QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

妖怪 

文化・文政時代

 今日は文化・文政時代のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。


 今日は天保の改革と言えば必ず名前が出てくる鳥居耀蔵についてです。

 水野忠邦の天保の改革時、目付や南町奉行として市中の取締りを行います。まず1838年、江戸湾測量を巡って洋学者の江川英龍(太郎左衛門)と対立します。この時のこともあり、洋学者をたいへん嫌うようになったとか。蛮社の獄では渡辺崋山や高野長英ら洋学者を大弾圧することになります。1841年、南町奉行矢部定謙を讒言により失脚させ、その後任として南町奉行となります。

 天保の改革における耀蔵の市中取締りは非常に厳しくて、おとり捜査など常套手段だったとか。人々からは蝮の耀蔵、または妖怪(耀蔵 甲斐の守からきているとか)と言われ忌み嫌われました。前任の奉行矢部が人気があったようなので、よけいにでしょう。同じ時期に北町奉行だったのは遠山景元、遠山金四郎ですからこれまたよけい鳥居は嫌われるでしょうね。

 列強の侵略の危機感から、江川や高島秋帆らは洋式の軍備の採用を幕府に上申し採用されますが、耀蔵は反対。高島に密貿易や謀反の罪を着せ、高島は長崎で逮捕されます。牢では耀蔵が自ら取り調べにあたるなどして恐れられたそうです。

 水野が上知令を計画し、これが諸大名や旗本の反発を買った際、耀蔵は反対派に寝返ります。改革は失敗、水野は老中辞任となりますが、耀蔵はその地位を保ちました。

 しかしその後水野が再び老中として返り咲いた時、水野は自分を裏切り改革を挫折させた耀蔵を許さず、解任され、全財産没収の上讃岐丸亀藩主に預けられました。これ以降、耀蔵は明治維新の際に恩赦を受けるまで軟禁状態に置かれたそうです。

 彼を扱った小説やドラマも多いのですが、多くは悪役。そのなかで童門冬二さんの「妖怪といわれた男 鳥居耀蔵」はそうではないようです(すみません、未読です)。「国を改めるとは民に媚びれば改革の実は上らず、その施策を強行すれば人心は離れる」という立場からすれば、鳥居耀蔵も単なる悪役ではないのしょうか?


本日もお読みいただき、ありがとうございました。
応援のポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

歴史上の人物を煎り豆を食べながら…評価する…!

鳥居耀蔵…実はあまり知りません。(恥)
勉強不足だなあ~。

歴史上の人物を考えるとき、人は大なり小なり「善(好き)」か「悪(嫌い)」…を考えてしまうでしょう。

多くの人が、その人の立場で、その人の組織的背景の中で、一所懸命だったのでしょうね。私も、誰が好き…。嫌い…。とよく言っていますが、もう歴史上の人物になった人には、“反論”などしたくてもできませんから…。

勝海舟のように、「行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張…」と生きていきたいのですが…。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2014/01/17 05:47 * edit *

鳥居耀蔵のしたことは必要悪だったのかも知れませんが
陥れた言い伝えに事欠かないところを見ると
疑われても仕方がないと思っております

関わって死んでしまった人たちが気の毒で仕方がありません

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2014/01/17 08:43 * edit *

YUMIさん

うわ~こんなヤツ、私も嫌い!
と、思いながら読んでいましたが
確かに政治などは、あちらの話もこちらの話も聞いていては
寄って立つものがなくなります。

信じるものがあれば、突き進むしかないと思いますが、

いや、やっぱりこやつは、
信じるものが自分の地位なのではないかと思います。

預けられた先が丸亀藩とは!

大物は四国に流れてきますね(笑)。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2014/01/17 09:22 * edit *

「妖怪」とはすごい表現ですね(^_^;)

童門冬二さん好きなので「妖怪といわれた男 鳥居耀蔵」をいつか読んでみたいです!

しずか #- | URL | 2014/01/17 10:16 * edit *

こんにちは
鳥居耀蔵・・全く知りませんでした。
少々性悪の吾人でしょうか。
国政の要求と個人の利益は相反する場合が多く
少々利に走ったような感じもします。
ただ、小説の題材になるような人物ですから
それなりの力はもっていたような気がします。


 

jsk #gk2i27Ik | URL | 2014/01/17 10:34 * edit *

ちは(*^_^*)

鳥居耀蔵知らなかったです。妖怪とまで言われた南町奉行か。
同じ時期に北町奉行が遠山金四郎。。と聞いて、
うほぉ~~金さんて思っちゃった(´▽`*)アハハ
とにかくは、前任、金さんと比べられると、自ずと嫌われ者になっちゃうかも。。ですね。
水野が老中に返り咲き・・のくだりは、テレビの悪役退治のようでスカッとしたけど。。
確かに別書物にあるように。。良い面を見ると、ただの悪役とは言えない部分もあるのかも??ですね。
懸命に自分のやるべきことをするために、少々手荒で、強引であったがため・・民や関係者からは忌み嫌われ、
後世まで悪役として名が残ってしまうと思うと。。
ちと可哀想にも思えました。
歴史は語り継がれた事も多いですものね。それが。。真実かどうか・・は
本当、その時代に生きないと分からないのかもしれない。
それだけに、いろいろな説を見ると面白いですよね。空想してしまいますもの。
☆☆~☆☆

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2014/01/17 11:48 * edit *

こんにちは^^
鳥居耀蔵...初めて聞きました。
しかし..すごい名前をつけられましたね。

ヒール役は 必要ですからね...
ホントは..意外な一面もあったかもしれないですね^^

えむ #- | URL | 2014/01/17 12:08 * edit *

歴史上の人物を
一つの側面だけで
評価するのはよくないでしょうね。

吉良上野介といえば
大悪役の一人でしょうが
地元の吉良藩では
とても立派な名君として慕われてたんですよね。

応援ぽち

よっちん #aIcUnOeo | URL | 2014/01/17 19:29 * edit *

こんばんは!

鳥居耀蔵,始めて知りました。
妖怪とは、色々な面を持っていたのでしょうね?

政治には、ある意味、冷酷さも必要なのでしょうが、
難しいですね。

あの井伊大老も、幕府を思っての厳しさでしょうが、
度が過ぎると、大変な事になりますね。

梅サクラ #zwRScLrQ | URL | 2014/01/17 19:57 * edit *

鹿児島のタクさんへ

e-262鹿児島のタクさん、こんばんは。
鳥居耀蔵、あまりポピュラーではありませんね。
でも興味深い人物でしょ。
たしかに「善(好き)」か「悪(嫌い)」で考えてしまいます。
私はやっぱり嫌いですよ、鳥居は。
人間が小さくていけませんね。

YUMI #- | URL | 2014/01/17 20:04 * edit *

FREUDEさんへ

e-262FREUDEさん、こんばんは。
童門さんのことも書きましたが、やはり鳥居耀蔵は悪だと思いますよ。
殺された人も多くいたわけだし。
それが歴史上しょうがなかったとは言えないでしょう。

YUMI #- | URL | 2014/01/17 20:06 * edit *

takae hさんへ

e-262takae hさん、こんばんは。
私も嫌いです。
信じるものがあってやっていた?
なんかそれとも違うような気がしますよ。
それなら水野を裏切るか?
自分の保身のために。

YUMI #- | URL | 2014/01/17 20:09 * edit *

う〜む。ただのイヤな奴、に見えるなあ(笑)
高島秋帆の特集記事が以前Newton に掲載されており、その後たまたま彼の墓にお参りしました。そうか高島秋帆がひどい目にあわされたのは、こいつのせいだったか…。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/01/17 20:17 * edit *

耀蔵 vs 水野だったんですね。
失脚後、返り咲くとは強運の持ち主なのでは。
最後に笑うのは水野でした。
この時代、長い目で国を見る人は少なかったようですね。
自分の利益ばかりに気を取られ、政治は二の次なのではと疑問に思います。

砂希 #- | URL | 2014/01/17 21:13 * edit *

しずかさんへ

e-262しずかさん、こんばんは。
耀蔵甲斐の守=妖怪というのもすごいよね。
童門冬二さん私も読んでみたいです。

YUMI #- | URL | 2014/01/17 22:37 * edit *

jskさんへ

e-262jskさん、おはようございます。
鳥居耀蔵、なかなか興味深い人間でしょう。
少々というかだいぶ性悪のやつですよ。
jskさんの言われるように、自分の利にはしっている気がします。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:21 * edit *

TOMOママさんへ

e-262TOMOママさん、こんにちは。
遠山金四郎も、鳥居の前任者も人気者だったようなので、よけいに鳥居が嫌われ者になるところはあるかとは思いますが…
水野に仕返しされるのは、まるで小説のようですよね。
でもね、どうもやっていることを見ると、懸命に自分のやるべきことをやったとも思えなくて…
私にとてはこやつはやっぱり悪党です。
でも一度この小説読んでみたいですよ。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:25 * edit *

えむさんへ

e-262えむさん、おはようございます。
あだ名でも妖怪なんて呼ばれたくないよね。
ホントは意外な一面…
どうかな?
ずいぶんな自信家ではあったみたいですよ。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:28 * edit *

よっちんさんへ

e-262よっちんさん、おはようございます。
吉良上野介はお芝居の影響がすごく大きいでしょうね。
さて鳥居はどうでしょうか?
童門さんの小説読んでみたいですよ、どう書かれているのか。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:29 * edit *

梅サクラさんへ

e-262梅サクラさん、おはようございます。
政治にはたしかに冷酷さも必要なのでしょうが、どうも彼の場合はそれとも違うような気がするのですが…
井伊の場合は、安政の大獄は別として、間違っていたわけでもないと思うのですが、鳥居は個の怨みつらみも政治にかかわっているようで。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:32 * edit *

ディックさんへ

e-262ディックさん、おはようございます。
ただのイヤな奴に見えるでしょ?
それが素直な感情ですよ。
私だって書いていて、やっぱり嫌な奴だもの。
洋学者が大嫌いだったようですよ。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:34 * edit *

砂希さんへ

e-262砂希さん、おはようございます。
水野はよっぽど鳥居が憎かったのでしょうね。
まあ、そりゃそうだと覆いますが…
自分の利益ばかりに気を取られ、政治は二の次…
なんか現代のことを言っているような。

YUMI #- | URL | 2014/01/18 07:37 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
昨日はお邪魔できなくて申し訳ありませんでした^^
私は金さん派ですから妖怪鳥居耀蔵はとくに好かない人物です(笑)
妖怪というと、つい昭和の妖怪岸信介を想像してしまいますね~
鳥居暗殺説もあり、丸亀藩預かりになったのは別人だという研究家もいるようですが、どちらにしても庶民を徹底的にいじめた事実だけは消せないですから、嫌われるのではと思いますね(*^^)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2014/01/18 17:08 * edit *

まり姫さんへ

e-262まり姫さん、こんにちは。
まあ、普通鳥居耀蔵は好きじゃないですよね。
でもまあ、死んでまでも妖怪と言われて、そういう風にはなりたくないな(+_+)

YUMI #- | URL | 2014/01/18 17:17 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。