QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

非御家人もいますよ 

今日は鎌倉幕府成立のスライドの紹介4回目です。

鎌倉幕府成立のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

今日は鎌倉幕府の財政基盤の話から。
鎌倉幕府は、平氏の失敗を見てきていますから、武士政権としての新しい試みをいろいろやります。しかし、こと経済的基盤に関しては、古代を抜け出せていませんね。そういう意味では、室町幕府は経済面では新しいことをいろいろ考えます。

まず第一に関東御領といわれる、これは頼朝のもつ荘園です。平家没官領が500カ所余りと多いです。没官領とは、平家が没落・滅亡した際に朝廷によって没官された所領のことで、頼朝に与えられました。

次に関東知行国(関東御分国)。これは将軍が知行国国主となったもので、最大で9カ国(東海道の諸国と越後)です。知行国とは、その知行国主が、一族や御家人を朝廷に推挙して国司に任じ、国衙領(公領)を支配するとともに、国衙領からの収入を得ることができました。

次に関東進止所領。これは将軍が地頭を任免できる荘園や国衙領で、幕府の所領以外で、幕府が地頭などを任命できる土地のことです。関東進止所領は、荘園領主は将軍だけでなく、公家や寺社になることが多いです。  

その他に関東御口入地。これは鎌倉幕府が直接支配していないものの、所領・所職に関する本所の人事権について介入することが可能であった荘園や国衙領のことです。

要するに荘園や知行国が鎌倉幕府の経済基盤なわけです。これは平氏とかわりありませんよね。

次に御家人制についてです。頼朝と主従関係にある武士を御家人といいます。鎌倉時代の武士すべてが御家人ではありません。頼朝と主従関係を結んでいない非御家人もいるのです。
頼朝は流人でしたから、依拠すべき武士集団がいませんでした。源氏の棟梁ということで、東国武士団を糾合しますが、幕府権力の全国化を考えれば、西国武士団も組織化しなければなりません。東国のみならず全国の武士階層を統合する原理が必要となり生まれるのが御家人制度です。

鎌倉幕府の御家人制の特徴は「門葉によるべからず」すなわち公平の原則と、「御家人は皆傍輩なり」すなわち御家人相互の平等性のふたつです。

鎌倉時代の御家人制といったら御恩と奉公ですよね。御恩とは将軍が御家人にしてあげること、本領安堵(先祖で伝来の所領支配を保障)や新恩給与(新たな所領を与える)がこれにあたります。逆に御家人が将軍にしてあげること、これが奉公で、平時には京都大番役や鎌倉番役をつとめること、戦時には「いざ鎌倉」将軍のために戦うことが奉公です。将軍と御家人はこうした封建的主従関係で結ばれています。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

こんにちは。
今日のテーマは難しいですね。
私など知らないことばかりです。
姪なら多少は知っているかもしれませんね(笑)
それにしても詳しく書かれているのには驚きました。

marihime伯父 #8m8hig/. | URL | 2012/04/23 15:57 * edit *

まり姫さんのおじ様へ

まり姫さんのおじ様、こんにちは。
そうなんです、今日のところはちょっとマニアックでして。
授業の内容としてはぬかすことができないのですが、あまりおもしろくはないですよね。
次回からは、頼家や実朝がでてきたりもう少しおもしろくなりますので<(_ _)>

YUMI #- | URL | 2012/04/23 16:01 * edit *

「御恩と奉公」…
この言葉は日本人の精神に
深く刻み込まれてきた気がします。

でも、今では「御恩」という言葉が
死語になりそうで恐ろしいですね。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2012/04/23 19:09 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
「御恩と奉公」は先日の「泣く子と地頭に」と同じように、鎌倉時代のみんなが知っている有名な言葉ですよね。
「御恩」が死語…言われてみればそうですねー。
日本人の守るべき美徳かな。

YUMI #- | URL | 2012/04/23 20:38 * edit *

自分の贅沢だけなら、それで済むでしょうが
政治には莫大なお金が必要ですね

確固たるシステムを構築する必要がありますね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2012/04/23 22:05 * edit *

v-224YUMIさん こんばんは
新緑の季節になりましたね 芽吹くのは早いです 野球ファンでなくても強いほうが良いですね
ジャイアンツの上ですから これからです
野球場は近いのですか

青い青い空 #bJeXb1Fk | URL | 2012/04/23 23:12 * edit *

FREUDE さんへ

FREUDE さん、おはようございます。
今までは、政治機構も経済基盤もしっかりはしていませんからね。
中世という時代、それでは無理があります。
どうシステム作りができるかが鍵なのでしょうか。
そういう意味では、鎌倉幕府は成功したとはいえないかも。

YUMI #- | URL | 2012/04/24 07:15 * edit *

青い青い空さんへ

青い青い空さん、おはようございます。
昨日まで肌寒かったですが、きょうはいいお天気です。
初夏のような陽気になるとか。
ますます新緑がきれいでしょうね。
野球は青い青い空さんも地元びいきですか?
スタジアムは近いとは言えないな。

YUMI #- | URL | 2012/04/24 07:17 * edit *

はじめまして。鎌倉幕府の財政基盤について調べるうちこのページにたどり着きました! 大変勉強になったのですが、質問があります。関東進止所領についてです。
関東進止所領では、荘園領主は将軍だけでなく公家や寺社になることが多かったとのことですが、公家や寺社が荘園領主になってしまうと、鎌倉幕府の財政に直接の寄与しないように感じます。
なぜ、公家や寺社を荘園領主に任命したのでしょうか?

ゆうすけ #- | URL | 2014/03/24 22:15 * edit *

もう一つ質問です。
関東御領は頼朝のもつ荘園とのことですが、この場合は、頼朝が荘園領主であるという認識で良いのでしょうか。
だとすると、先の質問でも尋ねた、関東進止所領でも荘園領主を将軍が務めることもあったと書いているので、違いがなくなると思うのですが・・・

ゆうすけ #- | URL | 2014/03/24 23:58 * edit *

ゆうすけさんへ

v-298ゆうすけさん、おはようございます。
関東進止の所領は、荘園領主は貴族や寺社ですが、そこに地頭を任命(補任)する権利を得た荘園のことです。
地頭は荘園の管理にあたり、年貢納入権等をもち、後には荘園領主とのあいだに問題をおこし、それが地頭請につながっていきます。
地頭は荘園から11町につき1町の給田と反別5升加徴米を給与のようなものとして得ていますから、それも幕府の財政的基盤と考えることもできすし、また、進止の所領の地頭も幕府に軍役や番役の義務があり、当時はこうしたものも財政と考えたようです。

YUMI #- | URL | 2014/03/25 06:11 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/208-7a536b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。