QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

タスマニアの負の歴史 

 ホバートにはタスマニア博物館&美術館があります。ここの展示品の目玉は、アボリジニとタスマニアタイガーです。

 タスマニアタイガーは正式にはフクロオオカミ。タスマニアだけに生息していましたが、1936年に絶滅しました。背中に虎を思わせる縞模様があることから、タスマニアタイガーといわれます。大航海時代が訪れ、ヨーロッパから入植者が住み着くようになると、彼らの羊などの家畜を襲うタスマニアタイガーを目の敵にしました。1888年から1909年までは懸賞金がかけられ、2,184頭ものタスマニアタイガーが虐殺されたそうです。1930年に、唯一と思われる野生個体が射殺され、次いでロンドン動物園の飼育個体が死亡し、絶滅したと思わましたが、1933年野生個体を再度捕獲。ホバートの動物園に移されるも、1936年に死亡し、絶滅となったそうです


 はく製や最後のタスマニアタイガーの写真が残っていますが、人間とはなんとひどいことをするものかというのが、正直な感想です。

タイガー1

タイガー3

タイガー2

 ブラック・ウォー(Black War)という言葉があります。タスマニアで1800年代前半に起こったイギリス植民者とタスマニアン・アボリジニの争いのことです。タスマニアン・アボリジニは小島に移住させられ、ほぼ絶滅させられました。最も激しい衝突があったのは1820年代で、特にこの時期をブラック・ウォーと呼ぶことが多いそうです。

アボリジニ4

アボリジニ3

アボリジニ2

アボリジニ1

 タスマニアタイガーにしてもアボリジニにしても、今のタスマニアにとっては負の歴史です。なかなか見ごたえのある展示品でした。
スポンサーサイト

[edit]

おはようございます。

YUMIさん!
勉強になります。

自然の中で生きて
自然を壊していくのも人なんでしょうね...。

えむ #- | URL | 2013/10/22 07:22 * edit *

肉も魚も食べるために殺してしまう人間は
食物連鎖の頂点と言われています
どのあたりで割り切るか、なのでしょうが
せめて残さずいただきたいものです

そう思うと自然に
「いただきます」を言ってから食べるようになりました

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/10/22 07:40 * edit *

YUMIさま^^こんにちは~♪

今日は、博物館へと、とても勉強になります。

YUMIさま凄いです。
日替わりで豊かな旅をされておられます。
いつまでおられるのでしょう。お気をつけてくださいね。

紗真紗 #- | URL | 2013/10/22 14:38 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
アボリジニへの差別はシドニーオリンピックの頃でもあったそうですね。
原住民も野生生物も移住者にとっては邪魔な存在だったというのは、大英帝国特有の観念だったようですね~
北米大陸でも同様のことが起ってましたものね。
負の遺産もしっかり見られているのはいいですねσ(゚ー^*)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/10/22 17:46 * edit *

こんばんわ
アボリジニ・・オーストラリアの原住民ですか。このころは西欧列強による植民地政策により、力のない民族の多くは滅びていったんでしょう。
タスマニアタイガーも同じ運命ですね。北海道ではオオカミの被害が多く、肉に毒を入れて駆除したと聞いています。
現在では、エゾシカの天敵がいなくなり、エゾ鹿の被害で苦労しています。難しい問題ですね。

jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/10/22 19:20 * edit *

世界中の人たちは
いつまで「アボリジニ」と
彼らを呼ぶのでしょうね。

エスキモーはイヌイットに
インディアンはネイティブ・アメリカンになったのに…

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/10/22 21:30 * edit *

うーん、タスマニアは自然が美しいだけではないのですね。
悲しく悲惨な歴史ががある。
人間はほんとうに罪深い存在です。

なるほどエスキモーがイヌイットになった経緯から考えると、
アボリジニという名称は、変更されて当然ですね。
いや~こちらではいつも勉強させていただいています。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/10/22 23:14 * edit *

コメントをくださったみなさんへ

アボリジニもそうですが、タスマニアタイガーはみていて、本当に悲しくなりました。
タスマニアの美しい自然は、こうした悲しい歴史があって、存在するのですね。

YUMI #- | URL | 2013/10/23 05:29 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。