QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

禁中並公家諸法度は画期的 

江戸幕府

 今日は江戸幕府の成立のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、江戸幕府の成立のところをクリックしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 先日紫衣事件については書きましたが、紫衣事件を含めて朝廷の統制についてです。

 天皇・公家の領地ですが、江戸時代皇室の領地は大変少ないです。1601年に徳川家康は1万石を禁裏御料(きんりごりょう、天皇に与えられた領地)として確定させ、以後江戸幕府は1623年と1705年にそれぞれ1万石ずつ加増して3万石の禁裏御料が確定します。その他上皇に与えられた領地などありますが、少ないものです。まず経済的に朝廷を規制します。

 次に朝廷の統制のために京都所司代を設置します。また、武家伝奏の設置。武家伝奏は武家の要請を朝廷に伝えるのがもともとの役目です。伝奏の任命には幕府の許可が必要でした。江戸前期、幕府が人選を決定し、朝廷はそれを追認する形でした。

 有名な禁中並公家諸法度(きんちゅならびにくげしょはっと)。1615年制定です。朝廷の権限を儀礼的機能に限定するのが目的です。天皇の学問専念(1条)、武家の官位は公家の官位制の枠外(7条)、改元の基準(8条)、紫衣勅許・上人号勅許の制限(16条)などが内容です。これが紫衣事件に発展します。禁中並公家諸法度も武家諸法度と同じく徳川家康が金地院崇伝に命じて起草させたといわれています。禁中並公家諸法度は画期的な法です。なぜなら第1条において天皇に関する規定がもうけられた初の法だからです。この法以前、天皇は法を越える存在であり、武家の法は勿論、大宝律令や養老律令などの法においても天皇に関する条文はありません。ホント、そう考えるとすごい法ですね。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

一方で
将軍や大名などが
公的な行事などの際に
烏帽子姿という皇室の装いをしたのは
なんとも不思議な気がします。

やっぱり皇族や貴族は
憧れの対象だったのでしょうか?

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/06/09 05:33 * edit *

よっちんさんの視点はすばらしいですね
成り上がりが金持ちの真似をしているのに
なんだが似ているように思っていました

徳川家康の政治力はすばらしいです
反する勢力もあったでしょうに、
朝廷は逆らえなかったのでしょうね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/06/09 07:11 * edit *

正直な感想は、初期の徳川幕府って、ほんとうにしっかりしているなあ、と思います。
発想と行政能力がすごい。
時間が経つと腐敗するのはどこの政治でも同じですが、アベノミクスは大丈夫なんだろうか…。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/06/09 10:43 * edit *

雲の上の存在のような天皇をも統制しようとした
江戸幕府は凄いですね!!
これをきっかけに、政治の実権を握ったんですよね・・・

大阪は、今日も蒸し暑く
雨乞いも叶わずに・・・農家はピンチです^^

HANAMIZUママ #OGPSQbQg | URL | 2013/06/09 13:36 * edit *

こんにちは
天皇を権威的・儀礼的なものとして温存し、権力闘争から除外した・・
これは凄い発想ですね。天皇が権力にかかわらず最上位に位置できた
ことにも興味がありますが、明快な規定はこの法が始まりですか。騎馬民族だったらこうはならなかったでしょう。日本民族を束ねる形式上の頂点に天皇を据えたことは、素晴らしい日本人の知恵だと思います。


jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/06/09 15:21 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
家康が公家諸法度で王政を完全に封印したことは大正解でしたね。
信長より発想は下だと思いますが、天皇の名のもとに公家が政治に口出しをできないようにしたことは凄いと思います。
徳川幕府が260年も続いたのはやはり公家諸法度の威力でしょうね。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/06/09 17:24 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
征夷大将軍にしても○○守なんていう言い方にしても、それは朝廷の官位のなかですものね。
統制はしても、結局その中で動いているような。

YUMI #- | URL | 2013/06/09 18:03 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
成り上がりが金持ちの真似、それも一理あるような。
しかし、公家。
長い江戸時代を生きぬいて、幕末にうごめきだすのですから、妖怪のような…

YUMI #- | URL | 2013/06/09 18:05 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
天皇に対する対し方も、信長や秀吉とは全く違いますものね。
たしかによくできていると思います。
長く続くとダメになるのは、どの時代も、どの国でもでしょうか。
アベノミクスは大丈夫ねー……

YUMI #- | URL | 2013/06/09 18:07 * edit *

HANAMIZUママさんへ

HANAMIZUママさん、こんばんは。
天皇に対する江戸幕府は、思い切ったことをしましたね。
でも、それがこののちの幕府の安定につながったかも。
日本人は錦の御旗がないと行動できないみたいだから…

雨降ってほしいですね。

YUMI #- | URL | 2013/06/09 18:11 * edit *

jskさんへ

jskさん、こんばんは。
天皇を権力闘争から除外という方法はあたっていたと思います。
日本人って、錦の御旗、玉がないと行動できないみたいで…
この法が江戸時代を作り上げたかもしれませんね。

YUMI #- | URL | 2013/06/09 18:14 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
歴史にもしもはなしとは思いますが、信長が政権をとったら、朝廷をどうしたか興味がありますね。
封じ込められた公家たち、妖怪のように江戸時代を生き抜くわけで、ある意味すごい!!

YUMI #- | URL | 2013/06/09 18:17 * edit *

うーむ。手足をもがれて、ただ生きるだけの存在と化した公家、天皇。
この時代は長く、うらめしい時代だったでしょうね。
とはいえ武家も、あまり生き生きできていないような。
いちばん自由だったのは、江戸の庶民だったかもしれません。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/06/10 23:57 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、おはようございます。
たしかに江戸時代一番元気なのは庶民かもしれませんね。
庶民文化が花開きますものね。
元禄文化なんて最高ですよね。

YUMI #- | URL | 2013/06/11 06:22 * edit *

主権が及ぶ…

「主権が及ぶ…」…「主権」というのは,基本的に①法令を作る権限を持っている。②徴税の権限をもっている。…この2つが大きなものだと学生の時,ちょっとだけ勉強をしたような記憶があります。

天皇・朝廷を法律の枠に入れた…これは大きいことでしょうね。
それまで,天皇は超法規的な存在でしたでしょうから…。

そう言えば,今上天皇は,継がれるときに,「日本国憲法により~」とおっしゃったですね。

北方領土は,この原則によれば,…よらずともですが,日本の主権は及んでいませんね。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2013/06/18 13:47 * edit *

鹿児島のタクさんへ

鹿児島のタクさん、こんばんは。
天皇・朝廷を法律の枠に入れたのは画期的ですよね。
それまでは、律令制のなかで、やってきたようなもので。
でも、江戸時代も、律令制をまったく捨て切れたわけでもないようですが…

YUMI #- | URL | 2013/06/18 20:53 * edit *

守・介・丞・壯・・・

江戸時代も,律令制を全く捨て切れていたわけでもないようですが…。

これは,いろんな場面が想定されますが,江戸時代の大名や旗本・(御家人)になぜ,「守・介・丞・壯・・・」などという,律令制の職官が残っているのかなあ~。

時代の流れ上…そうなっているのでしょうが…。
これを名乗っているからには,幕臣といえども,その上の主君は「天皇」ということになりますよね。

形式だけだったのかもしれませんが,形式こそ実質ですから。歴史においては…。(!?)

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2013/06/19 11:12 * edit *

鹿児島のタクさんへ

鹿児島のタクさん、こんにちは。
そうです、江戸時代の律令制のなごりって、武士に与えられる守や介、武家官位のことです。
武家の官位の任命者は事実上は将軍とし、大名や旗本が朝廷から直接昇進推挙を受けた場合でも、将軍の許可を受けねばならなかったそうです。
形式的手続かもしれませんが、将軍が任じた官位を幕府から朝廷に申請をし、天皇の勅許を得る必要があり、勅許を得ることで正式にその官位が認められたというのは、やはり律令制がいきている?

YUMI #- | URL | 2013/06/19 16:17 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。