QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

A Few More Months 

最近読んだ本について書きたいと思います。
がんと闘った科学者の記録

本の名前は「がんと闘った科学者の記録」、著者は戸塚洋二さんです。
戸塚さんは、日本でノーベル賞に最も近いといわれていた物理学者だそうです。スーパーカミオカンデでニュートリノ振動を確認し、ニュートリノの質量がゼロでないことを世界で初めて示した方です。なんて書いても、文系の私にはよくわからないのですが。
その戸塚さんは、がんを発症され、2008年7月10日にお亡くなりになりました。
再々発した頃から亡くなる数日前まで、ブログを綴られました。お名前を出してのブログではなかったようです。
この本は、そのブログを立花隆さんがまとめたものです。
このブログのことは、少し前から知っていましたが、そんなすごい方とは知らず、またブログですから、なかなか順序立てて読む機会がありませんでした。
今回、本になっているのを知り、読んでみました。

戸塚さんはブログにがんとの壮絶な闘病生活の克明な記録を遺しています。普通患者は、医者から言われた数値をああそうですかと受け取ると思いますが、戸塚さんはそれをデータ化して、いろいろ考えます。医者は数値化、データ化をしない、科学者にとって数値化、データ化はあたりまえのことだと言って。

患者のために、もっと広い範囲での患者のデータ化も必要ではないかと言っています。こういう症状になったら次はどうなるのかが患者は知りたいのに、それを知るすべがないのはおかしいというわけです。でも、そのデータ化には莫大な時間がかかりますから、医者はやらない。
本当にそうしたものがあれば、患者は助かりますよね。

この抗ガン剤はこのくらい効いて、副作用はこんな風でということも書かれていますから、今がんを患っている方の役にも立つかもしれません。

でも、闘病記だけではないのです。
奥さんが作っていられる庭のお花についても、写真を撮り、説明を加えています。お花を通して、また、「生」をどのように過ごすか、「死」とはいかなる領域なのか、ということを仏教書、哲学書にふれながら考えてもいきます。

WEB上でも、「我が家の義父も戸塚先生と同じがんで大変参考にさせていただいたブログです。読み進むうち、がんだけでなく、ニュートリノの研究のこと、自然観察のことなど、惹かれる文章が多々あります」という感想が書かれていました。

壮絶な闘病記ではありますが、でもたんたんとご自分の病気や生死について見つめていられる姿になんとも言えないものを感じました。

私は20年ほど前に、5年後の生存は五分五分と言われたことがあり、3ヶ月ほど入院しました。その時、妙に神経がとぎすまされたというか、頭の中がすごくクリアになった気がしました。今はそういう感覚まったくありませんけれど。病気や生きるということについて考えると、そういうこともあるのでしょうか。

戸塚さんのブログのタイトルは「A Few More Months」です。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

[edit]

YUMIさんこんばんは~(*^^)
今日は遅くなってしまいました^^
自然科学をされている方にはこういう方が多いようですね。
私はまだ読んでいないのでわかりませんが、末期がんの患者さんは人間の尊厳を真正面からとらえる記述を遺すひとがかなりいらっしゃるようですσ(゚ー^*)

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2012/01/27 19:46 * edit *

こんばんは

病気は違っても、闘病されてる方の記録は、とても勇気をもらえます。
そして、生きる姿勢を学ぶことが出来ますよね。
凡人の私は、細かいデーターを見ても理解できないかもです。
そして、怖いような気もします。
案外、臆病なんですよね、私^^

ブログ、読んでみます。

saeko #ELD9pjOg | URL | 2012/01/27 21:16 * edit *

まり姫さんへ

まり姫さん、こんばんは。

> 私はまだ読んでいないのでわかりませんが、末期がんの患者さんは人間の尊厳を真正面からとらえる記述を遺すひとがかなりいらっしゃるようですσ(゚ー^*)
機会があったら読んでみて下さい。
強い口調で訴えられるわけではないのですが、心に残る本です。

YUMI #- | URL | 2012/01/27 21:56 * edit *

saekoさんへ

saekoさん、こんばんは。
> 病気は違っても、闘病されてる方の記録は、とても勇気をもらえます。
> そして、生きる姿勢を学ぶことが出来ますよね。
そうですね。生きる姿勢を考えさせてもらえました。

データは私もだめです。文系人間ですし。
病気も、数字より感覚でとらえちゃうかも。

主治医には、自分の病気なんだから、自分でしっかり理解していなくてはだめだといわれます。

YUMI #- | URL | 2012/01/27 22:01 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://yulo17kt.blog.fc2.com/tb.php/119-f20a0aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。