉球はその後も中国・清の冊封を受けていますが…。)

また、薩摩藩が幕末に向けて経済的に潤った理由の一つに“贋(にせ)金つくり”があります。どれだけ大規模なのかは知りませんが…。

しかし、この「贋金つくり」は、幕末に近くなると多くの藩がやっているようで…このように「贋金つくり」を大々的にをやってしまうと、当然、幕府の貨幣鋳造権はあやふやになり、国家(江戸時代は国家という意識はなかったでしょうが…)の信頼はなくなります。・・・本当にきわどいことを、何でもありでやっているみたいですね。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/01/26 03:10 * edit *

ディックさんへ

e-69ディックさん、こんにちは。
土佐、薩摩、肥前、長州、みな同じですね。
ここでの各藩の努力が、明治維新につながっていきますね。

YUMI #- | URL | 2014/01/26 15:20 * edit *

FREUDEさんへ

e-69FREUDEさん、こんにちは。
宇和島藩は最後に来て名君の誕生ですか。
もっと早くに出ていてくれればね…

YUMI #- | URL | 2014/01/26 15:22 * edit *

鹿児島のタクさんへ

e-69鹿児島のタクさん、こんにちは。
薩摩の贋金づくりの話も聞いたことありますが、本当の話なんですね。
詳しいお話ありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2014/01/26 15:24 * edit *

YUMIさん

幕府は薩摩藩に難工事を押しつけていたようですね。
参勤交代にしても、江戸に近い藩とは
必要な資金がまったくちがっていたでしょう。

しかし鹿児島を旅行したときには、
そうした困窮を感じさせない
ゆったりとした空気がありました。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2014/01/26 20:27 * edit *

takae hさんへ

e-69takae hさん、こんばんは。
薩摩からの参勤交代。
想像しただけで大変だと思います。
でもたしかに、鹿児島ではそんなこと感じさせませんよね。
と言っても、私鹿児島に行ったのはずいぶん前ですが…

YUMI #- | URL | 2014/01/26 21:45 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。