QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

朝貢形式を嫌い… 

日明貿易

今日も日明貿易のスライドの紹介です。

日明貿易のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

前回倭寇について説明しました。中国明側はこの倭寇に苦しみますので、日本に対し倭寇の禁圧を要求します。そして日明貿易が始まるわけです。日本側にしてみても、財政的には苦しんでいます。貿易をはじめれば大きな利益があるわけですから、日本・明利害関係が一致したわけです。

1401年、3代将軍足利義満は、僧祖阿(そあ)と博多商人肥富(こいずみ)を明に派遣します。正使は祖阿です。これ以後遣明船の正使・副使は臨済宗の五山関係の僧から選ばれるようになったようです。五山の僧は、この他にも、室町時代政治面でずいぶんと活躍をします。もちろん文化面でも活躍しますが。まあ、どちらの活躍も、また後日説明します。

1404年、足利義満は正式に日明貿易を開始します。勘合貿易といわれるものですが、勘合についてはあとで説明します。日明貿易の初期は、貿易を幕府が独占します。

しかし、1411年、4代将軍足利義持(よしもち)は、日明貿易を中断します。これは、日明貿易が朝貢(ちょうこう)貿易の形をとったため、これを屈辱的と考えたためと言われています。朝貢形式ですが、これは足利将軍が明皇帝に朝貢して、日本国王に封じられるというものです。この「日本国王」についてはまたあとで説明します。

義持の中断は朝貢という形式もたしかにあったと思いますが、もうひとつ言われているのは、義満と義持の親子関係です。このふたりは実の親子ですが、関係はあまりよくなかったようです。義満は義持の弟を偏愛しました。また、義持の母親(義満の妻)が亡くなったとき、義満はその葬儀にも出なかったとか。というようなことがあって、その仲は険悪だったようです。朝貢形式そのものへの不満もあったのでしょうが、義満に対する思いもあって、日明貿易を中断しました。

1432年、6代将軍足利義教が、日明貿易を再開します。これは貿易の利に着目したからでしょう。1433~1495年の貿易は、幕府船だけでなく守護大名や寺社が参加するようになります。

さて勘合貿易とはどのような形?また「日本国王」とは?
そのあたりからまた次回。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

「我々は世界の中心だ」という考え方は
今も変わらないのが漢民族なんでしょうね。

経済発展とともに
彼らの傍若無人ぶりに拍車がかかるのが
なんとも不愉快極まりないですわ。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2012/08/19 06:37 * edit *

国利より家族への感情が優先する。
今では考えられませんが……
だから室町時代は続かなかったのかな。

そのあたりが洗練されてこその政治でしょうね


個人的には、五山の僧の政治への関与に興味があります。楽しみにしています。

takae h #- | URL | 2012/08/19 12:37 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんにちは。
中国の中華思想はなかなかすごいものだと思いますよ。
それが古代からずっとなんですから。
でも、この時代にしても、だからいやだとは言えないわけで。
せめて現代は、毅然とした態度をとって欲しいです。

YUMI #- | URL | 2012/08/19 15:06 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、こんにちは。
たしかに、感情で貿易をやったりやめたり。
国民のことは眼中にないですね。
でもそれは、党のことが第一で、国民がみえていない現代も同じですね。

五山僧、がんばります。

YUMI #- | URL | 2012/08/19 15:08 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
中国との付き合いは古代から始まってますよね^^
その頃から日本は中国の影響下にあったのではないかと思うのですが・・・
室町幕府の当時でも、まだ政経分離などというのは無理なことだったのでしょうね(*^_^*)
外交下手は当時からあったように思えちゃいます^^

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2012/08/19 17:01 * edit *

初コメント失礼します!

日明貿易、学生の頃ならいました。
しかし、ここまで詳しくは解説してくれませんでした。

倭寇との利害関係で、貿易が行われたのは知っていましたが、
まさか朝貢貿易という形を嫌ったために中断したのはしりませんでした。


日本史のこのあたりの時代はかなり記憶から消えてしまっているので、勉強になります。

これからもよろしくお願いします。

ぽちっときました!

諸葛菜@三国志後半人物辞典 #l9sJXENo | URL | 2012/08/19 20:23 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
室町幕府は、禅僧が活躍しますからね。
政教分離ではないですよね。
でも、江戸よりはましかな?

ホント、日本の外交下手は昔からですね(^^;)

YUMI #- | URL | 2012/08/19 20:46 * edit *

諸葛菜@三国志後半人物辞典さんへ

諸葛菜@三国志後半人物辞典さん、こんばんは。
ご訪問、コメントありがとうございます。
そうですね、朝貢形式を嫌い、また親子関係の確執が日明貿易の中断にかかわっていたとは授業ではやらないかも。
でも、そういうことをやらなければ、わかりませんよね。

応援ありがとうございます。
よろしかったら、またおいでください。
私も訪問させていただきます。

YUMI #- | URL | 2012/08/19 20:49 * edit *

実の子どもを差別化して可愛がることは
わたしのような人間ではわかりません

でもそれなりの立場になると
こういう偏愛があったようですね

次回の記事も楽しみです

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2012/08/19 22:04 * edit *

FREUDE さんへ

FREUDEさん、おはようございます。
私も、自分の子どもに優劣なんてつけらえないと思いますが…
でも、徳川の家光をめぐる話はもっと有名ですものね。

日明貿易、まだもう少し続きます。

YUMI #- | URL | 2012/08/20 07:56 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。