QLOOKアクセス解析

退職教師の日本史授業

パワーポイントを用いて作った教材(主に日本史)を紹介します。その他、退職後の生活あれこれも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

久しぶりのお気に入りの宿 

 温泉に行ってきました。伊豆は河津にある「運龍」というお宿です。河津桜で有名な河津です。でも河津桜はもう終わり。まあ、温泉にはいりに行ったので、河津桜は見られなくてもしょうがない。シーズン中はすごい混雑のようですが、ソメイヨシノもちらほらくらいの時期でしたので、お宿も空いていてよかったです。

 お風呂はやわらかいお湯で、気持ち良かったですよ。他のお客さんもあまりいないで、貸切のような状態でした。

 お料理。これがすごく美味しかった。変に手を加えない、素材の味を十分にいかしたお料理の数々でした。

運龍2

 いろいろ出ましたが、何といってもこのお鮨です。特に金目鯛のあぶりが絶品。伊豆は金目鯛ですからね。とはいえ、こんな美味しい金目鯛ははじめてでした。このあと金目鯛のしゃぶしゃぶもありまして。でもその頃にはお腹いっぱい。すごく残念でしたが、そのしゃぶしゃぶのお出しを使っての雑炊までは食べられなかった。

 もう一品。鰹のあぶりのお鮨も美味しかった。

 お腹いっぱいとかいいながら、最後に出たデザート、ティラミスとアイスクリームは食べたのですから、私って何?

運龍3

 部屋の前には池があって、鯉がたくさんいるのですよ。で、写真を撮っていたら、上のように、鯉が餌をもらえると思って、口をパクパクさせてやってきます。でも、宿の人に聞いたら、冬場は餌をやってはいけないそうです。

運龍1

 花には小鳥もやってきます。これは何?

 過剰な演出はありません。でも、温泉がよくて、お料理がよければ、もうそれだけで十分です。数年前まではインターネットにものせない、本当に秘境の湯だったようです。

 私が今まで泊まった中でも、ベスト5にはいるお宿だと思います。 

 コメント欄は日付の下にあります。



本日もお読みいただきましてありがとうございました。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチをよろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



スポンサーサイト

[edit]

けっこう点数高いかも 

 北海道に大雨特別警報が出たりで、皆さんにご心配いただいていますが、函館は昨日もよいお天気でした。

 今回函館で泊まりましたのは、HAKODATE男爵倶楽部HOTEL&RESORTSというホテルです。ベッドスペースとリビングが別で、なおかつキッチンもついていて、長期宿泊にはベストです。コンドミニアムのような感じです。

 朝食は、ホテルのレストランで洋食、または朝市で提携のお店何軒かから選ぶことができます。まあ、ほとんど洋食にしましたが。朝から海鮮丼はちとつらい。でも、だから洋食にしたわけではなく、このホテルの洋食美味しいのですよ。ブッフェ式ですが、野菜好きの私にはとっても嬉しい野菜がたっぷりのブッフェなのです。でも何回かは朝市で食べました。イクラ・ウニ・カニの丼。

朝食

 写真はそのブッフェの朝食をお皿にとったものです。センス良くありませんが…

 お風呂も温泉ではありませんが、まあまあ広めのお風呂で気持ちいい。そうそうコインランドリーもあるので、洗濯もできます。

 ということで、今まで泊まったホテルのなかでも、ここはまあまあ上位かなと思います。皆さん、函館へ行かれることがあれば、お薦めです。ワンコブログのブロ友の皆さん、ここワンコもOKです。

おみやげ

 そして、二人のブロ友さんから教えていただいたスナッフルスに行ってきました。チーズオムレット、美味しかったです。ありがとうございました。


本日もお読みいただきましてありがとうございました。

応援のポチをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[edit]

お気に入りの宿&お気に入りのカフェ 

 今日は久しぶりにお気に入りの宿です。もちろん寸又峡温泉の奥大井観光ホテル翠紅苑です。

 実はここは行く前からお気に入りの宿だったのです。行く前?泊まったこともないのになぜ?ですよね。実はこのお宿、昨年の1月に行こうと思って予約したのです。ところが、前日の夜中、体調を崩し、高熱がでまして、とても出かけられる状況にはなかったのです。なので、当日の朝、お電話をしてキャンセルしました。当日の朝ですから、当然キャンセル料は100%と思っていたのです。ところが翠紅苑さんからのお返事は、そういう事情でしたらしかたありませんから、キャンセル料はいただきませんというものだったのです。えー、なんてお宿なんだと思いまして、日を改めて、ぜひまた訪れなければと思っていたのですが、なかなか機会がなくて、今回になってしまいました。というわけで、行く前からのお気に入りの宿なのです。

寸又峡温泉2


 そして、伺ったならば、確かに素晴らしいお宿でした。まず温泉。現地からの旅日記にも書きましたが、寸又峡温泉のお湯、美肌の湯という名にはじない、肌がつるつるする、素晴らしい温泉なのです。

 次にお食事。同じお宿に5泊しました。事前にお宿から来たお知らせには、お食事の内容が重なることがあるかも知れないと書かれていましたが、実際には毎日ちがう内容でした。山女の塩焼きをはじめとする山の幸満載のお料理で、美味しかったです。

寸又峡温泉1


 そして静かな環境。のんびりするにはぴったりの場所だと思います。今回は、午前中ヒル騒動のハイキングこースを歩き、汗びっしょりで帰ってきて、誰もいないお風呂にはいり、昼食。午後は、本を読んだり、ブログの記事を携帯で書いたりしてすごしました。

 私の最近の旅行は、あちこち移動するのではなく、一箇所に長くいる旅行が多いです。同じお宿に4泊、5泊ということが多いです。翠紅苑の方に、こんなに連泊してくださる方は珍しいといわれてしまいました。確かに私のまわりを見ても、1箇所に連泊という形の旅行は少ないかも知れません。ですから、○○に行ったのに、××を見てこなかったのーと言われることも多々あります。若い頃はあそこを見て、ここも見てという旅行でしたが、時間はあり、体力はなしという今、こういう旅行もいいかもと思っています。

 日本人にこうした旅行形態が少ないのが、コンドミニアムが少ないということにも現れているのではないでしょうか。ハワイなどでは、コンドミニアムに何週間も滞在する方はざらだと思いますので。まだまだ日本はバカンスを楽しむという文化ではないのかもしれません。

 もうひとつお気に入りのカフェもご紹介したいと思います。寸又峡温泉にある「晴耕雨読」というカフェ&ショップです。ご主人がおみやげ物やさん、奥さんがカフェをやってられます。ちょっとかわったおせんべいがあって、私も買ってきました。カフェのコーヒーも美味しかったです。このコーヒーにお菓子がつくのです。2日間、行きましたので、2日目には、お菓子をかえてくださいました。ショップのほうで売っているラスクが3枚つきました。しかしこのラスク、ショップで5枚入りの袋を350円で売っているのです。それを3枚もつけてもらっていいのでしょうか?

寸又峡温泉3


 寸又峡温泉は、お宿もカフェも旅人に優しいところです。



本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ

[edit]

朝日の見える宿 

 母と一緒に、親孝行(?)温泉旅行に行ってきました。82歳になる母。最近足腰が痛いと、あまり出歩かなくなってきましたが、今回出かける気になってくれたので、近場の熱海に行ってきました。
 観光地をまわる旅ではなかったので、今日はまず泊まったホテルのご案内を。

 熱海の海を見下ろす高台にある熱海倶楽部迎賓館。ここは以前にもこのブログで紹介したことがあるのですが、ゴルフ場に併設されたホテルです。お部屋は70㎡という広いお部屋。プラスかけ流しの部屋風呂付。
その割にお値段はリーズナブルなのです。母は、部屋のお風呂が気に入ったようで、今回大風呂には行きませんでした。


熱海1

 海からのぼる朝日です。雲がかかっていて、どうかなと思ったのですが、ご覧のとおり。この朝日が見られるだけでも、素敵なお宿だと思います。


熱海3

 部屋からは、ゴルフコース&熱海の海を見下ろすことができます。


熱海2  

 夕食の品々。どれもおいしかったですよ。

熱海4  熱海5


熱海6  熱海7


熱海8  熱海9


熱海10  熱海11


熱海12

 ここはお気に入りの宿に仲間入りです。首都圏からも近いですから、関東の方はいかがですか?
 温泉旅行記、まだ続きます。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。更新の励みになります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ

[edit]

白布温泉動物村字人間地区 

 今日は久しぶりにお気に入りの宿です。今回泊まった白布温泉の東屋さん。

 今まで何回かお気に入りの宿を書いてきましたが、高くていいお宿は当たり前ですよね。まあなかには高くてひどい宿もあるでしょうが。ところが今回の東屋さんは、リーズナブルでとても良いお宿だったのです。

 お部屋は普通の和室ですが、新しい建物なので綺麗です。お風呂がいいんですね。ちょっと狭いのが難点といえば難点ですが、うたせ湯があってこれが気持ちいい。湯量が豊富で、このうたせ湯かなりの水圧です。私は腰にあてましたが、肩こりにも効きそうです。

 お食事も、私は4連泊したのでサービスして下さったのかもしれませんが、米沢牛のステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶとでました。美味しかったですよ。昼食にも米沢牛のステーキを、それもけっこう有名なところで食べたのですが、そこのステーキよりも美味しかったです。

肉1 肉2


 そして何よりも「猿」です。宿の方の話ではこのあたりは野生の動物がとても多いそうです。「動物村字人間地区ですよ」とおっしゃってました。その通りに、少し歩くとこんな風に猿が。

猿2

猿3

 この猿が、夕方になると山から旅館におりてくるのです。どうも温泉の蒸気であたたまりにくるようです。屋根の上で足を滑らせた猿さんもいました。

猿1

猿5

 ここから温泉の蒸気がでるんですね。まあ上手に栗を食べること。

猿4

 これも猿さんのしわざです。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。1日1回応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

人気ブログランキングへ 

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。