QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

千利休の死 

秀吉

 今日は豊臣秀吉のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、豊臣秀吉のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は秀吉の経済的基盤のお話です。
 経済基盤、まずは秀吉政権の直轄地です。蔵入地(くらいりち)と呼ばれる直轄地が、46カ国で約220万石。畿内とその周辺が7割だそうです。鎌倉幕府が関東御領という直轄地、室町幕府が御料所という直轄地を経済的基盤としましたが、秀吉政権では直轄地を蔵入地と言います。徳川氏が約240万石、上杉・毛利氏が各々約120万石と比べると、秀吉の直轄地は多いとはいえないと思います。それを補うのが直轄都市からの収入でしょうか。京、大坂、堺、伏見、長崎などの主要都市を直轄とします。それらの都市の豪商を武器・兵糧・資材の調達や輸送に利用します。
 重要人物として、博多の島井宗室(とりいそうしつ)、彼は博多三傑の一人で朝鮮貿易家です。同じく博多の神屋宗湛(かみやそうたん)、彼は秀吉に気に入られ、朝鮮出兵の後方兵站の補給役を務め、晩年の秀吉の側近として活躍しました。堺の千利休(せんのりきゅう)、今井宗久(いまいそうきゅう)、津田宗及(つだそうきゅう)等もいます。彼らは茶人でもあり、茶湯の天下三宗匠と称せられました。
 
 千利休は1587年の北野大茶会を主管し、一時は秀吉の重い信任を受けました。秀吉の弟秀長は「内々の儀は宗易(利休)、公儀の事は宰相(秀長)存じ候」と言ったそうです。秀吉の黄金の茶室の設計などを行う一方で、わび茶の完成へも力を尽くします。3千石の禄を賜わるなど、茶人として最高の名声と権威を得ました。ところが1591年、利休は突然秀吉の逆鱗に触れ、堺に蟄居を命じられます。利休の弟子である大名たちが奔走しますが、利休は切腹を命じられます。利休の首は一条戻橋で獄門にかけられ、罪状を記した高札が立てられました。

 利休が秀吉の怒りを買った原因は、「大徳寺三門改修に当たって増上慢があったため、自身の雪駄履きの木像を楼門の二階に設置し、その下を秀吉に通らせた」とする説や茶器の売買で不当の利益を得たことなど諸説あり、はっきりはしないようです。利休が一切の釈明や謝罪をしなかったために秀吉の怒りはつのり、切腹を命じたとも言われています。秀吉の弟秀長が亡くなり、秀長がいてバランスがとれていた利休の役割が妥当性を失ったのかも。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

YUMIさん おはよう

千利休さんですか。
このあたりから秀吉の魅力が、だんだん薄れてくるような・

秀長の役割は裏日本史の分野があるなら、
重要な人物の1人として取り上げられるでしょうね。

で、YUMIさんは、たしか裏千家じゃなかったですか?


coffee break #- | URL | 2013/03/29 05:45 * edit *

coffee breakさんへ

coffee breakさん> 、おはようございます。
秀長は、重要人物ですね。
尊氏に対する直義なんかもそうでしたけどね。

はい、私は裏千家でお茶習ってました。
すごーく昔の話ですが(笑)

YUMI #- | URL | 2013/03/29 08:34 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
秀吉の暴走が始まったのは秀長没後ですよね。
「内々のことは云々・・」は大友宗麟が遺した文書で明らかですが、秀吉を諌める人物がいなくなったことで、千利休の後ろ盾となる人物がなかったのではと推察します。
のちの五奉行が秀吉の寵愛を得るために讒言したとも考えられないでしょうか。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/03/29 16:45 * edit *

利休

私も、秀吉の豹変ぶりを知ったとき、たいそう驚きました。
人の心は、真逆に変われるものなのかと。
武人ならともかく、茶人の首をとるとは…。
理由のはっきりしないところが、またミステリーですね。
私は白黒はっきりつけたがる性格です(笑)

砂希 #- | URL | 2013/03/29 17:30 * edit *

本当に、秀吉はなぜ……。恐ろしいものですね。
その激しさにかつての信長を連想します。
と、同時に、黙って腹を切った千利休には感じ入りますね。
天下人よりも大きな器を感じますが
狭い茶室に広大無辺の宇宙を
一服の茶に永遠の時を見る茶人なら
当然なのかもしれません――笑。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/03/29 20:39 * edit *

Re: まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
秀長の存在って、ホント大きかったのだと思います。
五奉行が讒言、あるかもしれませんね〜。

YUMI #- | URL | 2013/03/29 21:18 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、こんばんは。
利休の件に関しては、ホントミステリーです。
茶人に切腹させるとはね…
それも、死後罪人としての扱い。
あれだけかわいがってやったのにと思わせるような何かがあったのでしょうか。

私はグレーな性格かな?

YUMI #- | URL | 2013/03/29 21:21 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
たしかに信長が同じことをやったとしたら、それほど驚かないかも。
利休について知りたくなりました。
お茶は習ったことありますが、そんなお茶の極意まではわからないし。
お茶ももう一度、やってみようかな。

YUMI #- | URL | 2013/03/29 21:24 * edit *

何が不和の原因だったのか、この謎は、どのようにでも想像できるのでおもしろいですね。
山本兼一さんの「利休にたずねよ」を読みました。
ぼく流の感想を書いています・よろしかったら…。↓
http://blog.livedoor.jp/dick21/archives/51694649.html

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/03/29 21:58 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
歴史は、こういうミステリーがいっぱいあって楽しいなと思います。
いろいろ想像できますから。
「利休にたずねよ」、読んだことありません。
のちほどうかがって、じっくり読ませていただきます。

YUMI #- | URL | 2013/03/29 22:02 * edit *

みな、宗の字が付くのですね

諸説あって真相は謎とされている、逆鱗とやら
本当は秀吉に理があるような気もします

信長の行動なども、知るにつれて
納得させられることがありました
まだまだ、こちらで勉強させていただきたいものです

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/03/29 22:35 * edit *

利休の子、少庵

YUMIさま^^こんばんは~♪

千利休の揺るぎない世界観には圧倒されます。
利休の茶道が途絶えることを惜しんだ会津の領主、蒲生氏郷は、
利休の子、少庵を会津に囲い、秀吉に千家再興を願い出たことなど。。。
実は、鶴ヶ城本丸内にあります茶室「麟閣」を見てきたものですから、
そのことを思い出しました。
もう一度茶道に身をおきたいです。

紗真紗 #- | URL | 2013/03/29 23:46 * edit *

日本史でよくわからないのが
この時代の茶人の力の強さや
茶器の法外な値段なんですよねぇ。

もちろん
「茶」というのは
素晴らしい文化だとは認識していますが。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/03/30 01:25 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、おはようございます
秀吉派、利休派いろいろいらっしゃいますから、なんとも言えませんが、私は、茶人に切腹を命じなくてもとは思うのですが。
俊寛の例にみられるように、かわいがったやつにうらぎられるとよけいに逆上というのはあるかも。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 07:56 * edit *

紗真紗さんへ

紗真紗さん、おはようございます。
いやー、紗真紗さんのほうがよくご存じで。
私、少庵の事まではしりませんでした。
勉強不足(>_<)

若いころやった茶道ですが、最近はお寺に行ったときに抹茶をいただく程度。
また茶道の世界をのぞいてみるのもいいかなと思います。

YUMI #- | URL | 2013/03/30 07:59 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、おはようございます。
この時代の茶人というか商人の力の強さなのかもしれませんね。
武士たちが茶の湯にはしるのも、明日をも知れぬ命だから?

YUMI #- | URL | 2013/03/30 08:25 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。