QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

中世の関所は関銭ねらい 

義満

室町幕府の成立のスライドの紹介第3回です。

室町幕府の成立のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

今日は室町幕府の経済的基盤についてです。
鎌倉幕府のところでも説明しましたが、室町幕府は式目や政治機構などほとんど鎌倉幕府のままですが、こと経済面にかけては、柔軟な頭をもっていたかなと思います。

鎌倉幕府の中心的経済基盤は、関東御領等の直轄地からの収入でした。室町幕府も御料所という直轄地からの収入が基本でしたが、この財源自体が少ないので、新たな財源を考えざるをえませんでした。

その新たな財源、ひとつめが段銭(たんせん)や棟別銭(むなべつせん)等の庶民に課された税です。段銭は、銭納が原則で、「田畑一段(反)あたり何文」という形で課せられます。棟別銭は、家屋敷の数に応じて賦課されたものです。

次に関銭(せきせん)・津料(つりょう)。こちらは通行税です。関銭は関所を通過する人馬や荷物などに対して課した通行税です。旅行者や商人はその負担に苦しんで交通・流通の障害となっていきます。
関所ですが、古代においては、東海道の鈴鹿関、東山道の不破(ふわ)関、北陸道の愛発(あらち)関が畿内を防御するために特に重視され、これを三関といいます。中世においては、上述したように、関銭の徴収が目的となります。近世においては江戸幕府や諸藩が、軍事・警察上の必要から関所を設置しました。主な関所は、東海道の箱根が有名です。「入り鉄砲に出女」有名ですよね。
関所は、時代によって意味合いが違っています。
津料は港で徴収する入港税です。

義満の時代から日明貿易がはじまりますから、これも大きな財源となります。

この他に倉役(くらやく)・酒屋役(さかややく)がありますが、このあたりからまた次回。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/08/10 12:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/08/10 12:14 * edit *

鍵コメさんへ(12時7分にコメをいただきました)

コメントありがとうございました。

YUMI #- | URL | 2012/08/10 13:24 * edit *

鍵コメさんへ(12時14分にコメをいただきました)

いくつになってもうれしいですよね。

日本史も読んでいただけるとうれしいです(^^)

YUMI #- | URL | 2012/08/10 13:26 * edit *

こんにちは!
いつの時代も国を運営するのにはお金がかかる、
そして、その財源は結局市民に課せられる、
この構図は変わらないようですね。
夏休みの真っ只中、
きっと研究材料に困った学生さんたちがこのブログを見たら、
参考になるでしょうね~~

Harvest Moon #- | URL | 2012/08/10 15:43 * edit *

Harvest Moonさんへ

Harvest Moonさん、こんにちは。
経済的基盤をどこにおくか。
古代の日本は土地におくしかなかったようですが、室町あたりから様子がかわってきます。
幕府も工夫しますが、それに対処する庶民もくふうするわけで。
庶民はしたたかです。

学生さん達が見てくれるとうれしいのですが…

YUMI #- | URL | 2012/08/10 16:05 * edit *

暑中お見舞い申し上げます<(_ _)>

ゆみさん こんにちは(*^_^*)

ご無沙汰致して降りますが、その節は訪問レスありがとう御座いました。

今日はお風呂と食事前に、ちょこっとお邪魔に参りました。

毎日 暑いですね~ 熊本は毎日が35~36℃以上の猛暑が続いています。

昨日は久しぶりに、阿蘇に行って来ましたが山手は涼しいです。

昨日の写真をプログに載せましたが、良かったらどうぞ

では、ご挨拶方々失礼します。

肥後椿 #- | URL | 2012/08/10 17:12 * edit *

YUMIさんこんにちは~~♪
不破関跡は今もあります。
なんといっても地元なので、よく訪ねます``r(^^;)ポリポリ
現在は岐阜県不破郡垂井町内に位置してます( ^)o(^ )

足利義満の時代に経済的基盤が変化したこと、YUMIさんの説明でわかりやすかったです(o^―^o)ニコ

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2012/08/10 17:36 * edit *

肥後椿さんへ

肥後椿さん、こんばんは。
毎日暑いですね。
熊本は35~36度ですか。それはすごい。
関東以上ですね(^^;)
その暑さの中、お仕事では本当に大変ですね。
私は暑さでぐったりしています。

阿蘇は涼しいのですか。
お写真拝見しますね(*^_^*)
ありがとうございました。

YUMI #- | URL | 2012/08/10 18:18 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
不破関跡、実は私は行ったことないのです(^^;)
箱根の関所は何回も行ってますけどね…
でも、1度行ってみたいです。

室町の経済的基盤はおもしろいですよ。
まだ、次回に続きます。

YUMI #- | URL | 2012/08/10 18:21 * edit *

重税

庶民からそんなに搾り取らなくても…。
などと考える私は甘いのでしょうか。
愛発と書いて「あちら」と読むのですね。
絶対読めない(笑)
そういえば、服装や頭髪に大変厳しい同僚がいました。
生徒は彼女が門に立っている間、身だしなみを整えないと校内に入れません。
お名前が「関」さんだったんですよ(笑)

砂希 #- | URL | 2012/08/10 19:53 * edit *

税に対する考えは難しいですね
ある所から取り、無駄なく使えば理想です

消費税が必要なのはわかりますが
使い方が不明瞭なために、
国民の納得は無理に近いでしょうね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2012/08/10 21:21 * edit *

いつの時代も財源探しは大変でしょうね。
しかし、この時代ですでに、現代とほぼ同じ税システムが出来上がっていたわけですね。
というか、進歩がないというか。
まあそれはそれとして
室町時代は、経済活動は盛んだったのでしょうか。庶民の暮らしはどうだったのかなと、
興味が湧いてきました。



takae h(fullpot) #- | URL | 2012/08/10 23:13 * edit *

最近の日本史の教科書!

突然コメントでお邪魔します!
しずかさんのブログから侵入です!
YUMI先生のブログとスライドは時々見せて頂いています。
昔の赤の「日本史」の教科書は嫌いで(株)明成社の著者:小堀桂一郎、朝比奈正幸さん達23名の教書「最新明成社の高校日本史」を平成16年購入して時々読み返して参考にしています。
ありがとうございました。

willytsuguoshikata #- | URL | 2012/08/11 05:15 * edit *

砂希さんへ

砂希さん、おはようございます。
関さんの話、笑えました(^^)/
いますよね、そういう方。
古代だけではありませんが、日本史に出てくる地名や人名は読めないもの多いです。
生徒には、ホントはきちんと読みもわからなくてはいけないのだけれど、とりあえず、漢字を記号だと思って覚えてしまえなんて言ってました。

YUMI #- | URL | 2012/08/11 08:48 * edit *

FREUDE さんへ

FREUDEさん、おはようございます。
税は絶対必要だとは思うんですよ。
でも、使い方に問題ありですかね。
また、相続税などもそうかもしれませんが、税のかけ方にも問題ありですね。
北欧みたいに、しっかり老後や社会福祉のために使うとわかれば、多少消費税があがっても、しょうがないと思うのでしょうけれど。

YUMI #- | URL | 2012/08/11 08:53 * edit *

takae hさんへ

takae hさん、おはようございます。
室町時代は経済活動はそれまで以上に活発になります。
おもしろい絵巻物とかも残っているので、ご紹介しますね。
もうちょっとあとになりますので、お待ちください(*^_^*)

YUMI #- | URL | 2012/08/11 08:55 * edit *

willytsuguoshikataさんへ

willytsuguoshikataさん、おはようございます。
お久しぶりです。
といっても、しずかさんやまり姫さんのところで、後ろ姿は拝見していましたが。
このブログ見て下さっていたそうで、ありがとうございます。

赤の日本史の教科書とは、山川出版社の教科書のことですよね、たぶん。
あれは、受験用には使いますが、けっしておもしろい教科書ではないので。
他にもおもしろい教科書出ていますよ。

willytsuguoshikataさんも、しずかさんと同じように、いろいろなところにお出かけになっているようで…
うらやましいです。

YUMI #- | URL | 2012/08/11 08:59 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。