QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

障壁画は権力誇示 

プレゼンテーション1

 今日は安土桃山文化のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、安土桃山文化のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は障壁画(しょうへきが)のお話を。障壁画とは襖や衝立などに描いた障子絵のことです。書院造の特色に、金碧障壁画があります。金碧障壁画は、金箔地に群青・緑青・白緑、朱などを用いた濃彩色の障壁画で、狩野永徳(かのうえいとく)によって新しい画法がつくられました。雄大で華麗なパノラマ金碧障壁画が描かれています。

 狩野永徳は、室町時代、漢画の技法と伝統的大和絵の技法を折衷した新しい画法をあみだしました。日本の四季の花鳥風月や風景を題材として、独特の画法を確立しました。金碧障壁画は、書院の装飾的としての意味だけでなく、その地位や権力あらわすものとして使われました。安土桃山時代には、織田信長の安土城や豊臣秀吉の聚楽第や大坂城などに華麗な金碧障壁画が描かれ、彼らの権力誇示に利用されました。

 狩野派は、時の権力者に取り入るのがうまく、この時代の障壁画のほとんどは狩野永徳とその一門が描きました。

 次に長谷川等伯(はせがわとうはく)。彼の作品は、秀吉が亡くなった愛児鶴松の追善のために建立した祥雲寺の金碧障壁画(その一部が現在、京都智積院に伝存)や松林図屏風が代表作です。中国・宋元の影響を受けた水墨の作品もあります。

 狩野派のもの、長谷川等伯のもの、スライドに多数載せてありますので、お時間がありましたらご覧ください。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

権力者に取り入ったという背景に関係なく
どうも狩野派の絵を見て
心を打たれた記憶がありません。

どうやら私は
「金ぴか」というものが
体質的にダメなようです(^^)

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/05/01 06:30 * edit *

ちは(#^.^#)

今も昔も金ぴかがお金持ちの象徴みたいな感じですね
(´▽`*)アハハ
でも、今よりも数少ない色目から、
後世まで残る絵がかける事は本当に凄い事ですよね。
狩野永徳をはじめこういった障壁画をマジマジと見た事がないので、今度出逢う事があったら、もっと真剣に見てみたいと思いました(*´∀`*)
私は、トップの観楓図屏風の絵が深い藍色や、朱や緑が深くて興味津々です。実際に見てみたいなぁ。
✩✩~

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/05/01 09:33 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちは。
金箔屏風はお好きではないですか。
まあ、わび・さびの文化ではないですよね。
ある意味、信長・秀吉にぴったり。

YUMI #- | URL | 2013/05/01 16:04 * edit *

狩野派から長谷川派へ

YUMIさま^^こんにちは~♪

やはりいつの時代でも、当時の権力者から
寵愛を受けるものが、後世に名を残すのですね。。。

しかし、狩野派は、壮大な宇宙観をも想わせ、
誰もが認める絵画は素直に、心に入ってきます。。。
いろいろお勉強になります、ありがとうございました~♪

紗真紗 #- | URL | 2013/05/01 16:28 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんにちは。
秀吉は黄金の茶室とか、ホント金が好きですね。
まあ、私も以前は金が好きでしたが…
今はプラチナです(笑)
本当に、色目も凄いですよね。
関西は秀吉がらみで、狩野派の作品もけっこうあるのではないかしら。
「観楓図屏風」は、次回でも扱います。
よかったら見てください。

YUMI #- | URL | 2013/05/01 17:33 * edit *

紗真紗 さんへ

紗真紗さん、こんにちは。
権力者に好かれるのは、名を残すには必要なのかもしれませんね。
反骨で名を残した者もいるでしょうが。
狩野派も長く続き、後世まで多くの作品を残しているのは、やはりそれなりの理由があるのでしょう。
個人的には、障壁画好きなんですよ。

YUMI #- | URL | 2013/05/01 17:37 * edit *

新聞小説で「等伯」の表題を見つつも、
じっくり読んでいませんでした。
スライドを見て、しっかり読んでいればよかったと後悔(涙)。
そういえば、画壇主流派の狩野派との権力争いの場面や、
絵を描く孤独な闘いが描かれていたように思います。
狩野派も好きですが、等伯のお猿さんや利休の肖像画のほうが好きかな。

takae h(fullpot) #A5.soH/6 | URL | 2013/05/01 19:33 * edit *

スライド見させていただきました。
明日ちょうど京都国立博物館の「狩野山楽・山雪展」に行く予定としていましたので、良い勉強になりました。また、博物館のすぐそばにある智積院にも行って、長谷川等伯一門の障壁画も見てくることにします。
また、よろしくお願いします。

kotodayori #- | URL | 2013/05/01 20:04 * edit *

なつかし~!

あっ、長谷川等伯だ!
スライドの国宝「松林図屏風」を観て、上野まで行ったことを思い出しました。
http://blog.goo.ne.jp/sasaki-saki/e/065cd2749514da90adc8f50dcc9aecaf
私生活の不幸は知らなかったか、忘れてしまったか…。
江戸到着2日後に亡くなるとは気の毒な。
狩野一派は、権力者に取り入るのが上手だったんですか。
胡麻すり上手??

砂希 #- | URL | 2013/05/01 20:06 * edit *

こんばんは~♪
体調が悪く病院に出かけていてお邪魔するのが遅くなりました。
明日は記事の更新も無理かもしれません(;^ω^)
お邪魔はできると思います(*^^)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/05/01 21:22 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/05/01 21:55 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/05/01 22:08 * edit *

狩野派の作品は
子どもの頃からあちこちで目にしました
もちろん挿絵程度のものですが
小学生にも記憶の対象となる訴求力がありました

狩野派には多くの芸術家がいたのでしょうね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/05/01 22:39 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
いやー、私もえらそうに書いていますが、長谷川等伯、そんなによく知らないのですよ。
でも、この絵を見て、けっこう感動しています。
安土桃山文化って、絢爛豪華というイメージが先にたって、それほどなじみがなかったのですが、あらためていいなーと思っています。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 01:51 * edit *

kotodayoriさんへ

kotodayoriさん、こんばんは。
スライド見てくださって、ありがとうございます。
「狩野山楽・山雪展」、それに智積院ですか。
いいですねー、羨ましいです。
ひと月くらい京都に行って、いろいろ見て回りたいです。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 01:54 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、こんばんは。
すごい、長谷川等伯本物を見たのですね。
砂希さんのブログ拝見しました。
国立博物館、見に行きたいけれど、あの混むのがね、苦手で…
図録も、遠くから行くものには重すぎですよね。
胡麻すり上手じゃないと、権力者の加護は得られないかもね。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 02:01 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
大丈夫?というか大丈夫じゃないよね。
このところ忙しくて無理したんじゃない?
訪問なんて気にしなくていいからゆっくり休んでね。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 02:03 * edit *

鍵コメ①さんへ

鍵コメ①さん、こんばんは。
わざわざコメントありがとう。
よかった。
安心しました(#^^#)

YUMI #- | URL | 2013/05/02 02:06 * edit *

鍵コメ②さんへ

鍵コメ②さん、こんばんは。
どうもみなさん狩野派よりも長谷川等伯系のほうがお好きなようですね。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 02:08 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
狩野派は作品は知らなくてもその名はみんな知っていますよね。
ここから江戸時代まで活躍するわけですから、息がながいですよね。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 02:10 * edit *

ぼくはどうもこの狩野派の障壁画というのが肌に合わず、そのため日本画を敬遠して、ピカソとか西欧の近代絵画から美術の世界に入りました。
日本画を熱心に見るようになったのは、「琳派」を知ってからでした。
狩野派の、権力に媚びを売るような大袈裟な画風より、お洒落で自由だと感じて、それで日本画の世界に入りました。
それでも、京都などへ行きますと狩野派を鑑賞する機会もあります。迫力を感じることは確かです。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/05/02 18:44 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
ディックさんも、狩野派はあまりお好きではないですか。
たしかに「琳派」はすごくいいですよね。
狩野派は、権力に媚びを売るようなという感は否めませんからね。

YUMI #- | URL | 2013/05/02 19:16 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。