FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

暖炉の火の前で 

 昨日10月6日は移動日でした。メルボルンから飛行機に乗り目指したのは、今回の旅の最終目的地タスマニアです。世界で一番空気と水のきれいな島といわれているタスマア。

 メルボルン空港からプロペラ機で1時間ほどでダベンポート空港に到着。プロペラ機ですから乗客の数もそれほど多くありませんが、その中で日本人は、というか東洋人は私たちだけでした。空港に降りた途端に空気がちがう!都会メルボルンとはちがうタスマニアの自然の空気にびっくりでした。空気が澄んでいるせいか、風景の色もちがう。色がはっきりしているのですよ。

 空港から1時間ほどで、これから5泊するペッパークレイドルマウンテンロッジに到着しました。1棟1棟のロッジで、なかには暖炉も。といっても薪が燃えているのではなく、ガスですが…さっそくホテルのまわりを歩いてみました。とりあえずは1番短い30分ほどのコースを。

 ウオンバットやパディメロン(ワラビーの小型でタスマニア固有種)、望遠レンズで撮ったわけではありません。ホテルの部屋のすぐ前や散歩道で出会えるのです。こんな近くまで行って写真を撮っても逃げないのですよ。


クレイドル1-5

クレイドル1-6

クレイドル1-4

クレイドル1-2

クレイドル1-3

クレイドル1-1


 これから5日間、どんな景色や動物と出会えるのか楽しみです。期待がすごく膨らむクレイドルマウンテンです。

 ここは山奥なので、インターネットの接続があまりよくありません。こんな素敵な景色なので、毎日更新したいと思いますが、皆さんのところに伺ってコメントを残したりするのは、ちょっと難しいかもしれません。すみません。
スポンサーサイト



[edit]