QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

入会地の重要性 

諸産業の発達

 今日は江戸時代の諸産業の発達のスライドです。

 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。


 今日は江戸時代の林業の発達です。
 各藩は山林を管理し、保安林、伐採の規則を決め、林産資源保存、杉、桧の植林に努め、挿スギ、挿ヒノキなど造林技術指導を行い、村総出の植林作業を行い、幕府直轄の御林(おはやし)でも材木奉行がこれを管轄しまし。林業の発達の要因には、都市の発達による需要増(とくに江戸の大火後の復興など)、鉱山での精錬用、都市での燃料用に薪や炭の生産の拡大が求められていました。日本の木材の産地では、木曽(檜)、秋田(杉)、飛騨(檜)、 吉野(杉)、熊野(杉)があげられます。また、農民にとって死活問題である入会権論争に入会地を守るため地図を作成し、訴訟に備えたそうです。

 入会地論争とは、江戸時代には、ほとんどの村で入会地を持っていました。当時の生業は農業が中心ですが、煮炊きには薪や炭を使っていたので、野山に強く依存し、そこに繁っている木々や萱(かや)、ススキなどは大切な資源でした。春には、さまざまな山野草が芽を出すので、厳しい冬を耐えしのいだ人々にとっては、おいしい食べ物を与えてくれる場所でもあり、また秋には、さまざまな木の実が採れる場所となり、落ち葉もたい肥の原料として掃き集められました。生木を勝手に伐採することはできませんが、枯れ枝は煮炊きや暖房に使うための、大切な燃料として利用されました。さらに、屋根を葺く萱も、入会地に生えているのを刈り取っていました。このように人々にとって大切な入会地は、時によっては、範囲や利用について、他との論争が起こることもありました。そのため人々は、自分たちの生活の基盤となる入会地を守るための地図を作成し、訴訟に備えました。

テンプレートを変えてみました。
コメントは左下にあります。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

[edit]

元神戸市の職員だった作家の先生に
六甲山の歴史を教わったことがあります

太閤秀吉が発したお触れにより
六甲山の植物を自由にとって良いとのこと、
近代まで六甲山は草も生えない禿山だったようです

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/12/19 08:53 * edit *

こんにちは。

江戸時代の入会地や秣場の境界争いは結構例が多く、奉行所の面々の印がずらりと押された裁許状が地元に残っていたりしますね。今の市境などのルーツがそこに見られたりするなど、地方史を紐解く時には重要な史料になりますね。

kanageohis1964 #- | URL | 2013/12/19 09:15 * edit *

こんにちは^^

YUMIさんの教えてくださる
歴史は全く 違う視点で知る事が出来ます。



確かに...山は資源の宝庫ですもんね。
今でも 大事な場所であり、守らなければならないと思います。

えむ #- | URL | 2013/12/19 10:12 * edit *

ちは(^-^)

そっかぁ~~今ではあまり必要のない、枯れ木とかも
昔は薪に使うんですものねぇ~~
大切な資源だよね。
山って。。どこから・・どこまでという区切りをつけにくいでしょうから。。それを区切って。。て大変だったでしょうねぇ~~
少しの範囲差で、とれ高が違ったりするものねぇ。
自然の草や木の実は食料として大切だものねぇ。。
今でも松茸泥棒~~とか?あるんだから。。
その頃はきっとコソっっとての多かったでしょうねぇ。
そんな風に色々想像しちゃった(*^_^*)
YUMIさんの教えてくださる話は知らない事ばかりで
本当楽しいです。☆☆~☆☆

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/12/19 10:48 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/12/19 12:59 * edit *

YUMIさんこんばんは~~♪
飛騨と木曾の二つが私の県にかかわってます。
飛騨の杉は元々高山藩の貴重な収入源でしたが、幕府によって金森家が改易され、幕府直轄の支配(天領)にされました。
高山市内に国内で現存している唯一の高山陣屋は当時の藩邸です。
木曾檜は現在も生産されていますが、すべて裏木曾です。
これは尾張藩直轄領で飛び地になってました。裏木曾にあった苗木藩や岩村藩は檜の伐採・植林も許されてなかったそうです。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/12/19 17:35 * edit *

YUMIさま^^こんにちは~♪

山々は自然豊かであることが
考えてみますと、人の生きる宝庫なのですね。

いつも、YUMIさまからは、
違った角度からの解説ですので楽しくお勉強になります。
雪にならなくてよかったです^^ありがとうございます~♪

紗真紗 #- | URL | 2013/12/19 18:08 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
六甲山って、禿山だったんですか…
歴史を知らないと、なんで?ですね。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:21 * edit *

kanageohis1964 さんへ

kanageohis1964 さん、こんばんは。
郷土史をやる上で、入会地や秣場の境界争いは重要なんですね。
私ももう少し郷土史も勉強しなければと思うのですが。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:24 * edit *

えむさんへ

えむさん、こんばんは。
いやいや、もっと違う視点でみなければいけないとおもっているのですが…

山は大切ですね。
資源が枯渇しないようにしなければねと思います。
写真撮るにも大事な場所ですよね。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:26 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんばんは。
薪、私の小さい頃は薪で炊くお風呂だったんですよ。
思いだしました。

今でも松茸泥棒って聞きますよね。
まあ、松茸はねー。欲しいけど…
でも、いけないですよね(*^^*)

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:30 * edit *

鍵コメhさんへ

鍵コメhさん、こんばんは。
ホント日本は山の国ですものね。
どううまく使うかは、古代からの課題だったのでしょうね。

メール届きました。
ありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:32 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
そうですよね、山林の話だったら、まり姫さんの地元ですものね。
詳しいお話をありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:34 * edit *

紗真紗さんへ

紗真紗さん、こんばんは。
本当に山の資源が枯渇しないように努めないといけないです。

ホントに雪にならなくてよかったです。
でも、寒いです(>_<)

YUMI #- | URL | 2013/12/19 18:35 * edit *

限りある資源を守ろう、ということですが、東シナ海なども「入会海」として、協力して資源を守ろう、という方向へいけるとよいのですが…。
まあ、無理でしょうね。

これなら大きめの写真も掲載できますね。
Photoshop Elements などを使って、最終的に見てもらいたい大きさの画像にしてからアップするのが一番きれいです。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/12/19 20:13 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
そうですね、国際的にも入会地、入会海の発想ができれば、ずいぶん違うでしょうね。
でも、村単位だから、入会地も可能なのかな。

いろいろとありがとうごあいます。
大きめの画像で恥ずかしくない写真を撮らなければと思っています。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 20:21 * edit *

テンプレートが変わると
ずいぶん雰囲気が変わりますね。

私もずっと同じテンプレートなので
気分転換してみようかな(^^)

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/12/19 20:29 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
そうですね、テンプレートでずいぶん違いますよね。
少し大きな写真が載せられるようなテンプレにしました。

YUMI #- | URL | 2013/12/19 23:37 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。