QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

大黒屋光太夫 

列強の接近

 今日は列強の接近のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日から列強の接近のお話です。
 19世紀になると欧米各国のアジア進出は激しさを増してきます。1840年イギリスはアヘンの持込を禁止した清に対してアヘ ン戦争をおこし、清を屈服させ、1842年には南京条約を結んで清を開国させました。続いてフランス、アメリカも清に迫って同じような条約を結び、1860年には太平天国の乱に乗じたイギリス・フランスの連合軍が清を攻め、北京条約によりイギリスは九竜を割譲させましたが、この時ロシアは沿海地方を手に入れました。インド、インドシナの諸国もヨーロ ッパ諸国の武力の前に屈して植民地化されていきました。

 こうした欧米のアジア諸国を植民地化する動き、日本に関係がないわけはありません。いくら日本が鎖国していても。

 ますはロシアの動きから。
 1701年頃、ロシアは日本人漂流民の伝兵衛らと出会います。1705年、サンクトペテルブルクに日本語学習所を設置します。1739年、ロシアは仙台や安房沖に接近し、江戸幕府は沿岸防備を強化します。また逆に日本も、北方に「おろしや」という国があることを知るようになります。1764年、日本航海学校を設置、1768年、日本語学校を設置と、日本に対する関心が高まります。1771年、ベニョフスキー事件。これはカムチャツカに流刑されたベニョフスキーがロシアの南進策を強調した書簡を長崎オランダ商館に送ったものです。1778年、ロシア船は蝦夷地を訪れ直に通商を求めましたが、翌年に松前藩はそれを拒否しました。工藤平助は『赤蝦夷風説考』を著述し。また時の老中田沼意次も北方に関心を抱き、蝦夷地調査などを開始しますが、まもなく田沼は失脚します。1783年、日本の船頭大黒屋光太夫が航海の途上に漂流してアリューシャン列島に漂着します。一行はロシア人によって保護され、1791年には女帝エカテリーナ2世と謁見しました。光太夫は帰国を望んでいました。 1792年、ロシア使節アダム・ラクスマンに伴われ、根室に着きました。ロシアは漂着民を届け、通商交渉を狙いましたが、再度断られ、老中松平定信は周辺を巡視させました。

 ロシアの動き、もうすこし続きます。


コメントは左下にあります。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

不凍港が欲しいロシアは
日本を植民地にしたくて当然だったことでしょう

思えば幕末、よく日本は攻められなかったものです
武力で弾圧など
列強諸国のいずれも簡単だったことでしょうに

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/12/23 08:07 * edit *

十把一絡げは危険と承知していますが
清もロシアも一筋縄ではいかない国ですね。
国民ひとりひとりは、心が熱いようですが
政治となると裏の裏がありそうです。

この時代に、日本はよく、ロシアに強く対応できたものだと思います。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/12/23 08:41 * edit *

この時代の日露関係が見えてきました。
光太夫は貴重な体験をしましたね。
生き延びただけでもラッキーなのに、エカテリーナ2世と謁見できたなんて。
元気なうちに、モスクワの聖ワシリイ大聖堂を見たいです。
光太夫が漂流した時代に、この大聖堂はすでに存在していましたが、見ていないかな??

砂希 #- | URL | 2013/12/23 10:47 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/12/23 11:35 * edit *

YUMIさま^^こんにちは~♪

大黒屋光太夫が無事に帰国できた経緯など、
大国ロシアの動きが気になります。

先日、東郷神社で日露戦争での三笠の弾痕を、
見てきたばかりでしたので。。。
先ほどは、ありがとうございました。。。

紗真紗 #- | URL | 2013/12/23 15:26 * edit *

大黒屋光太夫を描いた
井上靖の「おろしや国酔夢譚」は
小説も映画もよかったです。

もう一度
ゆっくり読みたい一冊ですね。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/12/23 17:08 * edit *

YUMIさんこんばんは~~♪
19世紀の欧米列強がアジアの植民地化した歴史はひどいものですね。
これが20世紀を超えて、現在も影響力を行使していることに驚きを覚えます。
幕末維新時のイギリス・フランス・アメリカ・ロシアの動きもその延長線上だったのでしょうね(*^^)

当時のロシアは超大国でしたから、日本はよく侵略されなかったものだと思います。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/12/23 17:44 * edit *

江戸時代にロシアの女帝と面会した日本人がいたのですねぇ。
しかしまあ、いつもあの国は乱暴! 歴史上、ずっと領土拡張主義だから気をつけないと…。
絵が、ぬぬっと出てくるのが、すごいなあ、なんて…。Power Point が一般化してきたのはぼくが本業の現役から遠ざかった頃でした。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/12/23 18:37 * edit *

FREUDEさんへ

e-262FREUDEさん、こんばんは。
ロシアが日本を狙うのは当たり前だと思います。
本当に、この時代攻められてもしょうがなかったですね。
戦争になったのが日露戦争の時代でよかったです。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:23 * edit *

takae hさんへ

e-262takae hさん、こんばんは。
清もロシアも一筋縄ではいかない…
今の中国もロシアも一筋縄ではいかないですね。
難しい国々が隣国なものです。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:25 * edit *

砂希さんへ

e-262砂希さん、こんばんは。
私もロシアは行ってみたいなー。
光太夫とかジョン万次郎とか、いい体験ができましたね。
漂流は大変だったろうけど。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:27 * edit *

鍵コメjさんへ

e-262鍵コメjさん、こんばんは。
本当によくこの時代植民地化されなかったものです。
貴重なご意見ありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:29 * edit *

紗真紗さんへ

e-262紗真紗さん、こんばんは。
このロシアとこのあと戦うのですよね。
この時でなくて良かった。
ロシア史は近現代では重要ですものね。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:31 * edit *

よっちんさんへ

e-262よっちんさん、こんばんは。
「おろしや国酔夢譚」は私も大変面白いと思います。
歴史小説は大好きです。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:32 * edit *

まり姫さんへ

e-262まり姫さん、こんばんは。
本当に植民地化の歴史はひどいものですね。
大国だけが国といった感じは現在でもありますけどね。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:35 * edit *

ディックさんへ

e-262ディックさん、こんばんは。
江戸時代にエカテリーナに会うって、プーチンに会うどころの話じゃないですものね。

パワーポイントはあのアニメーションがおもしろいので、つい使ってしまいます。

YUMI #- | URL | 2013/12/23 19:37 * edit *

感想等

日本にとって外圧とは、ペリー来航を思い出しますが、米国より、「おろしあ」の方が先なのですね。

それにしても、よく分からないのは、中国について言えば、「アヘン戦争」「アロー号事件」等、イギリスに“いじめ”られていますが、あまり現在、その「恨み」を持っていないように感じるのはなぜなのでしょうか。

それにしても、蘭学者等を中心に日本の独立が危ないことを盛んに著書等にするのですが、幕府の弾圧はひどいもんですね。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2013/12/24 03:24 * edit *

鹿児島のタクさんへ

e-262鹿児島のタクさん、おはようございます。
言われるように、中国にしても韓国にしても、怨みは日本にむかっていますね。
韓国の場合、中国の方が、ずっと長い間、苦しめられてきていると思いますが。
最後に苦しめた国にきもちは向くのでしょうか。

YUMI #- | URL | 2013/12/24 07:04 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。