QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

平時の職制がそのまま軍事編成に 

江戸幕府

 今日は江戸幕府の成立のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、江戸幕府の成立のところをクリックしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は江戸幕府の職制の代表的なものを。
 まず大老。これは将軍の補佐役で、職制の最高位です。ただし臨時職。譜代大名10万石以上で、土井、堀田、酒井、井伊の四家に限定されています。次に老中。老中は政務全般を扱います。初めは年寄といいました。一時期に一人ではなく4~5人です。2万5千石以上の譜代大名から任じられます。老中首座が総括。月番制です。複数置かれ、月番制というのは、一人に権力が集中するのを防ぐためです。次に若年寄。若年寄は老中を補佐します。また旗本、御家人の統率が仕事となります。定員は5~6人。 寺社奉行。寺社奉行は寺社の行政、訴訟、関東以外の私領からの訴訟を受けました。定員は3~5人。 京都所司代・大坂城代。地方での重要な役職です。朝廷や西国大名の監視を行いました。

 こうした職制の特徴です。まずは月番制・合議制。これは上にも書きましたが、権力が誰かに集中するのを防ぐためです。その例外は大老だけです。次に評定所。評定所は重要事項や大名旗本の訴訟を扱いまして、老中・三奉行(寺社奉行・町奉行・勘定奉行)・大目付の評議となります。この平時職制は何かあったらそのまま軍事編成となるのも特徴の一つです。

 大名より格は下になりますが、将軍直属の旗本がいます。旗本は老中支配の職制につきました。大番頭は、重要な番方(軍事部門)の頭領で、江戸城・江戸市中の警固を行います。大目付は、大名に目を付ける、すなわち大名の監視が仕事です。初代が柳生宗矩。江戸町奉行は、南町奉行・北町奉行が、1ヶ月交替の月番制で、江戸の町の行政・司法・警察を掌ります。勘定奉行は、幕府領(天領)の租税を勘定する奉行で、その下に郡代・代官を支配します。城代は、将軍が頻繁に使用する城(駿府・伏見・二条)を、将軍に代わり守護します。遠国奉行は、遠い国の重要な幕府直轄地に設置されます。京都・大坂・駿府は町奉行といい、長崎・佐渡・山田・日光・奈良・堺・下田を諸奉行といいます。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

[edit]

今日は出張先でPCがありません。
モバイルフォンから失礼します。

また明日からはいつも通り訪問します。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/06/07 05:41 * edit *

おはようございます
幕府は、多くの国を統括する連邦政府のような感じだったんですね。
老中に権限を集約し、一元的に政務・軍事を扱うのは機能的だと思います。江戸の町奉行が江戸の行政・司法・警察権を持っていたとは知りませんでした。ドラマから、奉行所は司法と警察と思っていました。


jsk #gk2i27Ik | URL | 2013/06/07 08:32 * edit *

三河以来の家柄であっても
旗本は貧しい家が多かったようですね

いつの世も貧富の差は残念です

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/06/07 08:58 * edit *

老中首座が月番制だったとは知りませんでした。
閣議の議長が1ヶ月毎に替わるみたいなものでしょうか。
幕末の頃の歴史を読んでいると、老中の中で力を持っている筆頭者は決まっているような感じで受け取っていました。自然にそんな感じになっていったのでしょうか。あの頃もやはり月番制でやっていたのかな。それで対応しきれなくなって大老井伊直弼を置いたのか…。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/06/07 09:28 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちは。
今日も出張先からありがとうございます。
お気をつけて。

YUMI #- | URL | 2013/06/07 10:00 * edit *

jskさんへ

jskさん、こんにちは。
幕府、藩体制、そうですね連邦政府のようなものか…
江戸の町奉行はそうしても大岡越前や遠山金四郎のイメージですよね。

YUMI #- | URL | 2013/06/07 10:03 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんにちは。
旗本や御家人は、三河以来の家柄というプライドだけでもってた人もいるかもしれませんね。
旗本はピンキリですね。

YUMI #- | URL | 2013/06/07 10:05 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんにちは。
すみません、書き方がちょっと悪かったかも。
老中首座は老中首座ですね。
でも老中は月番だから、閣議の議長が1ヶ月交代というイメージだと思います。
幕末は月番制ではなくなったようです。
それぞれの役割が決まったようです。

YUMI #- | URL | 2013/06/07 10:09 * edit *

こんにちは!

ちょうどテレビでは水戸黄門をやっていて、
母が今、一所懸命に見ています(笑)。

互いが監視する、がんじがらめの体制ですね。
だからこそ長期政権が保てたのでしよう。

それにしても老中首座が一ヶ月交替というのに驚きました。
一ヶ月って、そんな短い間では、老中同士が考えをひとつにしていないと、
何もできないですねぇ。

こうして教えていただくと、江戸の雰囲気が伝わってきて楽しいです。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/06/07 10:57 * edit *

ちは(#^.^#)

時代劇とかで、
将軍、大老、老中、若年寄、奉行、とか出てくるけど。。
それぞれがどんなお役目か?とか分かりにくくて、
パパともどっちが偉いの?
芝居の感じから。。こっちだねぇ~とか言ったりしてたんですよねぇ(´▽`*)アハハ本当に二人揃って勉強不足。
こんな風に格の順に分かりやすく教えて貰ったら、
もっと歴史も面白かったような気がする。
こんな風に教えて貰った記憶なし(~_~;)。
歴史は嫌いでは無かったし、楽しかったのに。
知らない事だらけで。。お話拝見するの面白いです。
何に興味を持つ・・が大人になって変わったから
なのかなぁ?
☆☆~☆☆(#^.^#)v

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/06/07 12:42 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんにちは。
水戸黄門では、お代官様の登場でしょうか(笑)
大目付とか目付とか、監視役ですもの。
いやなお役目ですね。
書き方が悪かったかもしれません。
老中首座は老中首座。
その月の担当老中が月替わりかな。
でも、それもその老中がすべて決定するというわけではなく、重要事項は合議で決めるみたいです。

YUMI #- | URL | 2013/06/07 14:43 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんにちは。
たしかに時代劇で大老、老中、若年寄、奉行、なんてでてきても、よくわからないよね。
よく出てくるのはお代官様?
こんなところ、学校で習っても覚えてないし…
いつも楽しいと言っていただいて、ホントうれしいです。
歴史って、大人になってから学んだ方が面白いかも。

YUMI #- | URL | 2013/06/07 14:46 * edit *

YUMIさま^^こんにちは~♪

いつの時代にもこのような管理を考える、
優れた人間がいるものですね。
なるほどと思うことばかりです。

老中首座のことも、江戸町奉行の月番制であることも、
はじめて知りました。

人間的な雰囲気も伝わってくるようで、
違う角度から入りますので、楽しく学ばせていただいております。
先ほどは、ありがとうございました~♪

紗真紗 #- | URL | 2013/06/07 15:16 * edit *

YUMIさんこんにちは~♪
将軍綱吉時代の柳沢吉保は例外中の例外だったのですね。
小納戸役から側用人、さらには老中格、最後は大老格の左近衛権少将にまで上り詰めています。
こんなのありかと思うんですけどね(笑)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/06/07 17:21 * edit *

紗真紗さんへ

紗真紗 さん、こんばんは。
職制は大事でしょうね。
江戸幕府の職制はよく考えられたものだと思います。

月番制など、時代劇を見る限りでは、そこまではわかりませんよね(笑)
江戸時代は、生徒たちも、ある程度のイメージを持っているから、面白いみたいですよ。
奈良や平安時代は、想像するのも難しいですから。
私個人的には、そういう難しい時代の方が好きなのですが…

YUMI #- | URL | 2013/06/07 20:21 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
そうそう、柳沢吉保は例外中の例外ですよ。
小納戸役から大老格?
本当にそんなのありかですよね。
柳沢吉保をよく書く時代小説がなくても、しょうがないですね"(-""-)"

YUMI #- | URL | 2013/06/07 20:24 * edit *

質問です。

パワーポイント…拝見しました。すごいですね。ブログであんなことできるなんて…。

少し分からないことがありますので,よかったらご教授願います。

パワポの中で,

①「慶安御触書」「田畑永代売買禁止令」など出ています。これは,中学教科書でも出てくる内容だと思いますが,…江戸時代は基本的に大名の自治権(地方分権制)が認められている面があります。この二つの幕府の法令は,「天領」のみで効力があったのでしょうか。それとも,大名領でも効力があったのでしょうか。

② 江戸時代の“精神的支柱”というより「学問」といった方がよいでしょうか…儒教ですね。儒教の中の「朱子学」…。この学問は,商売(商行為)を卑しいものだと考えているので,江戸時代は,基本的に商人からは,「税」をとっていないと何か聞いたことがあります。実態はどうだったのでしょうか。

鹿児島のタク #kp4afR76 | URL | 2013/06/08 10:06 * edit *

鹿児島のタクさんへ

鹿児島のタクさん、こんにちは。
パワーポイントも見ていただいて、ありがとうございます。
ブログだけでは無理なので、HPも併用していますが…

「慶安御触書」ですが、一応PPTには載せましたが、ご存知かと思いますが、最近は慶安御触書はその存在自体が疑われています。
「慶安御触書」は、家光期、慶安2年(1649年)に、農民統制のために発令した幕法とされていますが、現在では、慶安の御触書は甲州徳川藩が1697年に出した触書を原型とするという見解が有力のようです。
高校の教科書でも、『「慶安御触書」が有名であるが、最近はその存在に疑問が出されている』なんて書かれています。
それ以前にも、タクさんが言われるように、この文書は徳川政権の対農民政策を象徴する文書として扱われていましたが、全国的に適用された法なのか、それとも幕府直轄領や旗本領に対する限定的な法なのかで議論されてきたようです。
また「田畑永代売買禁止令」も、主として幕領に出されたものだと思います。それを受けて、各藩がそれぞれ禁止令を出している形でしょうか。

江戸時代商人への税は冥加金や運上金ですが、商人に農民並の負担を課すという考え方ではないように思います。
ただそこに儒教が関係するのかどうかはわかりませんが、もうすこし調べてみます。
どちらの問題も、またその内容のあたりで書ければと思います。

江戸時代本当に農民は貧しかったのか?とも言われています。
PPTにはそこまで書きませんが、口頭では説明したのですけどね。
現代に近い時代なのに、まだまだ謎は深いです。

YUMI #- | URL | 2013/06/08 12:34 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。