QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

天平文化No.2 

今日は、天平文化の続きです。

天平文化のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

仏像は、この時代乾漆像(麻布を漆で張り重ねたり、漆と木粉を練り合わせたものを盛り上げて像を形作る方法)と塑像(心木に縄などを巻きつけ、粒子の荒い荒土から、細かい仕上げ土へと順次盛り上げ、へらや指で造型する)があります。乾漆像の代表的なものが興福寺八部衆像(阿修羅像など)、十大弟子像、唐招提寺鑑真和上像、東大寺法華堂(三月堂)不空羂索観音像などです。また塑像の代表的なものが、新薬師寺十二神将像、東大寺法華堂執金剛神像、日光菩薩・月光菩薩像、東大寺戒壇院四天王像などです。どれも素晴らしい仏像です。

ミーハーですが、阿修羅像はやはり良いですね。奈良を訪れると、必ず会いに行ってしまう仏像のひとつです。興福寺は、多くの仏像を宝物館で見ることになります。ところが東大寺の法華堂や新薬師寺は、お堂の中に仏像が安置してあります。湿度や温度等保管の問題があるでしょうからどちらが良いとは言えませんが、法華堂で 日光菩薩・月光菩薩像にお会いすると、なんだかホッとします。ゆっくりといつまでも座って見ていたいと思います。新薬師寺十二神将像も本当にすばらしいものです。

工芸品としては正倉院の宝物です。中国や西域、遠くはペルシャなどからの輸入品を含めた絵画・書・漆工・木工・陶器・ガラス器・楽器・仮面など、古代の美術工芸の粋を集めた作品が多く残っています。ガラス器など、現代の作といってもよいような、洒落たものがありますよね。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

YUMIさんここんにちは☆

仏像は眺めているだけでもいいですね~
無信仰の私がすごいと思ったのは十二神将像です。
私の住んでいる県の通称蟹薬師で国宝の十二神将像を一度だけ見ることかできました。
本島は撮影禁止なんだけど、内緒で撮ってきました``r(^^;)ポリポリ

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2011/11/27 16:46 * edit *

まり姫さんへ

十二神将像は本当にいいですね。薬師寺の十二神将像大好きです。
蟹薬師の十二神将像というのも、見に行ってみたいです。

YUMI #- | URL | 2011/11/27 16:57 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/56-d1f8040a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。