QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

なぜ義昭を? 

信長

 今日は織田信長のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、織田信長のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は1568年信長が足利義昭(13代将軍足利義輝の弟)を奉じて入京したのち畿内を制圧し、義昭を15代将軍に就任させ、実権を掌握した話からです。その後義昭と信長は不和となり、義昭は浅井長政・朝倉義景・武田信玄・石山本願寺と結ぶようになりますが。    

 信長は1568年足利義昭を奉じて上洛の途につきます。信長は当初この上洛により幕府と朝廷の復興をめざし、幕府体制を自己の力で維持しようと考えました。この段階では独自の政権を樹立しようと考えていたわけではないようです。
 しかし、なぜここで室町将軍がでてくるのか。室町幕府なんてもう何の力もないでしょう。ましてや織田家は守護から国の支配権を奪ったわけで、室町幕府の体制からは異質な存在です。しかし、信長をはじめ戦国大名たちは、他国への侵略を正当化する名分が必要で、それを与えてくれるものとして将軍や朝廷が必要だったのです。信長も将軍と密接な関係をつくることで、尾張支配を正当化してもらおうと考えたのでしょう。信長だけでなく戦国大名はみな、中央の権威との結びつきを重要視していますが、こういう意味合いがあったのですね。

 この他にも信長は右大臣兼右近衛大将となったり、朝廷に献金をしたり御所の建築をしたり、朝廷との関係も密接にします。金を出し、口も出すということでしょうか。

 将軍義昭は信長を語るうえでけっこう重要な人物です。こののちの石山戦争なども彼が絡んでくるわけですし、明智光秀も義昭と関係があります。ということで、今日はなぜ信長が義昭と関係をもったかというお話でした。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

当時の戦国大名にとって
「上洛する」ことは
大きな夢だったのでしょうね。

上洛後の信長が
どうなるのか楽しみです(^^)

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2013/02/04 06:17 * edit *

おはようございます!
なるほど~
そういうことで、将軍家との関係を
深くしたかったのですね。
こういう時代には、よくある手段のようにも思えます。
どういういきさつで、義昭との間が上手くいかなくなったのか、
それも興味津々です!

Harvest Moon #- | URL | 2013/02/04 08:24 * edit *

ちは(^0_0^)
将軍と戦国大名との関係にそんな意味があったのですね。
足利義昭を将軍に就任させ実権を握りたかったのに、
その思惑が上手くいかなくなって。。不和になったのかしらん??
さらに、明智光秀とも関係があるとなると。。
義昭と関係を持たなければ。。もっと長く天下を収められたのかなぁ??
↓11人の人骨凄いですよね。
マンション建設関係者は迷惑でしょうが(^^ゞ。
✩✩~

TOMOママ #M8dLFX8E | URL | 2013/02/04 10:25 * edit *

織田信長にとっての足利義昭は
傀儡政権だったのではないか、と思っています

何だかラストエンペラーを思い出します

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2013/02/04 15:22 * edit *

YUMIさんこんにちは~♪
織田信長が足利義昭を利用したことは間違いないでしょうね。
足利義昭の思惑と織田信長の思惑がまったく違っていたというのも面白いですね(笑)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2013/02/04 17:03 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
戦国大名は、守護代が守護を倒したり、まずは領国を治めることが夢。
その上の天下をねらうって、彼らにとって、なんと壮大な夢なのか。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 20:15 * edit *

Harvest Moonさんへ

Harvest Moonさん、こんばんは。
ここでは武士が室町将軍という権威を求めますが、江戸時代になっても、今度は将軍が天皇という権威を利用する。
日本はこういうことの繰り返しですね。
まあ、日本だけではないかな。
傀儡政権って、どこでも出てきますからね。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 20:30 * edit *

TOMOママさんへ

TOMOママさん、こんばんは、
傀儡にしようとしても、相手は最初はよくても、やはり傀儡には我慢できませんよね。
明智光秀も、義昭との関係があって信長に嫌われたかも。

人骨すごいでしょ。
マンション関係者、こんなニュースにはなっちゃうし、あちゃーでしょうね。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 20:33 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
あれっ、旅先からですか?
ありがとうございます。
傀儡、私も思い出すのは溥儀ですね。
ラストエンペラー、子役がかわいかった。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 20:34 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
たしかに足利義昭と織田信長の思惑がまったく違っているのですものね。
まあ、それが人間ですか。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 20:38 * edit *

こんばんは。
たまに拝見、勉強させていただいています。

日本の歴史では、革命に相当する政権交代があったときでも、必ず皇室(朝廷)を祀り上げて、勅令を出させて、大義名分の元に前政権を滅ぼしていますよね。

こういうやり方って日本独自のものなんでしょうか。



tmz #- | URL | 2013/02/04 21:22 * edit *

こんばんは! 

戦争を仕掛ける側も守る側も
どちらが先に大義をかざすかが重要ですね。
それは言いかえれば

どちらが先に錦の御旗を掲げるか! なのでしょうね。

そういう面からみると
戦はいつもきわどい争いのようです。

takae h #A5.soH/6 | URL | 2013/02/04 21:24 * edit *

tmzさんへ

tmzさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
私も世界史は詳しくないのでなんともいえませんが、中国でも西洋でも王朝が変わるときは前王朝を滅ぼしてが原則だと思いますから。日本のような例はすごく難しいのではないかと思います。
そこが天皇制の謎でしょうか。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 21:39 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんばんは。
日本人にとっては大義名分ってすごく重要なことなんですね。
この時代でも幕末でも同じ。
というか、ずっとそう。
ここでは天皇というよりも将軍を利用するわけですが、これ以後は朝廷を利用していくわけで。
秀吉にしろ、家康にしろ…
天皇って何なんだろうと考えてしまいます。

YUMI #- | URL | 2013/02/04 21:45 * edit *

私の母方の先祖は、信長、秀吉、家康と仕えてきたそうで、昨年末の滋賀の旅で再発見しました。
お時間のある時にご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/shizuyashizu/e/38b912bcf48d33d9a0fca835d4a00048

しずか #- | URL | 2013/02/05 13:35 * edit *

しずかさんへ

しずかさん、こんばんは。
記事読ませていただきました。
すごいですね、ご先祖様は信長や秀吉に仕えた武士ですか。
それを探しに滋賀の旅でしたか。

YUMI #- | URL | 2013/02/05 19:36 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。