QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

日本文壇史 

 最近読んでいる本、伊藤整さんの「日本文壇史」です。「日本文壇史」は、伊藤整と瀬沼茂樹による作品、全24巻です。明治から大正の日本の文壇史を、伊藤整が1952年から「群像」で連載をつづけましたが、伊藤整の死によって18巻で途絶えました。それを旧友の瀬沼茂樹が書きつぎ完成させたものです。

 坪内逍遙や二葉亭四迷からはじまって、漱石、鴎外、一葉、藤村、独歩、蘆花ら、若き彼らが、文学、恋に悩みつつ、生き抜いていく様子が書かれています。

 私はまだ3巻目ですが、ここでは彼らが青春期の悩みに直面し、それぞれ全能力を発揮して、自己の人生を生きぬこうとしています。明治そのものの青春絵巻という感じです。

 幕末の若き志士たちが、明治という時代の幕を開け、若き作家たちが、新しい文学を作り上げていきます。明治という時代については、皆さんそれぞれのお考えもあるとは思いますが、少なくとも現代のような閉塞感ばかりの時代ではなく、未来に夢をもてる時代だったと思います。若い人たちが作り上げ、活躍した時代なのですから。

 明治の文豪たちの作品は、電子化されたものも多く、手に入りやすくなっています。彼らの作品を読むにあたって、この「日本文壇史」を読んで、明治という時代の息吹や、文豪たちの苦悩を味わうのもいいのではないかと思います。

 この「日本文壇史」は電子化はされていません。どうも絶版になっているみたいなので、古本か図書館で借りるしか読む手段はないようです。私は古本で手に入れました。まだまだ先は長いですが、がんばって読んでみます。

 とにかく面白いです。


紫の花

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

YUMIさんこんにちは~♪
大作の読破に挑戦中ですか^^
明治の文壇にも海外から様々な影響を受けた作家がいるでしょうね。
ひとつの視点だけにとらわれず広い視野で明治の作家たちの作品を読むのもいいかもしれませんね(#^.^#)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/03/30 17:28 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
ホント大作ですね。
まずは伊藤整の書いた18巻までをがんばろうかなと。
作品を書くにあたっての、エピソードや作家たちのからみやとにかくおもしろいですよ。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 19:24 * edit *

日本文壇史、いいですね。挙げられているような明治の作家たち、漱石や鷗外、藤村以外は、ずっと名前だけは憶えているという存在でしたが、kindle のおかげで、有島武郎、永井荷風、幸田露伴、泉鏡花、国木田独歩などの作品と触れることができました。
ご紹介の全24巻は大作過ぎてなかなか手が出ませんが、新国語便覧などの参考書を傍らに置いて読んでいます。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/03/30 20:02 * edit *

苦悩…

娯楽の少なかった時代。
悩むことにも集中できそうな気がします。
今は悩んでいる間にも、ブログを更新したり映画を観たり。
気がつくと忘れていることがあります。
とても文学ひとすじに突っ走ることはできませんね…。
明治の息吹は、その時代に生きていた人にしかわからないでしょう。
興味はあります。
機会があれば、読んでみたいですね。

砂希 #- | URL | 2013/03/30 20:16 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
これ読み始めて、ディックさんのこと思い出しました。
kindleで明治の作家の作品を読んでいると言われていたので。

まだ読み始めたばかりですが、一葉や鴎外や藤村やの、恋や悩みまで詳しく出てきて、なかなかおもしろいです。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 20:33 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、こんばんは。
ホント、現代は悩むことにも集中できないかも。
でも私は気が小さくて、悩むとけっこう入りこんじゃうんだけど…

明治という時代はなんとなく感じられるかなと思います。
おすすめではありますが、でも読むのは大変ね。
退職者だから読めるかな?

YUMI #- | URL | 2013/03/30 20:36 * edit *

骨のありそうなものを選んでいらっしゃるようですね
大作を読める心の余裕を持ちたいものです

気が付けば日々に追われて忙殺、
もっと人生を楽しまなければ、と
反省することしきり、です

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/03/30 21:15 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/03/30 21:15 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
たしかにこういうのは、余裕がないと読めませんね。
源氏物語をきちんと読んだのも、退職してからでしたから。

そうですよ。
人生を楽しんでください。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 21:38 * edit *

鍵コメさんへ

鍵コメさん、こんばんは。
応援ありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 21:38 * edit *

え~、電子化されていないのですか~残念。
おもしろそうですね。読めないとなると
余計におもしろそうに思います(笑)。
古本との出会いは、ご縁以外のなにものでもありません。
きっと本とYUMIさんの運命が重なったのですね。
うらやましいな。
といいつつ、私は日本の神話についての本をたのしんでいます。

takae h(fullpot) #A5.soH/6 | URL | 2013/03/30 22:40 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
そうなんです、電子化されてないんですよ。
古本との出会いはご縁、ホントそうですね。
私の求めた本、すごくきれいなんですよ。
どうも読んだ形跡がない。
きっと本も私に読まれるのを喜んでいるでしょう(笑)

日本の神話についての本、おもしろそうです。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 23:01 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/03/31 22:37 * edit *

鍵コメさんへ

鍵コメさん、おはようございます。
はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。

歴史の記事を読んでくださっってありがとうごあいます。
古代からはじめて、やっと秀吉まできました。
過去記事まで読んでいただけると、ホントうれしいです。

よろしくお願いします。

YUMI #- | URL | 2013/04/01 05:30 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。