QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

帷子辻 

院政期の文化

今日は院政期の文化のスライドの紹介です。

院政期の文化のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

今日は文化史なので、できれば文章だけでなく、スライドを見ていただければと思います。写真をたくさん使っていますから。
平安末期、院政期の文化の特徴は、今までのような貴族文化だけでなく、武士の文化も。また地方への文化の伝承もあげられるのではないでしょうか。
スライドでは先に建築物や仏像を上げていますが、今日の冒頭に絵巻物の絵を使っていますから、絵巻物から説明したいと思います。

絵巻物とは、絵と文章が交互につなげられた巻物(右から左へと読む)で、絵には大和絵の手法が使われています。代表的なものは何といっても「源氏物語絵巻」でしょうか。引目鈎鼻(形式化した人物描写)、吹抜屋台(天井を描かない)などが特徴とされています。スライドにあげているのは、紫の上が重病にふし、光源氏と明石中宮に最後の別れを告げる場面、夕霧(光源氏の子)が、落葉宮(亡き柏木の妻)の母からの手紙を読んでいますが、その手紙を落葉宮から夕霧への恋文と誤解した雲居雁(夕霧の妻)が、嫉妬のあまり背後から忍び寄って奪い取ろうとする場面です。源氏物語絵巻については、このブログでも以前に取り上げていますから、よかったらご覧ください。

次に「伴大納言絵巻(絵詞)」。これは866年の応天門の火災をめぐる大納言伴善男の陰謀とその露見の次第(応天門の変)を描いたものです。

次に「信貴山縁起絵巻」、平安時代中期に信貴山で修行して当山の中興の祖とされる命蓮に関する説話を描いたものです。山崎長者の巻、延喜加持の巻、尼公の巻の3巻からなっていて、命蓮の霊験を絵巻化した「飛倉の巻(山崎長者の巻)」は特に有名です。

次に「鳥獣戯画(高山寺蔵)。鳥羽僧正覚猷作といわれますが、各巻の成立は年代・作者が異なるとみられることから、実際に鳥羽僧正の筆が加わっているかどうかは疑わしいとされています。全巻とも白描画(着色していない)のが他の絵巻物とちがうところです。当時の世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたものです。

このへんは有名どころですが、もうひとつ「嵯峨天皇之后檀林皇后廿七歳命終九想之圖 卷子」。これは美貌で有名だった嵯峨天皇皇后橘嘉智子(檀林皇后)が、遺言通りに辻に放置され、その亡骸は腐り、野良犬に喰い千切られ、最終的には骸骨となって、風化して土に戻っていくという事実をあからさまに伝えたものです。九相図とは、屋外にうち捨てられた死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画です。死後まもないものに始まり、次第に腐っていき血や肉と化し、獣や鳥に食い荒らされ、九つ目にはばらばらの白骨ないし埋葬された様子が描かれます。檀林皇后はすばらしい美貌の持ち主でもあり、恋慕する人々が後を絶たず、修行中の若い僧侶たちでさえ心を動かされるほどであったそうです。深く仏教に帰依していた皇后はこうした状況を憂い、実際に自身の遺体を放置させ九相図を描かせたといわれます。また、皇后の遺体が置かれた場所が、以後「帷子辻」と呼ばれた場所だそうです。

この他絵画では、「扇面古写経」や「平家納経」(厳島神社蔵)が有名です。

では、建築物や仏像については、また次回。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

( ´∀`)いい顔してる

▲_▲ いらしゃいませー ☆m( _ _ )m☆
/Φ Φ\ 
Ξ♀Ξ/歴史ですか~  
/ ̄ \ ∩ 
| | ( \)) 流木庵より
ω ω c/

流木庵 #vJ5On1Uc | URL | 2012/03/07 09:13 * edit *

流木庵さんへ

流木庵さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
歴史のブログです。(歴史だけではありませんが)
よかったら、またおいでください。

YUMI #- | URL | 2012/03/07 09:19 * edit *

「かたびらがつじ」は、京都検定のテキストで、読み方の難しい漢字のところで覚えました。
言葉の響きは美しい感じがするので、まさか皇后の遺体の置かれたところとは結び付きにくいですね。

しずか #- | URL | 2012/03/07 10:46 * edit *

しずかさんへ

しずかさん、おはようございます。
帷子辻という文字にしても、読みにしても、なんだか優雅な感じがしますよね。
経帷子からきたという説もあるらしい。
化野(あだしの)なども、きれいな響きなのにね…

YUMI #- | URL | 2012/03/07 10:59 * edit *

YUMIさんこんにちは☆
すごいですね~
よくこれだけの資料を集められたものだとびっくりしました。
私が実物を見たのは京都高山寺の鳥獣戯画だけです。
紅葉もすごくキレイなところでしたよ^^

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2012/03/07 16:33 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんにちは。
ありがとうございます。
文化史は特に、スライド授業は威力を発揮します。
このあと、まだまだおもしろい絵巻物とか出てきますから
お楽しみに。
高山寺は私も大好きです。

YUMI #- | URL | 2012/03/07 16:39 * edit *

v-224YUMIさん こんにちは
今回のスライド よく分かり興味も持ちます
小さな教科書の絵巻と比べ様もありません
授業はこうあるべきです

青い青い空 #bJeXb1Fk | URL | 2012/03/07 17:22 * edit *

「帷子ノ辻」…嵐電の駅にもある地名ですが
学生時代は京都で過ごしたのですが
最初「何て読むねん?」と思いましたよ。

嵐電には「蚕ノ社」「太秦」など
興味深い駅名が多いです。

よっちん #WeUJiN46 | URL | 2012/03/07 17:53 * edit *

青い青い空さんへ

青い青い空さん、こんばんは。
この檀林皇后の絵巻物は、普通授業では使いませんけどね、
でも、こうした絵巻物を大画面でうつした場合のアピール度は
教科書や資料集を見せたのとは比較になりません。
そういう意味では、成功だったかなと思っているのですが…

YUMI #- | URL | 2012/03/07 19:30 * edit *

よっちんさんへ

よっちんさん、こんばんは。
京都の地名は、ホントおもしろいです。
でも、「帷子ノ辻」がこういう意味だと知ると
ちょっと、夜ひとりで歩くのはいやかな…

YUMI #- | URL | 2012/03/07 19:32 * edit *

こんばんは

恐ろしいものを描いた絵巻もあるのですね。
しなやかで優美さを感じるものを良く目にしてましたけど・・・
絵巻物で見る十二単は良いですね。

saeko #ELD9pjOg | URL | 2012/03/07 19:58 * edit *

saekoさんへ

saekoさん、こんばんは。
これもそうですが、けっこう気持ち悪い絵巻物も多いんですよ。
地獄絵みないなものも出てくるし、病気ばかり集めたようなものもあるし…
でも、やはり源氏物語絵巻のような優美なものが多いですけどね。
源氏絵巻を見ながら、源氏物語を読めば、衣装や寝殿造りもよくわかりますよね。

YUMI #- | URL | 2012/03/07 20:28 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/160-28196329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。