FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

3000丁の鉄砲隊? 

信長

 今日は織田信長のスライドの紹介です。

 こちらにアクセスし、織田信長のところをクリックしてください。お手数をおかけします。

 この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。ダウンロードはこちらから。

 今日は長篠の戦についてです。長篠の戦いは、1575年、三河国長篠城をめぐり、織田信長・徳川家康連合軍と武田勝頼軍の間で勃発した戦いです。通説では、当時最新兵器であった鉄砲を3000丁も用意、さらに新戦法の三段撃ちを実行した織田軍を前に、当時最強と呼ばれた武田の騎馬隊は成すすべも無く殲滅させられたといわれていますが、さてどうなのでしょう。

 たしかに、この戦いは鉄砲の威力を十分にいかした信長の戦術が功を奏して大勝利を得たようです。これだけ多くの鉄砲を野戦で効果的に使用したことはなかっただろうと思われます。
 しかし、まず3000丁という数字に疑問符がつきます。せいぜい1000丁くらいではないかという説も。ただ、1000丁であっても、それはすごい数字だと思いますが。
 また、3000丁の鉄砲を1000丁ずつに分けての三段撃ち。映画「影武者」などでも用いられています。『信長公記』にはこうした記述はないそうです。それが江戸時代に書かれた歴史小説に三段撃ち戦法が登場します。これが定着してしまったようで、明治期、参謀本部が出したものの中でも、三段戦法をうたっているようです。
 しかし、何はともあれ、この大勝利が人々を圧倒したことは、間違いないようです。

 「長篠合戦図屏風」には、突撃する武田軍騎馬兵に対し、織田軍が馬防の柵の前に出て、鉄砲で迎え撃つ様子が描かれています。

 このように、現在歴史の定説のように言われていることでも、実は後世の創作というものもけっこう多いようです。でも、私たちも、ついそういう話を授業でもしてしまいまして…。そういう話って、創作だけにおもしろいものが多いので。すみません。


 昨日のコメントのお返事がおくれています。申し訳ありません。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



[edit]