QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

手鎖の刑 

寛政の改革


 今日は寛政の改革のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスしてください。

  この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 久しぶりに歴史授業を。
 寛政の改革が途中で終わっていますので、今日は出版統制の話を。

 出版統制にあたっては、幕府は民間出の戯作者を狙い打ちにします。その筆頭が深川木場の質屋の子として生まれた山東京伝と(さんとうきょうでん)人気書肆蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)です。京伝は蔦屋とのコンビで洒落本の第一人者となり、彼の著作物は製本で綴じるそばから売れるという異常な人気を集めていました。

 反骨精神の旺盛な京伝は松平定信をモデルにした天明八年刊「富士人穴見物」や、寛政異学の禁を揶揄した寛政元年刊「孔子縞于時藍染」で当局を刺激し、寛政三年刊「仕懸文庫(しかけぶんこ)」などの洒落本(しゃれぼん)三冊が摘発されました。京伝は手鎖(てぐさり)50日(在宅のままひょうたん形の手錠をはめられる)刑に処せられ、版元の蔦重は書籍絶版の上、財産の半分没収という苛酷な刑を受けました。以降、京伝は筆を折り、蔦屋は錦絵中心の経営にシフトします。ここで大活躍したのがほぼ蔦重専属のスター絵師喜多川歌麿(きたがわうたまろ)でした。歌麿は栃木から戻ると春画をやめ、蔦重から「浮気の相」「婦人相学十躰」「歌撰恋の部」などの美人画シリーズを次々に産み出しヒットさせました。しかし寛政二年、出版に関する奢侈禁止令によって、多色摺版画、美人大首絵、花魁画などの華美な錦絵が禁じらることとなりました。

 さらに寛政四年には一枚絵に実在の女の名前を表示することが禁止され、さらに過度の重ね摺りの禁止、赤色の使用禁止が発令されました。赤色の禁止は歌麿に大きなダメージを与えます。歌麿は創作意欲を失います。代わって登場したのが武家出身絵師の鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)です。栄之を売り出した版元は芝神明前三島町に店を出す和泉屋です。和泉屋は貞享年間に創業した老舗で、蔦重の強力なライバルでした。栄之は赤色抜きの「紅嫌い」と呼ばれるエキゾチックな版画を編み出し、和泉屋は蔦屋・歌麿の不振を尻目に栄之の美人版画を次々と売り出しました。

 寛政の出版統制、次回も続きます。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

[edit]

今にしてみれば愚かな統制なのでしょうが
当時の幕府は庶民の底力に戦々恐々と対策を練ったことでしょう
庶民が本当に団結して立ち上がれば
政治がひっくり返るかもしれませんし

   今日も楽しく拝読させていただきました
   復帰を嬉しく思う読者のひとりです 

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/11/07 08:19 * edit *

手鎖の刑! これはつらいでしょうね……
創作家の創作意欲をそぐさまざまな工夫に

頭は他に使え、と、怒りを禁じ得ません。

その点では、現代のほうが良い時代なのでしょうね。

手鎖の刑でもないのに
なかなかブログを更新できず
お恥ずかしい限りです。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/11/07 09:38 * edit *

ちは(*^_^*)
なんて。。情けないいじめっ子のような統制なんでしょ。
絵や著書にこんなに厳しい統制があったとは
知らなかったです。
能力のある人達への恐れもあるのかな・・・?
真の目的はなんだったのだろう??と思ってしまいますね。
著作者の制作意欲を剥ぎ取っても。。
その中を逞しく生き抜いた芸術家がいるから。。
たくさんの作品が残されているんですね。

先日は、ブログ2周年に温かい言葉をありがとうございます。嬉しかったです(*^_^*)
これからも、拙いブログですが、どうかヨロシクお願いします<(_ _)> (*^_^*)v☆☆~☆☆

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/11/07 12:33 * edit *

こんにちは!
お帰りなさいませ~~
最後にハプニングはありましたが、
でも、乗ったことがないビジネスクラスとは、
それはそれで、羨ましいです!

今日の授業、
お上からのいろんな圧力があるのは、
いつも同じですね。
でも、そんな中でも頑張ったアーティストに
現代からエールをおくりたくなりました。

Harvest Moon #- | URL | 2013/11/07 12:53 * edit *

こんばんは~~♪
久しぶりの日本史ですね^^
寛政の改革ってあまりいいものじゃなかったと思わざるを得ませんね。
江戸時代の特徴なのかもしれないけど、庶民の楽しみを奪うことだけは多かったような・・・・

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/11/07 17:36 * edit *

YUMIさま^^こんばんは~♪

今日も、愉しく読ませていただきました。
統制ばかり強いる、お上、
当たり前に文化を取りいれることができないのですね。
芸術の強さを感じました次第です。
いつも、ありがとうございます(*_*;~!

紗真紗 #- | URL | 2013/11/07 17:43 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
庶民の底力に戦々恐々としたのは、幕府は間違ってはいないでしょうね。
幕府のことだけを考えれば。
どの時代も、庶民の力は偉大です。

やっと日本史の記事を載せられました。
1か月以上お休みしてしまいましたので…

YUMI #- | URL | 2013/11/07 18:58 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
手鎖の刑、いやですね。
ホント作家の創作意欲をそぎますよ。
山東京伝が嫌になったのもわかります。
言論の自由なんてあったもんじゃないですからね。

YUMI #- | URL | 2013/11/07 19:01 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんばんは。
ホント情けない統制だよね。
芸術に統制をかけるか?
能力のある人達への恐れというか、文学には庶民を動かす力もありますからね。
いやになってしまった人もいるだろうけれど、その中をたくましく生き抜く人もいますからね。

こちらこそ、これからもよろしくね。

YUMI #- | URL | 2013/11/07 19:04 * edit *

Harvest Moonさんへ

Harvest Moonさん、こんばんは。
ビジネスクラス、超楽ちんでした。

芸術は、規制しようとしても難しいでしょう。
アウトローですものね。
現代からぜひエールを送りましょう。

YUMI #- | URL | 2013/11/07 19:06 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
1か月以上お休みしてしまいました、日本史。
寛政の改革、たしかにあまりいいものはありませんよね。
大衆文学なんて、庶民の数少ない娯楽。
それをとってしまうとはね…

YUMI #- | URL | 2013/11/07 19:10 * edit *

紗真紗さんへ

紗真紗さん、こんばんは。
幕府は統制するしかないのかもしれませんが、統制されても庶民はしたたかだと思いますよ。
たしかに芸術はすごいです。

YUMI #- | URL | 2013/11/07 19:11 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/11/07 20:02 * edit *

庶民の楽しみ

出版統制は庶民の楽しみを奪ったんですね。
ヒット商品がなくなったらガッカリします。
しかし、作者はもっとショックです。
創作意欲がなくなると、生きる意味まで見失いそう…。
こんな規制があったとは知りませんでしたよ。

砂希 #- | URL | 2013/11/07 20:48 * edit *

平凡社新書に『江戸の本づくし』というのがあって、山東京伝の黄表紙『御存商売物』(ごぞんじしょうばいもの)の読み方(見方)をていねいに解説しているのです。これがおもしろくて、先日読み終えました。
そこへこの記事!
山東京伝がどんなことをやっていたかわかっているので、とても興味深く読みました。
また、横浜美術館には片岡球子さんが描いた『蔦屋重三郎」の絵がありまして、彼が版元としてキーマン的な役割を果たしていたことも承知しています。『江戸の本づくし』でも触れていました。
分け入れば分け入るほど、興味が湧いてきます

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/11/07 21:09 * edit *

こんばんわ
芸術を・・取り扱う商人が金銭的に豊かになるのが
幕府に不都合だったのでしょうか。
武士が、商人に金を無心するドラマをよく見ましたが
商人の台頭は予測できなかったのでしょう。
それにしても、次から次と雑草のようにわき上がる
絵師の力は凄いですね。

jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/11/07 22:21 * edit *

押さえつけても押さえつけても
庶民はしたたかで逞しいですよ。

特に大阪は
商人の力が強かったので
「幕府がなんじゃい」という
反骨心が強かったようですね。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/11/07 23:11 * edit *

鍵コメhさんへ

鍵コメhさん、おはようございます。
気を付けてね。

YUMI #- | URL | 2013/11/08 04:53 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、おはようございます。
本当に、作家に書くなと言うなんて、死ねというようなものですよね。
現代だって、人気作家の新作が強制的に出ないとしたら…
そりゃ庶民はショックだわ。

YUMI #- | URL | 2013/11/08 04:56 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、おはようございます。
私は古代史が好きで、江戸はあまり得意ではないのですよ。
でも最近、俄然江戸に興味がわいてきました。
本当は一番おもしろい時代かもしれません。

YUMI #- | URL | 2013/11/08 04:59 * edit *

jskさんへ

jskさん、おはようございます。
蔦谷はすごく儲けましたからね。
幕府はそれも面白くなかったでしょうね。
絵師は庶民の代表ですね。
ホントたいしたものです。

YUMI #- | URL | 2013/11/08 05:02 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、おはようございます。
そうでしょうね、大坂はまた江戸とは違うと思います。
「幕府がなんじゃい」って、いいですね。

YUMI #- | URL | 2013/11/08 05:04 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。