FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

パナソニック GOPAN SD-RBM1000で玄米パンを焼いてみました 

最近玄米に凝っていることは、このブログでも何回か書いてきました。玄米は美味しいですし、玄米を食べ始めてからお腹も好調です。ただ、やはり少し硬いのですね。よくかまなければいけないので、それはそれでいいのですが…

ということで、玄米でパンは焼けないかということになりました。サンヨーがだしていたGOPANはお米パンが焼けるということで人気でしたが、12月にパナソニックから新しいGOPANがでたので買ってみました。(サンヨーはパナソニックの子会社になったので、パナソニックから発売)

GOPAN

お米パン(白米)、お米パン(玄米)、お米パン(白米プラス赤米)、小麦食パン、フランス食パン、全粒粉パン等いろいろなパンが焼けます。

前機種では、お米を砕くミル機能の時の音がうるさかったので、それを改善しましたと書いてありました。前の音がどんなものかわかりませんから比較はできませんが、それでもけっこな音ではあります。

お米パンの場合浸水に時間がかかるので、セットして焼き上がるまで6時間ほどかかります。まあ、気長に待たないと。

美味しいです。焼きたては特にね。玄米ご飯で食べるよりも、つい食べ過ぎてしまいそうです。

付属のレシピでは、玄米パンでも玄米と白米を混ぜるように書いてありましたが、玄米だけで焼いています。

玄米パンの他に、赤米パン、小麦パン、フランス食パン等焼いてみましたが、どれも美味しかったです。

ただ、GOPANの価格は高いし、お米パン専用の小麦グルテンも高いので、そのへんが難点です。また、焼けたあとの後始末も大変です。

ブログランキングに参加しています。最近停滞気味です。応援のポチッをよろしくお願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



[edit]