QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

版と籍 

 戊辰戦争の進行とともに、新政府は、没収した旧幕府領のうち、要地は府、その他を県としました。ただ、諸藩は大名がそのまま統治する形が従来のまま続いていました。しかし、新政府は、その諸藩も直接統治に組み込もうとし、1869年、木戸孝允や大久保利通らが画策し、薩摩・長州・土佐・肥前の4藩主が朝廷に版(版図、各藩の領地)と籍(戸籍、領民のこと)を返還するという出願をさせ、多くの藩がこれにならう形となりました。版籍奉還です。新政府はその後全藩主に版籍奉還を命じます。しかし、旧大名には石高にかわる家禄を与えますし、また旧領地の知藩事に任命しますので、旧来とあまり変わらないのですよ。でもだからこそ、スムーズにいったのでしょう。

 授業の時には、この4藩主毛利敬親(長州)、島津忠義(薩摩)、鍋島直大(肥前)、山内豊範(土佐)だから覚えてねなんてことになるんですけどね。


 簡単更新ですみません。



本日もお読みいただきましてありがとうございました。

よろしければ応援のポチお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 
 
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。