QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

大化の改新 

今日は大化の改新前後のスライドを紹介します。

大化の改新

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

推古天皇・聖徳太子・蘇我馬子の死後、蘇我氏は聖徳太子の子山背大兄王一族を襲うなどの強硬手段に出ます。そうした蘇我氏の専横に反発をした中臣鎌足・中大兄皇子らが、蘇我氏排除のために乙巳の変を起こしたといわれています。日本書紀には甘橿丘の蝦夷の邸宅は「上の宮門」、入鹿の邸宅は「谷(はざま)の宮門」とよばれていたとか、蝦夷の墓を「大陵」入鹿の墓を「小陵」とよばせたとか書かれています。

歴史上、蘇我氏は「悪人」ですよね。でもはたしてそうでしょうか。蘇我氏は武器庫を備えた城郭を建て、外柵を設け、壕を作り、外敵からの侵入を防いだとされています。甘樫丘で蘇我入鹿の邸宅跡が発掘調査されましたが、これまで発掘された蘇我一族の邸宅跡、飛鳥寺など関係する遺跡を総合すると、自らが盾となって都を要塞化し、あたかも王権を外敵から守ろうとしていた蘇我氏の側面が明らかになってきたとされています。その要が、飛鳥の入り口に位置し、都の外を一望できる甘樫丘です。渡来系といわれ、大陸に情報ルートを持っていた入鹿は、唐が倭に侵略の矛先を向けていることをいち早く察知、脅威に備え飛鳥の防衛網構築に力を注ぎました。その一方で、古代日本の海の玄関であった大阪・難波を整備し、東アジア諸国と協調路線の外交を繰り広げようとしていました。
大化改新の真相はどこにあるのでしょうか。
日本書紀等の文献史料は疑問をもって読むべきであり、歴史は様々な側面から見なければいけないということを考えさせる良い場面だと思います。

大化の改新後、白村江の戦いを経て天智朝、そして壬申の乱へと進んでいきます。この後天武朝あたりまでそうなのですが、歴史的出来事を説明する上で、万葉集の歌が重要な意味をもってきます。歌も味わいながら、歴史を勉強していきました。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

日本書紀

聖徳太子と蘇我氏の対立。
中臣鎌足・中大兄皇子と蘇我氏の抗争。

は歴史で習いましたが「正義」は聖徳太子側。
蘇我氏は「逆賊」と位置付けられていました。

歴史は時の権勢支配者が書くもの。
蘇我氏が、此処に書かれているような行動を採っていたなら、
「日本書紀」の評価も変るかも知れませんね。

無知を知らされた思いです。
有難うyございます。応援します。

私のブログにコメントいただき有難うございます。

ijin #7ozVZe.w | URL | 2011/11/03 08:21 * edit *

ijinさんへ

コメントありがとうございます。
蘇我氏を弁護するわけではありませんが、もしかしたら長い間
逆の見方をされていたのかもしれません。

ブログを始めてひと月。
楽しんでやっています。
よろしくお願いします。

YUMI #- | URL | 2011/11/03 10:51 * edit *

No title

こんにちは☆
私も日本書紀の記述には疑問を持っていました。
歴史は特定の方向だけからみると史実と違う結論になってしまうこともあるでしょうね。
スライドによる見方は歴史を知るうえで非常にいいと思います。
YUMIさんの授業を受けた生徒さんたちは得をしたと思いますよ(*^_^*)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2011/11/03 17:44 * edit *

まり姫さんへ

コメントありがとうございます。

> スライドによる見方は歴史を知るうえで非常にいいと思います。
> YUMIさんの授業を受けた生徒さんたちは得をしたと思いますよ(*^_^*)

そう言っていただけると嬉しいですね。 

YUMI #- | URL | 2011/11/04 06:15 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/31-49c47c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。