QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

人間としていかに生きるべきか 

 今日は元禄文化です。儒教のお話を。
 江戸時代にはいって、儒教の道徳思想が社会に普及していきますが、これは幕府が保護したり奨励したりしたからではなく、近世という新しい社会組織のなかで、「人間としていかに生きるべきか」という精神的課題が人々の心の中に自覚されるようになったからだといわれます。

 この要求に応したのが儒学です。そしてそれを教えることができたのは、五山や足利学校で儒学を学んだ禅僧たちでした。林羅山の師藤原惺窩(せいか)は、もともとは五山の僧です。羅山は出家していませんでしたが五山で修行しましたし、家康は羅山を登用するときに僧侶の姿で出仕することを命じたそうです。

 儒学のなかでも朱子学は、中国の11〜12世紀、新たに政治の世界に登場した新興の知識人階級に浸透した新しい儒学ですから、日本の近世において道徳の指針を求めていた日本人には受け入れやすかったのでしょう。朱子学の理論は、道徳の原理(理)と、人の心の本性(性)は同一のものであり、その「理」をきわめてゆくことは、同時に自己の心の本性を正しく活動させるようにすることで、そうした努力をつめば、自己の心の本性にしたがって行動すれば、道徳的に正しい行為を実践できるというものです。

 しかし、これをつきつめていけば、心の本性の働きを妨げるものとして、感情や欲望にとらわれず、心身をひきしめることが必要であるとされ、少し窮屈なものとなります。陽明学や古学があらわれてくるのは、こういうところからだそうです。

 山鹿素行、伊藤仁斎らは儒学の古典の原文を直接研究し、その真意を探求しようとしました。「古学」といわれます。古学派は元来の孔子・孟子の学問に帰ろうと訴えます。彼らは、「理」や「性」といった抽象的なものではなく、人間の生き方を、具体的な社会での活動に即して考えるべきだと主張しました。

 陽明学派の祖とされるのは、中江藤樹です。陽明学は良知を行為によって実現する知行合一の考えに基づくものです。良知というのは、人間に生まれながらに備わる善悪を判断する能力で、これをはたらかせることを致良知といいます。この良知に基づいた行為は、孝を根本としながら、時と処・位(地位や能力)に相応する正しい倫理実践があるべきと説きます。


 昨年、一昨年の今日、いったい何をしていたのか、何を考えていたのか比較するのも面白いかとおもいまして、過去の記事をリンクすることにしてみました。

 2012年8月15日の記事

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

[edit]

江戸時代に徹底された
道徳観、倫理観は
今の私たちにまで
しっかり根付いているように思います。

儒教の生まれた国では
儒学の教えを
すっかり失ったようですがね。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/08/15 06:23 * edit *

正しい倫理の実践は難しいですね
よっちんさんが書かれているように
韓国でも次第に儒教思想が都会から崩れている、と
聞きました

目上を敬うことを日本国民も忘れてきているようです

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/08/15 06:27 * edit *

ちは(^-^)
「同時に自己の心の本性を正しく活動させるようにすることで、そうした努力をつめば、自己の心の本性にしたがって行動すれば、道徳的に正しい行為を実践できる」ての。。なんか分かるような気がします。
自己の心というのは、自分の物であるのに、他者の目や
他者から聞く言葉に惑わされ、いつしか幸せとはこういった物である。。というような概念にとらわれるようになります。そこには、欲や外見や。。と様々な雑念が存在してしまう。
でも。。自分の心を読み解いて行くと。。
何もなくとも、着るものもなくとも、幸せである事が出来る。。そんな気がします。
儒教には詳しくはありませんが。。
真実はいかなる宗教も、教えも同じモノであるように思えてなりません(^-^)v
☆☆~☆☆

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/08/15 12:16 * edit *

うわー、こちらの学問については、いっさい知識がないことに気づきました。
学生時代、何をしていたんだろう(笑)。

大学院に入ったとき、それまで教科書から学んでいたシェイクスピアを、
生きた舞台として研究することを学びました。
教えてくださったのは、すでに70代になっていた教授です。
学問と年齢は関係ないのだと、思い知りました。

親への孝も大切ですが、今は、薫陶を受けた先生方に尽くす孝も必要、
というか、自分が生きる意味になると考えるようになりました。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/08/15 12:21 * edit *

こんにちは

山鹿素行、伊藤仁斎、・・・様々な学問の内容はよく分かりませんが
日本の性善説にもとづく倫理観はこのころから根付いてくるのでしょうか。非常に価値のあることと思います。
中国エリート大学の学生アンケートで国益と正義、いずれを優先するかの質問に、9割近くが国益と答えたという記事を見たことがあります。
国柄によって「正義」の位置付けも大層変わるものだと驚きました。

jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/08/15 12:37 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちは。
儒教に基づく道徳観や倫理観、良い悪いは別にして、たしかに現代の日本人にも踏襲されていますね。
儒教の生まれた国と日本との関係はどうなっていくのでしょう。

YUMI #- | URL | 2013/08/15 13:10 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんにちは。
韓国では目上の方を敬うのはあたり雨だというのを、何かで読んだことがあります。
そんな韓国でも儒教思想が崩れているのですね。

私は祖父母のいるうちで育ちましたので、目上を敬うのは当たり前のことだったのですが。

YUMI #- | URL | 2013/08/15 13:12 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんにちは。
私もついついまわりの様子を見て、幸せというものを考えてしまっているかも。
でも、違うんだよね。
幸せってそういうものではないんだよね。
素敵なことを書いてくださってありがとう。

YUMI #- | URL | 2013/08/15 13:16 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんにちは。
高校で儒学をやっても、儒学者の名前と著書、何学派なんてことしかやらないですよ。
実は私もそうでした。
やっぱりここまでやっていたら、終わらない。

学問と年齢は関係ないというのはその通りだと思います。
ブロ友さんで、今年から大学で勉強をはじめた方もいます。
とても楽しそうです。
私は、まだまだというか全然昔やった学問から抜け出せていませんが、シニアだからこそ、学生時代とは別のものに興味を持って、新しい分野の学問も始めることができますよね。

YUMI #- | URL | 2013/08/15 13:21 * edit *

jskさんへ

jskさん、こんにちは。
国益と正義ですか…
日本の学生にアンケートをとったら、多分ほとんどが正義でしょうね。
学校教育の影響が大きいですね。
ちょっとこわくなりました。

YUMI #- | URL | 2013/08/15 13:24 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
儒教といえば始祖の孔子ですよね。
時代の変遷で中身も変化していったのではないでしょうか。
仁・義・礼・孝・忠・中庸は、武士階級にには都合がよかったのでしょうかね~

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/08/15 17:16 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
宗教でもなんでも、時がたつにつれ、開祖が言っていることとは別のものになってしまったりしますよね。
そういう意味では、始祖の古典にあたるのはよいのではと思います。

YUMI #- | URL | 2013/08/15 18:43 * edit *

この話題、知識としては何度も読んでいるのだけれど、腹に落ちていません。
江戸時代の道徳観、倫理観、いいなと思うこともあれば、「とてもかなわん」と思うこともあり、そういうのがどこから来ているのか、具体的にはよくわからないままです。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/08/15 23:16 * edit *

ディックさんへ 

ディックさん、おはようございます。
こんな風に書いてますが、実は私も同じです。

YUMI #- | URL | 2013/08/16 04:54 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。