QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

契沖 

 今日は元禄文化のお話を。契沖(けいちゅう)についてです。
 契沖は国学の出発点ともいえる人ですが、あまり知られていないのではないでしょうか。のちの本居宣長(もとおりのりなが)にも大きな影響を与えました。

 契沖は11歳で出家、高野山で修行しました。その後放浪の旅にで、また高野山にも戻りますが、長くはとどまらなかったそうです。堕落した当時の僧侶の世界に耐えられなかったからだといわれています。

 その後契沖は学問に専念するようになります。水戸藩の徳川光圀の依頼により、万葉集の注釈書「万葉代匠記」をあらわしました。これはのちの国学者たちに大きな影響を与えます。

 和歌に関して「はかなき事をよむは歌のならひなれど、さりとてことわりなき事をよむことなし」と述べています。和歌は人の心を表現したものですが、その中に人間性の本質としての理法が示されているというのです。

 契沖のあと、賀茂真淵や本居宣長が出てきます。本居宣長についてはまた後日触れたいと思いますが、彼はこんなことを言っています。中国の書物では人間の心を論理的に理解する。でも、人間が思いめぐらすことは、くだくだしく、乱れあっていて、陰鬱の多いものだ。それをすべて細かく描写したのが日本の古典である。だからこれを学ぶべきだと。

 私は古事記や万葉集が大好きです。その好きな所以はこんなところにあるのでしょうか。

 また契沖は歴史的に正しい仮名遣いの例を万葉集や日本書紀・古事記などから拾い、分類しました。この表記法は「契沖仮名遣」と呼ばれ、後世の歴史的仮名遣の成立に大きな影響を与えたそうです。



 昨年、一昨年の今日、いったい何をしていたのか、何を考えていたのか比較するのも面白いかとおもいまして、過去の記事をリンクすることにしてみました。

 2012年8月16日の記事



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

その契沖が
今の日本人の姿や
日本語の乱れを見たら
なんと言うでしょうねぇ。

恥ずかしい限りです。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/08/16 06:54 * edit *

年齢が近いせいか、よっちんさんのコメントに
共感することが多い私です

NHKのテロップに「すいません」表記が出る時代ですから
かつて簡体字やハングル語の登場で思考力の減った民族のように
日本人も考えなくなるような気がします

一部の、考える人々は存続する訳ですから
その差が開いてくるような気がします

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/08/16 07:55 * edit *

弘法大師が偉大な人物であることは間違いないですが、
矛盾多き人物でもありますね。私自身は、
南無大師遍昭金剛と唱ずるのにためらいがあります。

学問にも国民性が表れるのでしょうか。
陰鬱があるという表現には、納得です。

その陰鬱の中に個人の考えが吸収されるなら
日本の古典、学問は懐が深いですね。

理で解ききれない曖昧さを
大切に感じます。

takae h(fullpot) #eVGPBDOs | URL | 2013/08/16 12:16 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちは。
契沖や本居宣長が古事記や万葉集に求めるのは、その自然な心ですが、今の日本人は、いろいろなものに毒されてしまったのでしょうかね。
万葉集の純粋な心に戻りたいものです。

YUMI #- | URL | 2013/08/16 12:47 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんにちは。
日本人は考えないと思いますよ、私も含めて。
グローバル化などと言っても、考える民族とはたちうちできませんよね。

YUMI #- | URL | 2013/08/16 12:49 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんにちは。
私が今読んでいる本では(米人が書いたものですが)、アニミズムや多神教を一神教よりも劣るものと見下した言い方をしています。
多神教である神道は、でも、日本人の良さを表していると思います、私は。

理で解ききれない曖昧さが、日本の良さなのではないでしょうか。

YUMI #- | URL | 2013/08/16 12:54 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
まさか契沖が出てくるとは驚きました。
本居宣長や賀茂真淵なら誰でも知っていると思いますが、国学に行くとは予想してなかったです(;^ω^)
日本人の曖昧さはいい面と悪い面の両方あるのではないでしょうか^^

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/08/16 17:19 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
そうでしょー。意表をついたでしょ"(-""-)"
日本人の曖昧さはいい面と悪い面の両方あると思います、たしかに。
現代においては悪い面のほうが強いかもしれませんね。

YUMI #- | URL | 2013/08/16 17:55 * edit *

少し外れますが、本日はサントリー美術館の『谷文晁展』というのに行きまして、どの絵だったか…(石山寺縁起絵巻だったような気がしますが)、万葉仮名の読み方がわからず匙を投げて帰ろうと言うときに、馬方の会話から、「左右」は「まで」と読むのだとわかった、というところを絵にした、というのがありまして、万葉仮名の解読って、そうした先人たちの努力の累積なんだなあ、と思ったのでした。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/08/16 22:23 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/08/16 23:50 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、おはようございます。
暑い中、東京までいらしたのですね。
私も今回調べるまで、歴史的仮名遣いが契沖や古くは定家の名前も出てきましたが、そういうところまでいくとは思いませんでした。
このブログを書くために勉強し直して、新たな発見もけっこうあります。

YUMI #- | URL | 2013/08/17 07:50 * edit *

鍵コメさんへ

鍵コメさん、おはようございます。
うわー、楽しみです。
契沖の言っていること、たしかに私もすとんと落ちる感じです。
1年前の記事、笑っちゃうでしょ。
でも、効果ありですよ。

YUMI #- | URL | 2013/08/17 07:53 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。