QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

洛中洛外図屏風 

プレゼンテーション1

 今日は安土桃山文化のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、安土桃山文化のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は風俗画の話を。洛中洛外図(らくちゅうらくがいず)や花下遊楽図屏風(かかゆうらくずびょうぶ)、職人尽絵図、南蛮屏風などが桃山文化では大きな特徴となります。「花下遊楽図屏風」は狩野長信、「職人尽絵図」は狩野吉信の作です。

 洛中洛外図は以前米沢旅行の時にも書きましたが、室町時代から江戸時代にかけて描かれた風俗画で、京都の市街(洛中)・郊外(洛外)を俯瞰(ふかん)して描いたものです。多くは狩野派の作です。ほとんどは屏風絵です。当時の都市や建築様式、人々の生活を知る上でも重要なものです。
 
 室町時代後期、応仁の乱によって大きな被害をうけた京都でしたが、桃山時代になると、天下人の登場によってようやく安定してきます。この頃から、洛中洛外図は時代の安定の秩序回復の象徴として数多く描かれました。黄金色に輝く雲の合間に、京都の町並みや祭礼の様子、人々の日常生活のありさまなどがうかがえます。

 観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ)では、洛北高雄は古来紅葉の名所として名高いところですが、清滝川のほとりで思い思いに紅葉狩を楽しむ人々の姿が描かれています。遠く雲間に神護寺の伽藍や、雪の愛宕社も望まれます。春夏を描いた他の1隻とともに四季の名所絵であったと思われます。画中の印から、狩野元信の次男秀頼の筆とされますが、孫の秀頼とする説もあります。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

現代に生きる私たちは、
西洋画を見慣れています。
初めて屏風絵を教材として見た時
不思議なスタイルに魅せられました。

思いつきであちこちに群衆が描かれているように見えましたが
今では合理的な手法だと思います。

屏風絵を気ままに眺めて、人々の生活に思いをはせるのは楽しいですね。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/05/03 00:59 * edit *

私ぐらいの世代の人は
いまだに「上洛」という言葉を
使っていましたよ。

京都の人は
絶対に「上京」という言葉は使いません。
自分たちが「上」だと思っていますから。

私はそういう京都人のプライドが好きです(^^)

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/05/03 06:29 * edit *

惹かれますねぇ~!

YUMIさま^^こんにちは~♪

こうして拝見しておりますと、
屏風絵の魅力を少しづつですが、惹かれていきます~♪

西洋の写実主義とは違った、
日本独特の優美感、暮らし感、
ちょっとオブラートに包まれているようですが、
それがとてもおもしろいです。

昨日は、連休の合間で関越道はスイスイでした。
きょうも、ご説明をありがとうございました~♪

紗真紗 #- | URL | 2013/05/03 12:33 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんにちは。
この洛中洛外図は、すごく変わっていますよね。
西洋画とは全然違ったスタイルです。
私も最初は思いつきであちこちに描かれているかと思いましたが、そんなことはないと思います。
全体を俯瞰してみるのって、面白い。

YUMI #- | URL | 2013/05/03 15:42 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちは。
関東では多分「上洛」というのは歴史上の言葉だと思います。
その辺がやはり関西と関東のちがいかな。
面白いですね。

京都の人は「上京」という言葉は使わない。
これもいいですね〜(*^^)v

YUMI #- | URL | 2013/05/03 15:44 * edit *

紗真紗 さんへ

紗真紗 さん、こんにちは。
オブラートに包まれているような、そうですね、そんな感じ。
私この洛中洛外図大好きなんですよ。
全体を俯瞰してみていますが、でも、細部を見るのも面白いし。
米沢の博物館はいろいろな見方ができたので、楽しかったです。

YUMI #- | URL | 2013/05/03 15:47 * edit *

紅葉狩り

素敵な絵です。
この時代、写真はなかったけれど、それ以上に美しい景色ですね。
緑と赤の配置が絶妙で、心に響く感じがします。
秋になったら、紅葉狩りをしようかな~と影響されたりして(笑)
京都の人は「上京」という言葉を使わない、と私も聞きました。
古都に住む方のプライドがにじみ出ているような…。

砂希 #- | URL | 2013/05/03 18:54 * edit *

別ファイルを拝見すると、安土桃山時代というのは、いまも残っているさまざまな日本文化・芸術が、数多く花開いた時代だったのですね。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/05/03 21:20 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、おはようございます。
いいでしょー、これ。
好きなんですよ。
秋になったら紅葉狩り、いいですねー。
京都の人のプライドはすごいですね。
関東人には絶対ないことだわ。
もしも首都が京都に移ったとしても、平気で上京と言いそう。

YUMI #- | URL | 2013/05/04 05:14 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、おはようございます。
そうですね、このあとにも書きますが、焼き物なんて、この時代がなかったら、絶対今のようにはならなかったですよね。
好き嫌いは別にして、重要な文化だと思います。

YUMI #- | URL | 2013/05/04 05:18 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。