QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

君死にたまふことなかれ 

 日英同盟成立後もロシアは満州に駐兵を続けたため、政府は対露交渉を続けるかたわら、開戦の準備もすすめました。国内では、キリスト教徒の内村鑑三や社会主義者の幸徳秋水・堺利彦らが、非戦論・反戦論を唱えました。国内世論も最初は戦争を好みませんでしたが、対露同志会などが決戦を叫ぶなか、しだいに開戦論に傾いていきました。

 「万朝報(よろずちょうほう)」は黒岩涙香(くろいわるいこう)の手により発行された新聞で、はじめ非戦論を唱えていましたが、世間の流れが開戦に傾くにつれ次第に論調を変化させ、開戦論に転じます。幸徳秋水や堺利彦は非戦を固辞し、万朝報を退社。平民社を創設し、平民新聞で非戦、平和を訴えていきます。

 対露強硬論者のひとり頭山満(とおやまみつる)は、対露同志会を結成、反ロシアの世論を盛り上げました。また、1903年、東京帝大教授戸水寛人(とみずひろんど)ら東大の7教授(博士)が、対露強硬論の建議書を桂首相に提出しました。これが東京朝日新聞に発表されます。対露同志会や七博士の意見書も、ジャーナリズムと結びつくことで大きな反響をひきおこしたようです。

 非戦論として、日露戦争開戦後に歌人与謝野晶子が「君死にたまふことなかれ」という反戦詩を発表しました。

 あゝをとうとよ、君を泣く、
 君死にたまふことなかれ、
 末に生れし君なれば
 親のなさけはまさりしも、
 親は刃をにぎらせて
 人を殺せとをしへしや、
 人を殺して死ねよとて
 二十四までをそだてしや。

 堺の街のあきびとの
 舊家をほこるあるじにて
 親の名を繼ぐ君なれば、
 君死にたまふことなかれ、
 旅順の城はほろぶとも、
 ほろびずとても、何事ぞ、
 君は知らじな、あきびとの
 家のおきてに無かりけり。

 君死にたまふことなかれ、
 すめらみことは、戰ひに
 おほみづからは出でまさね、
 かたみに人の血を流し、
 獣の道に死ねよとは、
 死ぬるを人のほまれとは、
 大みこゝろの深ければ
 もとよりいかで思されむ。

 あゝをとうとよ、戰ひに
 君死にたまふことなかれ、
 すぎにし秋を父ぎみに
 おくれたまへる母ぎみは、
 なげきの中に、いたましく
 わが子を召され、家を守り、
 安しと聞ける大御代も
 母のしら髮はまさりぬる。

 暖簾のかげに伏して泣く
 あえかにわかき新妻)を、
 君わするるや、思へるや、
 十月も添はでわかれたる
 少女ごころを思ひみよ、
 この世ひとりの君ならで
 あゝまた誰をたのむべき、
 君死にたまふことなかれ。



本日もお読みいただきましてありがとうございました。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





スポンサーサイト

[edit]

戦争反対の世論は
崩れて行くんですね。
これからの日本も開戦するなんて
世論の動きを左右する
団体が現れたら大変ですね。

せいパパ #- | URL | 2015/04/21 06:11 * edit *

与謝野晶子が発表した反戦歌は
微に入り細に入り、すばらしいものだと認識しております
よくぞ臆することなく世に出してくれたものです

しかしながら大東亜戦争時であれば、取り調べの名目で
虐殺されたことでしょう
言いたいことが言えない世の中は怖いものですね

FREUDE #6AWUBD.o | URL | 2015/04/21 08:19 * edit *

与謝野晶子の有名な反戦歌ですね。

この思いは、時代が変わっても受け継いでいかねばなりませんね。

応援☆

しずか #- | URL | 2015/04/21 10:14 * edit *

戦争に巻き込まれていく過程は今も
昔も同じなんですね。
この与謝野晶子の句は素晴らしいものですね。
今、こういうことを詠める人がいるでしょうか。
ぽち!!

ムームー #- | URL | 2015/04/21 11:58 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/21 13:08 * edit *

こんにちは~♪
富国強兵に走った日本は何が何でも欧米列強に追いつけ追い越せという意識が強かったのでしょうね。
対露強硬論などはその典型でしょうね~。

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2015/04/21 15:05 * edit *

世論の流れが、開戦に傾いても
反対を、貫いた人もいたのですね。

与謝野晶子のこの詩は、部分的にしか知りませんでした。
今日、全部、読ませてもらって
家族を思う気持ちが、強く伝わってきました。

k-24 #LkZag.iM | URL | 2015/04/21 17:53 * edit *

こんばんは。

与謝野晶子の詩をご紹介いただき、ありがとうございました。

「君死にたまふことなかれ」 は、僕も日露戦争の授業をするときに、必ずといっていいほど、教材として使っています。

主戦論が国民の多数を占めて優勢だった中で、当時としては貴重な非戦論ですね。

歴史的にも、意義ある詩と考えています。

大川原英智(おおかわらえいち) #- | URL | 2015/04/21 19:46 * edit *

せいパパさんへ

v-349せいパパさん、こんばんは。
おそろしい時代になってきたと思います。
今の時代、非戦をしっかりと訴えていかなければと思います。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 20:36 * edit *

FREUDEさんへ

v-349FREUDEさん、こんばんは。
君死にたまふことなかれは素晴らしい歌だと思いますよ。
与謝野晶子だからこそ、歌えたのでしょうね。

言いたいことが言えない世の中にならないようにしなくてはね。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 20:38 * edit *

しずかさんへ

v-349しずかさん、こんばんは。
家族を想う非戦の気持ちはいつの時代でも変わらないと思います。
今も声高に叫ばなければね。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 20:40 * edit *

与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」は、強く訴えてきますね。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2015/04/21 20:59 * edit *

ムームーさんへ

v-349ムームーさん、こんばんは。
そうですね、歴史に学んで欲しいのですが、今も昔もやることは同じですね。

今こういう歌を詠める人、いないかもしれませんね…

YUMI #- | URL | 2015/04/21 21:09 * edit *

鍵コメkさんへ

v-349鍵コメkさん、こんばんは。
君死にたまふことなかれの一節は知っていても、全文は見たことない人多いかも。
でも、これは1度は全文見てほしいね。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 21:11 * edit *

まり姫さんへ

v-349まり姫さん、こんばんは。
何でも欧米列強に追いつけ追い越せ、まあわからないではないですが…
でもその結果は、やはり戦争ですよね。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 21:12 * edit *

k-24さんへ

v-349k-24さん、こんばんは。
今の世も、世論がどうなろうと非戦を訴えたいですね。

与謝野晶子のこの詩は、1度は全文を読んでもらえたらなと思い、載せてみました。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 21:14 * edit *

大川原英智さんへ

v-349大川原英智さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
「君死にたまふことなかれ」、私も必ず授業で扱いました。
非戦という意味で意味のあるものだと思いますし、歌としてもすぐれたものですよね。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 21:17 * edit *

ディックさんへ

v-349ディックさん、こんばんは。
与謝野晶子は、やっぱりすごいのひと言です。
好きなのはこの歌だけじゃないし。

YUMI #- | URL | 2015/04/21 21:18 * edit *

この詩を初めて読んだとき
「反戦詩」というよりも
私には「愛する弟を思う詩」という
印象の方が強かったです。

弟を思う姉の
魂の叫び…

応援ぽち

よっちん #JXoSs/ZU | URL | 2015/04/21 21:33 * edit *

与謝野晶子

与謝野晶子さんの
「君死にたまふことなかれ」

全文は初めてです。

この時代に此処まで表現できるのは信念の歌人。
心を打たれました。

ijin #7ozVZe.w | URL | 2015/04/21 23:09 * edit *

よっちんさんへ

v-349よっちさん、おはようございます。
与謝野晶子さんの歌は、この歌だけでなく、感情をストレートにうたったものが多いです。
本当に魂の叫びなのでしょう。

YUMI #- | URL | 2015/04/22 07:45 * edit *

ijinさんへ

v-349ijinさん、おはようございます。
本当に、今の世でもここまではうたえないと思います。
与謝野晶子は反戦・非戦などという意識ではなく、ただただ弟をおもう気持ちを歌ったのだと思いますが、すごい人だと思います。

YUMI #- | URL | 2015/04/22 07:47 * edit *

いつ見ても、胸を打つ詩ですね。
この時代にこれを発表できたのは、女性だからかもしれません。
あっぱれとしか言いようがないです。
長い月日が過ぎても色あせることはありません。

砂希 #- | URL | 2015/04/22 22:09 * edit *

砂希さんへ

v-349砂希さん、おはようございます。
たしかにこの歌を発表できたのは女性だからかも。
それにしても、与謝野晶子、強いです。
こんな女性にあこがれますね。

YUMI #- | URL | 2015/04/23 09:58 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。