QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

末期養子の禁 

文治政治への変換

 今日は、文治政治への転換のスライドの紹介です。
 
 こちらにアクセスしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。


 今日から文治政治への転換のお話です。
 江戸幕府初代家康から3代家光将軍までは武断政治が続きます。徳川幕府の基盤を固める時期ですので、武家諸法度に違反する大名は親藩、譜代、外様の区別なく、容赦なく改易、減封の処置を行った為、失業した牢人が多数発生し、治安が悪化し、戦乱を待望するようにもなります。家光の没後、慶安の変がおきます。牢人(浪人)の数は激増、しかし再仕官の道は厳しく、多くの牢人があふれていました。そうした牢人の一部には、幕府の政治に対して批判的な考えを持つ者もいます。また生活苦から盗賊等になる者もいます。

 由井正雪は、そうした牢人の支持を集めます。家光の後継の4代家綱が幼弱なので、由井正雪は丸橋忠弥等と共謀し、幕政批判と牢人救済を掲げる反乱を企てましたが、失敗します。これをきっかけに幕府は武断政治からの方針転換を迫られることとなりました。

 大名の大量改易による大量の牢人の出現は幕府最初の50年間で約40万人といわれています。その他にも朝廷へは禁中並公家諸法度、農民へは田畑永代売買禁等、キリスト教徒への弾圧、鎖国政策などの武断政治から、文治政治への転換を迫られ、実行するのは保科正之です。儒教的徳治主義にのっとり、家綱の補佐役として活躍します。

 保科正之は家光の異母弟です。会津松平家初代。信濃高遠藩主、出羽山形藩主を経て、会津藩初代藩主となります。4代将軍家綱を輔佐し、幕閣に重きをなしました。

 牢人問題対策としては、牢人の増加防止と取り締まりのために、大名の改易を緩和します。大名・旗本の末期養子(まつごようし)の禁止を緩和します。

 江戸時代初期には、大名の末期養子は幕府によって禁じられていました。大名の跡継ぎは幕府に事前に届出をして認められる必要があり、末期養子はこの条件を満たすことができません。末期養子は本当にその大名の意思かどうかわかりません。家臣が都合の良い人物を養子とすることもあるかもしれません。また幕府が跡継ぎを事前に把握できません。なので末期養子の禁止は厳しく実行されました。しかし嗣子がいないために取り潰された大名が続出。それにより大名に仕えていた武士が牢人となるわけです。

 幕府の支配体制が一応の安定をみたので、末期養子の禁を解きました。ただ末期養子の許可は、無制限に認められたわけではなく、大名の年齢は17歳以上50歳以下とされました。



 本日は出かけておりますので、コメント欄は閉じさせていただきます。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。