QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

苦労も知らず、醍醐の花見 

秀吉

 今日は豊臣秀吉のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、豊臣秀吉のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は慶長の役の話です。朝鮮の宗主国である明のもたらした国書は、秀吉を日本国王に封ずとのみ書かれていて、とうてい秀吉の意にかなうものではありませんでしたので、再出兵となります。1597年慶長の役です。将兵14万余りを派兵しますが、当初より戦局は悪化します。戦場は半島南部に限定、朝鮮義民軍・明軍の激しい抵抗、日本水軍の劣勢これは李舜臣の率いる朝鮮水軍の抵抗によります。補給路断絶による食料不足、厭戦気分の広がりなどが原因です。朝鮮出陣勢と秀吉や石田三成らの溝も大きかったと言われます。飢餓地獄のような朝鮮出陣軍をしりめに、秀吉は醍醐の花見を行ったりしているのですから。1598年8月、秀吉が伏見城で死去すると、全軍撤退となります。

 蔚山、泗川、順天への攻勢を退けた日本軍でしたが、既に秀吉は8月に死去しており、戦争を継続する意義は失われていました。そこで10月15日、秀吉の死は秘匿されたまま五大老による帰国命令が発令されました。

 この戦争では首よりも鼻が戦功の証とされ、多くの鼻が塩漬けにされ、日本に送られました。これを埋めて築かれたのが京都方広寺そばの耳塚です。

 当時の朝鮮半島は、陶磁器の技術も日本よりも進んでいたため、多くの陶工たちが無理やり連れ帰られました。萩焼や有田焼、薩摩焼などの祖はこの時連れ帰られた陶工たちです。

 この戦争では掠奪・狼藉・暴行が多数行われました。兵士たちは捕えた朝鮮の男女や子供を、日本に、まるで土産物のようにおくってきました。奴隷として売られた人々も多かったようです。秀吉も、大名に対し、連れ帰ったものの中に細工を得意とするものなどがいたら進上するようにと言っています。こうした掠奪は、日本国内の戦場で行われていたことが、そのまま朝鮮の戦場に持ち出されたものだということです。
 
 秀吉は伊藤博文と並び、朝鮮半島の人々から忌み嫌われている日本人だという話は有名ですが、それも仕方がないことかと思います。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

「人は富を得ると
その引き換えに魂を失う」という言葉を
何かの本で読んだ記憶があります。

天下人となった秀吉も
そうだったのでしょうね。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/04/24 06:24 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/04/24 14:27 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちh。
富や権力を得て魂を失うよりは、富も権力もなくても、豊かに生きられる方がいいなー。

YUMI #- | URL | 2013/04/24 16:06 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
秀吉と伊藤博文が韓国人に嫌われるのは仕方がないですね。
秀吉の二回の朝鮮出兵と明治末期の伊藤博文による朝鮮植民地化への足掛かりをつくった歴史を振り返れば当然だと思います。
根底には二人とも中国・朝鮮蔑視があったのではないでしょうか。
現代日本人にもそういう傾向が復活しつつあるように感じますね^^

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/04/24 16:59 * edit *

鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんにちは。
当時、ヨーロッパの国々が東洋侵略の拠点を構え、中国に目を向けていたのは確かでしょうね。
でも、秀吉がこれらの国々の先手を打って中国に勢力を伸ばし、これらの国々に対抗しようとしたというのはどうでしょうか。
秀吉が年老いたからとか私欲に走ったとまでは言わないまでも、そんな大きな考えがあってとは私は思わないのですが。
明というか中国は柵封体制をとっていて、それは日本もわかっているわけです。
そんな中国に挑むこと自体無謀ではないかと思います。
また、小西行長や宗氏の努力もわからず2度の出兵、飢餓地獄も知らずの情勢判断、やはり非難されてしかたないかと思います。

YUMI #- | URL | 2013/04/24 17:01 * edit *

たいへん勉強になります。。。

YUMIさま^^こんにちは~♪

どうして、人は^^、
君臨すると、こうなのでしょうか、考えます。

方広寺そばの耳塚のことは、ディックさまのお部屋で、
拝見しましたが、もう言葉がありません。
伊藤博文のことも知りたくなりました。
分かりやすい解説を、ありがとうございました~♪(#^.^#)

紗真紗 #- | URL | 2013/04/24 17:04 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
秀吉と伊藤博文が韓国人に嫌われるのは仕方がないことだとは思います。
でも、伊藤博文の場合は、韓国併合の足掛かりを作ったの伊藤博文ですが、秀吉のように天下人としての政治をとっていたわけではなく、彼が強引にに推し進めたというわけではないようなで、少し気の毒にも思います。

YUMI #- | URL | 2013/04/24 19:54 * edit *

紗真紗さんへ

紗真紗さん、こんばんは。
耳塚、ディックさんが京都に行かれた時のお写真にありましたね。
最初は鼻塚と言っていたそうですが、ちょっと悪趣味なので、耳塚にしたとか。
どちらにしても、ちょっとねーというのにはかわりがないと思うのですが。
伊藤博文まではまだまだだいぶ先が長いですが、お待ちくださいね(*^^*)

YUMI #- | URL | 2013/04/24 19:57 * edit *

大義名分のもとの犯罪行為、
今の戦争も同じでしょうけれど
とうてい認められるものではない、と思っています

ザ・ビートルズの叙勲に勲章を返還しようとした軍人に対し、
ジョン・レノンの言葉、
ぼくたちは人を楽しませて勲章をもらった、というのを
思い出しました

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/04/24 23:51 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、おはようございます。
ジョン・レノンの言葉、いいですね。

YUMI #- | URL | 2013/04/25 07:21 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。