FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

征夷大将軍足利尊氏 

建武の新政

建武の新政のスライドの紹介4回目です。

建武の新政のスライドはこちらから。

インターネットエクスプローラ9以上では、レイアウトが崩れて見えるようです。その場合は、互換モード(F12を押してブラウザモードを互換モードにする)でご覧ください。

この教材はパワーポイントで作成しています。PPTファイルの閲覧にはPowerPoint Viewerが必要です。
ダウンロードはこちらから。

グーグルクロームをお使いの方は、スライドが少しおかしく見える部分があるかもしれません。すみません。

前回、中先代の乱のあとの尊氏の行動を少しお話したところで終わりました。
足利尊氏は後醍醐天皇の建武の新政政権に対し反乱を起こします。新田義貞軍を箱根竹の下に破り、入京。後醍醐天皇は比叡山へ退きました。しかし奥州から北畠顕家軍が上洛、楠木正成や新田義貞の攻勢にもさらされます。
尊氏はいったん九州へ敗走します。しかし勢力を立て直した尊氏は、2ヶ月で再挙、京に向かいました。西国の武士を傘下に入れながら再び京を目指します。湊川の戦いで新田義貞・楠木正成の軍を破り、京都を再び制圧しました。

摂津湊川の戦いで楠木正成は敗死しました。

1336年尊氏は、建武式目を制定します。室町幕府の成立です。

建武式目は式目といっても当面の政治方針の表明にしかすぎません。しかし、この年を幕府の実質的な成立の時期と考えます。建武式目は17カ条です。なぜ17カ条かは、貞永式目のところでお話しましたよね。これはあくまでも政治方針ですから、制定後も裁判の基準は貞永式目が基本でした。

尊氏は持明院統の光明天皇を即位させ、征夷大将軍に任命されました。1338年のことです。これで名実ともに室町幕府の成立です。

さて後醍醐天皇は?
このあたりからまた次回。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



[edit]