QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

小早川秀秋の裏切り 

江戸幕府

 今日は江戸幕府の成立のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、江戸幕府の成立のところをクリックしてください。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。
 
 今日は関ヶ原の戦いを。天下分け目の戦いといわれる関ヶ原の戦いですが、これは徳川氏に天下をもたらしただけでなく、その後二百数十年の平和を日本にもたらしました。

 1599年秀吉の死に際し、家康以下の五大老が秀頼を後見し、天下の政治は五大老の監督のもと、石田三成以下の五奉行が行うことになっていました。しかし、次第に家康と三成を巡る内部対立が表面化してきます。
 
 家康は伏見城西丸にはいりますが、その行為はまわりから「天下殿になられ候」とみられます。その後大坂城西丸にはいった家康は事実上天下の政治を独裁するにいたります。

 五大老のひとり上杉景勝は帰国し、領内の経営につとめましたが、城の修復などが謀反の準備として家康に報告され、家康は景勝に上洛を求めます、しかし、景勝は拒絶します。家康は景勝をうつ陣中法度をだし、江戸を出発しました(東軍)。

 三成は他の四奉行と申し合わせ、五大老のひとり毛利輝元を盟主とし、景勝とも連絡をとり、家康打倒の兵をあげます(西軍)。

 両軍は関ヶ原に陣をしきますが、早朝8時ころにはじまった戦いは、小早川秀秋の裏切りもあり、西軍が敗北を帰し、昼過ぎ2時ころには終わりました。

 関ヶ原の戦いと言えば、小早川秀秋の裏切りは有名です。18000の人数が戦闘開始後に動いたのですから、これは大きなことです。小早川秀秋は当時19歳。生まれた直後から秀吉の庇護を受け、毛利の一族小早川の養子となりました。ただ、秀秋は秀吉の正室ねね(高台院)の一族。秀頼とその母淀君を中心としたのではない人間関係が、この裏切りには大きく影響しているようです。

 関ヶ原の戦いの負傷者は、鉄砲による銃創が一番多く、ついで槍創。刀創は少ないそうです。これはそのまま、当時の戦闘の使用武器を反映しているようです。源平の戦いのような、弓矢が重要な武器であった時代ではないということです。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

[edit]

これだけの戦いが
たった一日で終わったと教えられたとき
驚いたことを覚えています。

関ヶ原の古戦場を
訪ねて古都があるのですが
「兵どもが夢のあと」という感じでしたね。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/05/15 06:21 * edit *

この地は、雪が。。。

YUMIさま^^こんにちは~♪

鉄砲であるということは頭の隅にありましたが、
戦闘の際の、武器の変遷、日数いぇ時間など、
改めて感じております。。。

1度は、天下分け目の地に立ってみたいです。
きょうも、ありがとうございました。。。

紗真紗 #- | URL | 2013/05/15 16:11 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
関ヶ原の合戦は確かに小早川秀秋の寝返り説が有名ですよね。
ただ、小早川秀秋は石田光成の讒言で秀吉から厳封されているし、朝鮮出兵時にも光成の讒言で秀吉から叱責を受けていることを考えると、初めから家康に味方しようと考えていたのではとも思います。
小早川秀秋が松尾山に布陣したことも謎の一つかもしれませんね。
実際の古戦場址を見ると、大垣城にいた石田光成は東軍との挟み撃ちにあう場所ですから、光成はたぶん慌てて関ヶ原に向かったと考えられますよ(笑)

余談ですが、関ヶ原合戦の陣形を見たフランスの軍事専門家は、小早川がどちらに味方しようがどうして西軍が敗北したのか不思議だといったそうです。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/05/15 17:16 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
関ヶ原の戦いだけではありませんが、歴史上有名な戦いが、実は数時間なんていうのありますよね。
もっと、何日もかかったような気がしてしまうのですが。

YUMI #- | URL | 2013/05/15 19:02 * edit *

紗真紗 さんへ

紗真紗 さん、こんばんは。
私も関ヶ原というと雪のイメージです。
京都へ向かうとき、新幹線で、ここを超えると気候がかわるような気がします。

鉄砲が重要な武器だということはわかっていても、もう弓矢はあまり役をなさない。
数百年で、ずいぶん戦い方もかわったものです。

YUMI #- | URL | 2013/05/15 19:06 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
はじめから家康に味方しようと考えていた小早川を、西軍は信じてしまったのですかね。
関ヶ原の戦いは、いろいろな意味で天下分け目だったのですね。

YUMI #- | URL | 2013/05/15 19:08 * edit *

西軍が優勢と言われていたんですよね
確か、秀吉が最初に養子の話を持ち込んだのは毛利家で、小早川隆景が毛利家を思い、ぜひうちに!と引き受けたという話(違ってますか?)
山口出身なので・・・小早川秀秋というひとに対していい印象を持ち得ないのです^^;
あの時、誰が、どう口添えしたかで、動いたかで、歴史は大きく変わっていくのですね。

kurimiki #5AGSUf/Y | URL | 2013/05/15 19:34 * edit *

kurimikiさんへ

kurimikiさん、こんばんは。
そうです、そうです、最初秀吉は毛利に養子に出そうとしましたが、実子秀頼が誕生したことにより邪魔になった秀秋の処遇に困って毛利輝元の養子に出そうしたのを知り、小早川隆景が、これを阻止するために、自らの養子として申し受けたみたいです。
この後すぐに秀秋は早世するし、毛利ではなくて本当に良かったですね。
kirimikiさんは、山口のご出身でしたか。

YUMI #- | URL | 2013/05/15 20:28 * edit *

小早川秀秋はねねの一族でしたか…。いろいろ本を読みましたが、少し記憶が薄れて来ています。
関ヶ原の戦いが出てくる物語では「影武者徳川家康」と「島津、奔る」がずいぶんとおもしろく、夢中になって読んだ記憶があります。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/05/15 20:38 * edit *

え~っと。秀吉に恩義があって、
毛利の養子で当然西軍に就くことが期待されていて。
でも、ねねの一族で、将来にわたって重用される見込みは薄く……
といったところでしょうか。

うむむむ。確かにすごく複雑。
裏切りたくなるのもわかります。
私も頭が痛くなってきました(笑)。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/05/15 21:11 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
小早川秀秋はねねの一族です。
関ヶ原の戦いは、秀忠が戦いにおくれたり、いろいろと面白い話も多いですから、小説にもしやすいですよね。

YUMI #- | URL | 2013/05/15 21:36 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
つまりはねねさんに子供が生まれなかたことが、豊臣の悲劇ですかね。
この秀秋にしろ、秀次にしろ、いっとき秀吉の後継者と目されたがゆえに、不幸になっていくような…

YUMI #- | URL | 2013/05/15 21:40 * edit *

もともと優柔不断であった、と
小早川秀秋について聞いておりますが
19歳で当主ですから、大変だったような気もします

当時の人口で凄まじい集合ですが
今は静かな原っぱですね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/05/16 21:31 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
もちろんもともとの性格も大きいと思いますよ。
だから地元の人からよく言われないのでしょう(>_<)
今の関ヶ原、言われなければ、そこがあの場所とはかわらないですよね。

YUMI #- | URL | 2013/05/16 22:10 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。