QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

一揆よ起て、信仰のために命をすてよ 

信長

 今日は織田信長のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、織田信長のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は石山戦争です。石山戦争とは1570年の石山挙兵から1580年の顕如退去までの10年間、あしかけ11年を指すようです。戦国時代最大の宗教勢本願寺勢力と、天下布武を目指す織田信長との軍事的政治的対立です。石山合戦の終結と同時に各地の一向一揆はその勢いをなくしていきます。この10年間ですが、信長の上洛から信長の死までの織田政権15年間のほとんど大半の占めています。

 一向宗は証如の時代に、京都に近く交通の便の良い大坂御坊を本拠とし石山本願寺と改めました。その本願寺、三好衆の軍を追って大坂に迫った信長が、石山をも破却しようとするのを目にして、挙兵に踏み切りました。顕如自ら「一揆よ起て、信仰のために命をすてよ」と号令しました。のちには「娑婆は一たんの苦しみ、未来は永世の楽果」とも説いたそうです。こうした宗主の檄文は70通はあるそうです。この檄文、すごいですね。

 本願寺は自前の軍を常備してはいませんでしたので、顕如は全国に軍役を求める檄文をだしました。これにこたえ、一向宗徒が戦いにかけつけ、支援物資を送ってきました。

 1580年信長は、天皇の命令による講和という形で、顕如の大坂立ち退きと引き換えに一揆衆すべての生命を保障するとし、顕如は降伏し、各地の一揆衆に停戦命令を出し、大坂を退去しました。

 この石山本願寺の跡地に、秀吉は大坂城を築きます。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

一向宗の団結力というのは
想像を絶するものだったのでしょうね。

信仰心というのは
一歩間違うと
恐ろしいものだと感じます。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/02/10 10:46 * edit *

10年

仕掛けられた戦とはいえ、軍隊のない本願寺が、よく10年も持ちこたえられましたね。
信仰のパワーが感じられます。
正義のために戦うと思えば、本来の力以上に活躍できるのかも。
殺傷をして、死後の幸福は得られたのでしょうか。

砂希 #- | URL | 2013/02/10 14:57 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
一向宗には上杉謙信や徳川家康も苦しめられましたね。
一向宗門徒に百姓が多かったことも武士階級を苦しめる土台になっていたのではないでしょうか^^
要塞のような石山本願寺も門徒からの資金でつくられたものだと聞きました。
狂信的な信仰の怖さを改めて感じますね(*^^)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/02/10 16:37 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
一向宗の団結力、この戦争を10年も続けるのですから、おして知るべしです。
信長も、恐ろしかったでしょうね。

YUMI #- | URL | 2013/02/10 18:44 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、こんばんは。
10年というのは本当にすごい。
それも信徒たちがでうからね。
たしかに本来以上の力が発揮できた証拠でしょう。
顕如がすぐれた軍師だったわけではないでしょうから。
死後の幸福?得られたならばよいのですが…

YUMI #- | URL | 2013/02/10 18:47 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
信徒の、信仰の力は偉大ですね。
私は無宗教なので、信仰がそれほどのものなのかわかりませんが…
狂信的な信仰の怖さ。
そうかもしれませんね。

YUMI #- | URL | 2013/02/10 18:49 * edit *

こんばんは!
驚きました。信長はその政治生命をかけて
一向宗徒と戦っていたのですね。

やはり宗教の力はすごい。
死後の幸福を担保されると
死を恐れなくなりますから
人間は強いですね。

現代も変わらぬ戦いが世界で繰り広げられています。
切ないものです。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/02/10 21:24 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、おはようございます。
ホント石山戦争が10年というのは頭にありますが、それが信長の政権の3分の2とは…

浄土宗系はみな死後の極楽往生をねがいますが、それを約束されれば、死をも恐れなくなれるものでしょうかね。
私にはそこまでの境地はわかりません。

でも、だから現代でも宗教戦争はなくならないのですね。

YUMI #- | URL | 2013/02/11 06:20 * edit *

大阪では石山本願寺をあまり取り沙汰しないようです

大坂城のイメージが濃いから、でしょうか
そこに石山本願寺があったことさえ、知らない人が多いようです

農民の苦しみは想像できますが
一向宗に身を投げることが
とても恐ろしく思います

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/02/11 08:48 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんにちは。
大阪の方はやはり秀吉びいきで、その土地は大坂城なんですね。
たしかに、このブログで前に石山本願寺のことを書いたときに、大坂城の前身だとは知らない方も多かったように思います。

信仰のために、来世のために命をすてることはできません、私は。

YUMI #- | URL | 2013/02/11 14:21 * edit *

FREUDE さんがおっしゃるように、ぼくも以前「石山本願寺ってどこにあったのか」と思っていました。
跡地に大阪城が築かれたため、石山合戦の規模とか、どのくらいの広さのところにどのくらいの一向宗門徒が閉じこもって戦ったのか、イメージしにくくなっています。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2013/02/11 16:20 * edit *

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは。
石山本願寺の跡地が大坂城になったって、想像以上にご存じないんですね。
あまりに交通の要地のため、信長にもねらわれ、果ては大坂城になったようです。

YUMI #- | URL | 2013/02/11 19:21 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。