QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

旧土人保護法 

 北海道の歴史を語る上で絶対に触れておきたいのが、「北海道旧土人保護法」です。

 明治時代になると、北海道への移住者が増加してきました。開拓使や北海道庁は、先住していたアイヌの人たちに一部の地域で農業の奨励や教育・医療などの施策をおこなってきましたが十分ではなく、次第に生活に困窮する人たちが増えてきました。このため、政府は1899年に「北海道旧土人保護法」を制定しました。これは、アイヌの人たちを日本国民に同化させることを目的に、土地を付与して農業を奨励することをはじめ、医療、生活扶助、教育などの保護対策をおこなうものでした。旧土人とは1878年の開拓使の達によって統一されたアイヌの人たちに対する呼称です。農業に従事しようとするアイヌの人たちに対して1万5000坪(5ha)以内の土地を無償下付できること、ただし売買・譲渡・質入れの禁止など所有権に制限を加えること、アイヌの人たちの共有財産その他の財源によって補助や救恤を行うこと、アイヌの集落をなした場所に小学校を設置できることなどが法律の骨子です。しかし、和人の移住者に大量の土地を配分したあとで、新たに付与する良好な土地は少なく、付与された土地もその多くは開墾できずに没収されたり、戦後の農地改革では他人に貸していた土地が強制買収されたりしました。(旧土人保護法に関する説明は、北海道庁のHPの記載を参考にしました)

 だいたい「旧土人」とはなんたる言い方。これだけでも日本政府の人権意識のお粗末さがわかりますが、もっとお粗末だと思うのは、この法律が戦後も生き続けたことです。「旧土人保護法」は戦後も法律として効力をもち続けました。このうち、実際に機能していたのは、付与された土地を他人に譲渡する際に知事の許可を必要としたことと、共有財産を知事が管理することの規定でした。また、1934年に制定され、旭川市における土地の処分について定めた「旭川市旧土人保護地処分法」も、土地の譲渡について旧土人保護法の規定を準用することを定めたことだけが機能していました。1934年に制定された法律でも旧土人ですよ…
 
 この二つの法律、廃止されたのは1997年、アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律の施行に伴いです。1997年ですよ。もう言葉もありません。自分が高校生の時には、この法律を授業で聞いた記憶はないのです。ですから、はじめて知ったのは教師になってからかな。ショックでしたね。



本日もお読みいただきましてありがとうございました。

いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


スポンサーサイト

[edit]

ごぶさたしています。

土人、完全に差別用語ですね。
沖縄も、同じ様な感じだったんでしょうか?

アトムパパ #ulYx6Mu6 | URL | 2014/10/01 08:20 * edit *

「旧土人」とはひどい呼び方ですね。

まるで、自分たちだけが人間みたいな言い方に聞こえます。

しずか #- | URL | 2014/10/01 12:29 * edit *

こんにちは
日本のアイヌ研究。アメリカでも注目を浴びています。
ネイティブインディアンと似ているからです。
これからも注目したいトピックスの一つです。
いつも暖かいコメントと応援ありがとうございます。

みどり #RQDaRuwI | URL | 2014/10/01 12:39 * edit *

こんにちは。

いつもコメントありがとうございます。
今日も読み逃げで失礼します。

masa #- | URL | 2014/10/01 16:17 * edit *

アトムパパさんへ

e-343アトムパパさん、こんばんは。
お久しぶりです。
土人なんて言葉、近代にはいってから、それも、昭和になってからもそのままなんて、ひどすぎますね。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 18:28 * edit *

しずかさんへ

e-343しずかさん、こんばんは。
和人は、自分たちだけが人間という意識なのでしょうしょうね。
アメリカで黒人差別、ネイティブアメリカンに対する差別があったのと同じですね。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 18:30 * edit *

みどりさんへ

e-343みどりさん、こんばんは。
アイヌに対するやり方はネイティブインディアンに対する対し方と似ていますよね。
先住民に対するやり方って、恥ずかしいですよね。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 18:34 * edit *

masaさんへ

e-343masaさん、こんばんは。
お忙しいのに、コメントありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 18:36 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/01 19:28 * edit *

こんばんは YUMIさん
1997年ですか・・・そんなにまで。
差別用語は絶対いけませんね。
YUMIさん、これからもいろいろ教えてくださいね。

イヴまま #- | URL | 2014/10/01 19:45 * edit *

あらまあ

旧土人がまかり通る国なんですね。
差別用語どころの騒ぎじゃないかも。
ところで、エスキモーも差別用語でしたか?
別のブロ友さんのところで、「日本ではイヌイットと呼ぶよう教育されるけれど
アメリカ人に聞いたら、エスキモーというのが普通だし、彼らもそう望んでいる」
と書いてありました。
旧土人と比較するレベルではありませんけどね。

砂希 #- | URL | 2014/10/01 19:48 * edit *

豪州の「アボリジニ」も土人っていう意味なんですが
日本人は平気で使ってますがねぇ…

かつて某内閣総理大臣は
「日本は単一民族国家なので…」なんてことを言いました。
アイヌのことなんて眼中にないのでしょうね。

応援ぽち

よっちん #JXoSs/ZU | URL | 2014/10/01 19:56 * edit *

鍵コメkさんへ

e-343鍵コメkさん、こんばんは。
コシャマインとかシャクシャインとか、和人に反乱を起こしたような話はするんですね。
でも肝心なこういう法律については、あまりふれていないと思う。
法律が1977年まで施行、言語道断ですね。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 20:58 * edit *

イヴままさんへ

e-343イヴままさん、こんばんは。
1997年までこんな法律があったこと、皆さんあまりご存じないようです。
日本の恥ずかしい部分ですね。
読んでくださってありがとうございます。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 21:00 * edit *

砂希さんへ

e-343砂希さん、こんばんは。
うん、差別用語なんて問題じゃないと思う。
私もイヌイット問題はよくわかりません。
ウキペディアによると、ちょっと長くなりますが
「「エスキモー」という言葉は、アラスカエスキモーと居住域が隣接していたアルゴンキン系インディアンの言葉で「かんじきの網を編む」という意味である。これが、東カナダに住むクリー族の言葉で「生肉を食べる者」を意味する語と誤って解釈されたことから、「エスキモー」という呼称はある時期においてしばしば侮蔑的に使用された。これには、生肉を食べる行為を野蛮であるとみなす人々の偏見などが背景にある。しかし、シベリアとアラスカにおいては「エスキモー」は公的な用語として使われており、使用を避けるべき差別用語とはされていない。カナダでは1970年代ごろから「エスキモー」を差別用語と位置付け、彼ら自身の言葉で「人々」を意味する「イヌイット」が代わりに使用されている。現在では「イヌイット」という呼称は、本来「人々」を意味する言葉ではなかったとされている。先住民運動の高まりの中で、これまで他者から「エスキモー」と呼ばれてきた集団が自らを指す呼称が必要となり、「イヌイット」という言葉を採用したためである。「イヌイット」は、本来北方民族のうち最大数を占めているカナダのバフィン島やグリーンランド方面に住む集団(東部集団)についての呼称である。イヌイット以外の集団への呼称について、正確を期す場合には、アラスカエスキモーは「イヌピアト」(Inupiat)、シベリアやセントローレンス島に住む集団は「ユピク」(Yupik) と呼ぶ。このため、北方民族の総称としての「エスキモー」を単純に「イヌイット」に置き換えると、置き換えの結果としての「イヌイット」なのか、原意の「イヌイット」なのか区別できなくなる。またそれ以前に、シベリアやアラスカのイヌピアト(アラスカエスキモー)やユピクを、別の語族集団の呼称である「イヌイット」の名で呼ぶことは明らかな間違いである。」
こちらもなかなか難しい問題のようです。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 21:09 * edit *

よっちんさんへ

e-343よっちんさん、こんばんは。
「アボリジニ」ももともとは原住民を意味する言葉のようですね。
最近は現在では「アボリジナル」または「オーストラリア先住民」という表現を使うことも多いとか。
砂希さんの所で書いたイヌイット、エスキモー問題にしても、外国人はよく意味が分からずに使っているので、難しいですね。

YUMI #- | URL | 2014/10/01 21:13 * edit *

初めて知った歴史の1ページです。
土人とは海外の原住民の呼称だと
思い込んでましたがアイヌ人の方を指す
言葉だったとは意外でした。
第二次世界大戦は人種差別戦争だと
私は認識してましたが
その世界から馬鹿にされた日本自体が
人種差別を堂々と行っていたとは
恥ずかしい話でショックなエピソードでした。

せいパパ #- | URL | 2014/10/02 03:17 * edit *

せいパパさんへ

e-343せいパパさん、おはようございます。
このことは知らない方も多いようですね。
私は授業でもとりあげてきましたが、教科書にも載っていませんしね…
日本の人権はこんなものかとおもいましたね、このことを知った時は。

YUMI #- | URL | 2014/10/02 08:13 * edit *

強い民族が侵入して先住民を押しのけ、差別し、虐げる。かたちだけは「保護」という。
世界中、どこでも同じことが繰り返されている。
これが人間の本性かと思うと、暗い気持ちになります。

ディック #22hNL7Yc | URL | 2014/10/06 08:46 * edit *

ディックさんへ

e-343ディックさん、おはようございます。
先住民を押しのけ、差別し、「保護」なんて言葉を使う。
何が保護だと思いますけどね。
アイヌもそうだし、昨年オーストラリアでアボリジニに対する歴史も見てきました。
本当に暗い気持ちになります。

YUMI #- | URL | 2014/10/06 09:38 * edit *
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。