QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

仮名手本忠臣蔵 

文治政治への変換

 今日は、文治政治への転換のスライドの紹介です。
 
 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 綱吉の時代を語るうえではずしてはならないのは、赤穂事件=忠臣蔵でしょう。今日はそのお話を。
 1701年3月14日、浅野長矩(内匠頭)(播磨赤穂城主)が高家筆頭の吉良義央(上野介)に江戸城中で刃傷に及びました。この日は幕府の年賀の礼に答礼するため、京都から遣わされていた勅使に、将軍綱吉が挨拶することになっていて、浅野はその接待役に任ぜられていました。浅野が吉良に切りつけたのは、松の廊下と呼ばれる場所です。浅野は、「折柄と申し殿中を憚らず。理不尽に切付候段、重々不届き至極」として、即日切腹、改易に処せられました。それから1年9か月後の翌年12月14日に、大石良雄(内蔵助)以下の浅野家遺臣が、本所にあった吉良邸に乱入し、義央を殺害し、その首を泉岳寺の長矩の墓に捧げるという事件がおきました。幕府はこれらの赤穂浪人に対しても、切腹を申しつけました。赤穂浪士たちが切腹したのは翌年2月4日のことでした。吉良家はその後断絶します。

 赤穂浪士たちは、現代でも義士といわれています。主君の遂げられなかった志をついで吉良をうったのだから、義士なわけです。主君に対する献身的な心情なわけです。でも、これって、以前書いた殉死に通ずるところもあるのではないでしょうか。

 この事件は、その後に様々な物語をうみました。1748年には人形浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」が上演され大ヒットし、これが歌舞伎にもされ、現代まで上演され続けています。仮名手本忠臣蔵では、大石内蔵助は大星由良之助、浅野内匠頭は塩冶判官、吉良上野介は高師直となっています。仮名手本忠臣蔵では忠義のために死ぬというテーマが中心ですが、忠義のために愛を犠牲にせざるをえないというのもテーマのひとつです。映画やテレビでも、繰り返し描かれています。

 しかしこの忠臣蔵のお話、最近の高校生は知らない者も多いのですよ。



 昨年、一昨年の今日、いったい何をしていたのか、何を考えていたのか比較するのも面白いかとおもいまして、過去の記事をリンクすることにしてみました。

 2012年8月2日の記事



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

小学校5年生の担任が何かあればすぐに
「遅かりし由良之助」を発します

「仮名手本忠臣蔵」の名前までは出てきませんでしたが
興味を持って図書室で調べた記憶があります

綱吉の母親が関与しなければ
切腹はなかったでしょうね
田村右京太夫もまさか、と思ったそうで

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/08/02 06:59 * edit *

こんにちは
赤穂浪士の事件もこの時期なんですね。
事実はよくわかりませんが、理不尽な行為には命を賭しても戦うという「気概」が民衆の共感を得たものでしょう。公儀の処置に逆らってその目的を達成したのですから、逃げ隠れせず潔く指示に従うということだと思います。
「人の命は地球より重い」とよく言いますが、理不尽な行為には、命を賭けてでも戦うという倫理的価値観は人として大切なことと思います。

jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/08/02 10:15 * edit *

ちは(*^_^*)
赤穂浪士の討ち入りは・・私ととても深い関係が(^_^;)
だってお誕生日が討ち入りの日なの。
なので。。昔はその日や前後に
盛んにTVの時代劇で放送されてたからね。
おばあちゃんにも詳しくお話聴いたりしてました(*^_^*)
最近では、それも無くなって来て、知らない若い人も多いのでしょうねぇ~~
パパ実家が岡山なので、赤穂も近くて大石神社にもお参りとかしたことが幾度か(*^_^*)
たくさんの労士。。それぞれにドラマがあったみたいで。。語り継がれていますよね(^-^)
ちなみに祖母も赤穂浪士討ち入り前日が誕生日。。
何故か関係があるんだよね(´▽`*)アハハ
☆☆~☆☆

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/08/02 12:54 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんにちは。
「遅かりし由良之助」ですか?
昨日takae hさんのところでも歌舞伎の話になりましたが、私仮名手本忠臣蔵は、テレビでしか見たことないのですよ。
桂昌院は問題ありですねー。

YUMI #- | URL | 2013/08/02 13:18 * edit *

jskさんへ

jskさん、こんにちは。
はい、赤穂事件は元禄です。
「武士道」というやつですかね。
幕府の処置に逆らってその目的を達成したのだから、逃げ隠れせず潔く指示に従う。
まあ、この時代は人の命が一番大事という時代ではありませんから。
ただねー、無駄死のような気がしないでもないのですが…

YUMI #- | URL | 2013/08/02 13:23 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんにちは。
TOMOママさんのお誕生日は討ち入りの日でしたか。
私も子どもとときから、ずいぶん忠臣蔵のドラマはみましたね。
別に習うとかではなく知っていた気がする。
歌舞伎やドラマや小説の忠臣蔵は、それぞれ個々の人間ドラマが面白いよね。

YUMI #- | URL | 2013/08/02 13:26 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/08/02 13:54 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
元禄時代の仇花だったと思います。
家臣の忠義という美談になっていますけど、本質は別のところにあったと思いますね。
吉良上野介が殺されて、吉良家はのちに改易になったのも変な話で、幕府の政治が右往左往していることは明らかです。
浅野・吉良とも事件にかかわりのなかった人たちの方が多いのに、その人たちが後年まで辛酸をなめたことのほうが気になりますね^^

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/08/02 17:44 * edit *

鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは。
忠臣蔵はすごく面白いと思います、私も。
お話としてはね。
でも、鍵コメさんの言われるように、それが現実世界の場合、ちょっと違うのではないかと思います。

YUMI #- | URL | 2013/08/02 18:40 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
だいたい、家臣の忠義というのがちょっとね。
忠臣蔵は有名になりすぎたかな。

YUMI #- | URL | 2013/08/02 18:42 * edit *

松の廊下

たしか、皇居東御苑に松の廊下跡がありましたよ。
浅野内匠頭は、賄賂を贈ることを拒んだと聞きました。
それで、嫌がらせを受け、我慢し切れなかったのではなかったかしら。
いずれにせよ、マジメな人柄だったみたいですね。
「きら」という名前にも、いろいろな字があります。
私の恩師は「雲英」という姓でした。
いつも、「忠臣蔵の吉良より、私の雲英のほうが主流だ!」とのたまっていたものです(笑)

砂希 #- | URL | 2013/08/02 18:43 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、こんばんは。
私も皇居東御苑で。松の廊下跡行きました。
へー、ここが松の廊下かという感じでした。

吉良がどうなるかは別にして、浅野は事を起こせば家臣にも迷惑がかかることがわかっていたと思うのですが。
それを我慢するのが主君じゃないのかなー。

「雲英」さん、かっこいい苗字ですね。

YUMI #- | URL | 2013/08/02 19:28 * edit *

わわ、びっくりした~! 
一昨日の夕食の席での我が家の会話が
YUMIさんに聞こえたのかと思いましたよー。

何からそんな会話になったのか忘れましたが
討ち入りの話になりまして……
娘がぽかんとしていることに気がついたのです。
聞いてみると
「忠臣蔵? 何、それ?」ですと! 

それからるる語って聞かせましたが
娘には、忠臣蔵のどこが良いのか
わからなかったようです。

あと20年もしたら、忠臣蔵は日本人の記憶から消えてしまいそうですね。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/08/02 22:32 * edit *

YUMIさま^^こんばんは~♪

先ほどは、びっくりしました。
ご丁寧にコメントをいただきまして、
もう、お部屋が滅茶苦茶でして、恥ずかしかったです。

はい!赤穂浪士はついつい見てしまいます。
暮れの時季というところがまたいいのですね。。。
日本人のDNAに語りかけてくるのでしょうか。。。
いつも、ありがとうございます~♪(#^.^#)

紗真紗 #- | URL | 2013/08/02 23:08 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、おはようございます。
はい、takae hさんの家の会話が聞こえましたよ(笑)

忠臣蔵の話にしても、古事記の神話なんか(たとえば因幡の白兎とか)にしても、私たちは、教えられるとかではなく、知っていた気がするのですよ。
でも、今の子はしらないみたいですね。

興味を持たせようと、現社の授業で、古事記の神話から始めたら、たしかにすごく興味を持ってくれたのですが、私についたあだ名が「週刊 神」ですと(笑)

YUMI #- | URL | 2013/08/03 06:29 * edit *

紗真紗さんへ

紗真紗さん、おはようございます。
すみません、びっくりさせて<(_ _)>

忠臣蔵、みんなでおこたにはいって、みかんでも食べながら見るイメージですよね。
とはいうものの、少し忠臣蔵に対するイメージがかわってきました。

YUMI #- | URL | 2013/08/03 06:32 * edit *

中・高校生の頃は、この「忠義のために死ぬ」に代表される封建制度が我慢ならず、日本はなんて嫌な国だろう、と思っていました。
頭の中は「自由の国アメリカ」を信奉していました。
あれから40〜50年、アメリカの神話も崩壊して、人が人を治める政治という行為そのものへの幻滅があります。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/08/04 18:41 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
なんだかんだ言っても日本はまだ「忠義のために死ぬ」というのを良しとしているような気がしますね。
そういう意味では嫌な国です。
アメリカも…

YUMI #- | URL | 2013/08/04 20:28 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。