QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

泰時と叔父時房 

執権政治に関するスライド6回目です。

執権政治に関するスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

今日は承久の乱についてです。
政子の演説で、幕府の御家人たちの結束が固まったところまで、前回お話しました。

北条義時、子の泰時、義時の弟時房、大江広元、三浦義村らによって軍議が開かれ、箱根・足柄で迎撃する慎重論が軍議の大勢を占めましたが、大江広元は京への出撃を主張しました。政子の裁決で出撃となりました。幕府軍は最終的には19万騎に膨れ上がりました。

幕府軍の出撃を予測していなかった後鳥羽上皇らは狼狽しました。追討軍は各地で敗退し、京方は総崩れになり、大敗を喫しました。後鳥羽上皇は幕府軍に使者を送り、義時追討の院宣を取り消しました。

中心人物後鳥羽上皇は隠岐へ、順徳上皇は佐渡に配流となりました。討幕計画に反対していた土御門上皇は自ら望んで土佐国へ配流されたそうです(後に阿波国へ移されます)。仲恭天皇は廃され、後堀河天皇が即位しました。

幕府軍の総大将として京にやってきた泰時、時房はそのまま京に残り、朝廷の監視や西国武士の統率を行うようになります。朝廷は京都守護に代りこの新たに設置された六波羅探題の監視を受けるようになりました。幕府の直接指揮下で、西国での地頭と国司などのトラブルを処理する裁判機能、京都周辺の治安維持、朝廷の監視、皇位決定の取り次ぎなどを行い、機能はさらに強化され、御家人処罰の権限と裁判制度が充実されるようになりました。

泰時・時房が六波羅探題の初代北方と南方になります。こののち六波羅探題には北条氏一族でも将来有望な若い人材が選ばれ、鎌倉に帰還後には執権や連署に昇進する者が多くいました。泰時と時房は鎌倉に帰ってからも、執権となった泰時が叔父時房を連署とします。頼りになる叔父さんだったのでしょうかね。

六波羅探題の勢力範囲ですが、西国とは尾張以西をさします。のち三河以西にかわりますが。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

YUMIさんこんにちは~(*^^)
承久の乱は、幕府というより北条一族の力が全国に広がるきっかけになったんですね~。
源氏の流れをくむ御家人たちも、将軍はお飾り・朝廷も監視されるようになっては、北条一族が自然瓦解するのを待つより仕方がなかったかもしれませんね。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2012/05/09 16:04 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。
鎌倉幕府も源氏は3代で終わり、結局は北条の幕府ですもんね。
まあ、室町幕府も足利の幕府とは言いかねますが。
家康はそうした轍は踏まないようにしたのでしょうか。

YUMI #- | URL | 2012/05/09 19:39 * edit *

この時代に
都から佐渡や隠岐に配流された
上皇たちの気持ちはいかばかりか…

そんなことを考えました。

当時の佐渡や隠岐なんて
今の私たちにしたら
未開の異国に行くようなものでしょうねぇ。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2012/05/09 20:09 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
都にいる天皇や貴族にしたら、鎌倉だってはるかかなたの田舎ですもんね。
それが佐渡や隠岐なんてね。
たしかにどんな気持ちで赴いたのか。

隠岐は行ったことありませんが、佐渡は学生時代に行きました。
今だって、海をこえて行くのはけっこう大変ですよね。
古代の流罪は流といっても島にではありませんが、この頃は本当に島にですからね。

厳しかっただろうな。

YUMI #- | URL | 2012/05/09 20:42 * edit *

実力が認められる世界は、清々しいですね
しがらみばかりが占める世界は
もう飽き飽きします

19万の騎兵って、想像を絶する数ですね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2012/05/09 20:49 * edit *

FREUDEさんへ

FREUDEさん、こんばんは。
六波羅探題として有名なのは、泰時が執権の時の弟重時でしょうか。
北条でも将来有望な若い人が六波羅探題とうのもなんかいいなと思います。
19万。確かにすごいですね。

YUMI #- | URL | 2012/05/09 21:10 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/222-d05931e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。