QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

名君たち 

文治政治への変換

 今日は、文治政治への転換のスライドの紹介です。
 
 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 文治政治においては、諸藩主の文教奨励策も重要です。会津藩主保科正之は、朱子学者山崎闇斎(やまざきあんさい)を招聘し、闇斎は藩政に助言をします。また、藩学稽古堂が設立されました。

 岡山藩主池田光政は、陽明学者熊沢蕃山(くまざわばんざん)を登用しました。また、全国初の藩学花畠教場を設立、郷学閑谷学校(しずたにがっこう)では、藩士の子弟のほか、百姓の子弟の入学も許可しました。

 水戸藩主徳川光圀は水戸黄門(中納言の唐名)として有名ですが、朱子学者朱舜水(しゅしゅんすい、明より亡命)を招き、江戸藩邸に彰考館を開設しました。「大日本史」(397巻)の編纂は有名です。

 加賀藩主前田綱紀は、木下順庵(きのしたじゅんあん)、室鳩巣(むろきゅうそう)、稲生若水(いのうじゃくすい)らを招聘しました。

 ここにあげた大名たちは、名君としても知られた人々です。儒学についてはまた文化のところで説明しますが、文治政治は儒学の思想のもとに行われた政治です。



 昨年、一昨年の今日、いったい何をしていたのか、何を考えていたのか比較するのも面白いかとおもいまして、過去の記事をリンクすることにしてみました。

 2012年7月23日の記事




本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

優れた宰相は教育の大切さを知っていたのですね

閑谷学校は山陽自動車道沿いにあり、何度も下から見ておりますが
いつも通過するばかりで、そのうちそのうちと
訪れたことがありません

以前から興味はあったので、生きているうちに行かないと
あの世で後悔しかねません
もう少し生きていく必要がありそうです^^

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/07/23 08:02 * edit *

こんにちは
諸藩主の文教奨励策・・・この時代、教育を支配層の独占にせず、庶民にまで広く普及させた。ここに日本人の素晴らしさ・強さがあるように思います。
先日ブータンの記事がありましたが半分くらいはいまだ文盲だそうです。

jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/07/23 14:07 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんにちは。
教育が大切にされない時代、国ははだめですよね、きっと。

閑谷学校、実は私もまだ行ったことがありません。
生きてるうちに行かなければいけないところ、私もたくさnありすぎますよ。
長生きしてくださいね。
なんて、自分より年下の方に、何言ってるのだろう(+_+)

YUMI #- | URL | 2013/07/23 14:12 * edit *

jskさんへ

jskさん、こんにちは。
日本人って、なかなかやるなと思わせる、教育分野です。
寺子屋も、大きな意味があったと思います。

ブータン、まだ教育が浸透していないのですね。
幸福度の非常に高い国なのに…

YUMI #- | URL | 2013/07/23 14:15 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
江戸時代の名君といえば、やはり上杉鷹山が一番でしょう(笑)
八代将軍徳川吉宗に逆らった尾張藩主徳川宗春も名君の一人にあげられます。
ドラマでは悪役扱いをされてますが(爆)
単純に私は儒学者は好きじゃないですね(;^_^A アセアセ

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/07/23 16:53 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/07/23 17:34 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんにちは。
そうですね、江戸時代の名君といえば、上杉鷹山ですかね。

儒学者は好きじゃない?
うーん、私もそうかな…

YUMI #- | URL | 2013/07/23 18:03 * edit *

鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんにちは。
無理しないでね。
身体が一番です。
私も、気を付けます(#^^#)

YUMI #- | URL | 2013/07/23 18:06 * edit *

勉強になります!

初めまして! まっちゃんと申します!

私のブログに来て下さって、とても嬉しいです!
ありがとうございます!
お騒がせをしてしまって、申し訳なく思っております。

私は知らないことが、たくさんあるので、YUMIさんのブログで学べることが、出来ます!
また伺いますね!

まっちゃん #- | URL | 2013/07/23 19:09 * edit *

まっちゃんへ

まっちゃん、こんばんは。
ご訪問、コメントありがとうございます。
お騒がせなんてとんでもない。
まっちゃんの言われるとおりだと思いますよ。
私もちょっとだけ嫌な思いをしたことがあります。

またおいでいただければうれしいです。

YUMI #- | URL | 2013/07/23 19:26 * edit *

こんばんは

最近は、授業をさぼっております^^;

1年前のブログに訪問させていただきました。
チェーンメールを思い出しますね!
止めてみたいけど
不幸になるのも嫌だし・・・って真剣に悩んだ頃を思い出します^^;

大阪は連日の酷暑
お家から、1歩出たら倒れそうなぐらいです。
そちらは涼しいのですね^^
羨ましいです。

HANAMIZUママ #OGPSQbQg | URL | 2013/07/23 21:37 * edit *

HANAMIZUママさんへ

HANAMIZUママさん、こんばんは。
授業は適当にスルーしてね(#^^#)

1年前のブログに訪問、ありがとうございます。
去年の今頃はこんなだったんだと、自分でもおもしろい。
こっちも今日は暑かったけど、ぜったい関西の方が厚そう。
ばてないようにね。

YUMI #- | URL | 2013/07/23 22:00 * edit *

大君VS国王

パワーポイントを見て…。

江戸時代…と言っても,非常に長いですが,何かの本で,江戸時代の日本人の識字率は,世界一だったのではないかと書かれていました。科学的なデータはないのでしょうが,これはすごいですね。

「君」…これは“難しい”言葉ですよね。

「君たち」…と言えば,ふつうは自分より,(年)下の者に対して使いますよね。

しかし,国歌「君が代」の「君」は,「君が代」が国歌に制定されるときの国会答弁で「天皇」のことを指す…との答弁があったらしいです(?)
敗戦までは,当然そうでしょうね。今でもそうなんでしょう。

古代史では「大君(王)」と言えば,もちろん天皇ですよね。

新井白石という人物は,江戸時代を代表する学者ですが,将軍の地位をupさせようと,頑張った人物だと思っています。征夷大将軍(?)を外国から「日本国王」と認めさせたのは,室町幕府の3代将軍…足利義満もいますね。

しかし,儒教(朱子学)の中に,“大義名分論”みたいなものがあって,大名の主君は,当然「将軍」なのに,その(上)の天皇に対して,忠義を働くという…やがて,幕府否定(倒幕)の思想につながっているのが,不思議なところです。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2013/07/24 17:06 * edit *

鹿児島のタクさんへ

鹿児島のタクさん、こんばんは。
江戸時代の日本人の識字率は,高かったと思いますよ。
寺子屋のはたした役割も大きいのでは。

古代史では「大君(王)」と言えば,もちろん天皇ですよね。
大王(大君)は大の中の王、天皇は天が決めた王ですから、意味が全くちがいますよね。

武士が出てきたあたりから、天皇よりも将軍の方が力をもつのに、天皇はあくまでも存在させておくというのが、日本の面白いところですね。

幕末のあたりで、また、尊王攘夷論や水戸学などについて、詳しく触れられればともっています。

YUMI #- | URL | 2013/07/24 21:17 * edit *

名君だから学問を好むのか
学問を好むから名君になるのか。

いずれにせよ、
平和でなければ学問は広まりません。
徳川幕府が果たした役割は大きいでしょうね。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/07/24 21:56 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
名君だから学問を好むののかなと私は思いますが。
やっとこの頃からでしょう、平和になり、学問に力を入れることができるようになったのは。

YUMI #- | URL | 2013/07/24 22:42 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。